猫が飼い主と『一緒に寝たい』と思っているときの行動3つ

猫が飼い主と『一緒に寝たい』と思っているときの行動3つ

猫ちゃんと一緒に寝られることは飼い主さんにとって幸せな時間だと思います。もちろん、猫ちゃんも飼い主さんと一緒に寝たいと思っているんですよ。

2703view

飼い主さんと一緒に寝たいサイン

飼い主と眠る猫

猫ちゃんと一緒に暮らしたからには、飼い主さんとしては一緒に寝たいなと、思うことがあるのではないでしょうか。ふわふわした毛並みが横に居てくれると、良い夢が見られそうと思うのですが、猫ちゃんは気まぐれな性質も持ち合わせています。

猫ちゃんも同じ気持ちでなければ一緒に寝てくれないのですが、実は猫ちゃんも「一緒に寝たい」というサインを出してくれているのです。今回はそのサインについてまとめてみましたので、ぜひチェックしてみて下さい。

1. じーっと見つめる

見つめる猫

飼い主さんと一緒に寝たいと考えている猫ちゃんは、目でアピールすることが多いです。うっとりと時にはゆっくりまばたきしながら見つめていると、猫ちゃんはとても甘えたい気持ちになっています。いつもの寝る時間に近づいたときに、このサインを出すようであれば「一緒に寝たいよ」と考えている可能性が高いです。

そもそも一緒に寝たいと思われるためには、当然愛猫との信頼関係が必須です。動物にとって睡眠時間は最も無防備な時間帯とも言い換えられます。そんな中飼い主さんと一緒に居ることを選んでいるということは、側に居れば怖いことなんて起こらないと安心しているのでしょう。

2. 飼い主さんのあとをついてくる

見上げる猫

そろそろ寝る時間帯だなという時に猫ちゃんがストーカー化して、一緒に寝たいアピールをする子もいます。ぴったりくっつくことによって、寝室にも一緒に入りたいという意思を示しているのです。

猫ちゃんの方から乗り気な気持ちになっていますので、飼い主さんもぜひお布団に招いてあげて下さい。すんなりと受け入れてくれるはずです。「やけに振り返ると後ろにいるなぁ」と思う時は時間帯をチェックしてあげて、飼い主さんは察してあげましょう。

3. 布団に入ってくる

布団で寝る猫

一番直接的にアピールする方法でもありますが、布団にそのまま入ってくる猫ちゃんもいます。特に冬場は暖をとろうとして布団に入ってくるようです。

飼い主さんとくっつくことによって、より体温を維持することができますので、お互いにとって良い関係を築けます。布団に入ってきたら喜んで迎え入れてあげましょう。

まとめ

あんじ

猫ちゃんが「一緒に寝たい」というアピールをするときには、必ず飼い主さんとの信頼関係が前提です。多くのアピールがほしいと思う飼い主さんはぜひ日頃の愛猫とのコミュニケーションを大切にして過ごして下さい。猫ちゃんも安心できる人と寝たいとう欲求はありますので、応えてくれるようになります。

スポンサーリンク