猫が突然ゴロンと寝転がる時の心理3つ

猫が突然ゴロンと寝転がる時の心理3つ

猫は突然、ゴロンと寝転がってお腹を見せてくることがあります。この行動は何を意味するのでしょうか?また、触れてもよいのでしょうか?今回は、猫が取る謎めいた行動に秘められた思いについて触れてみたいと思います。

2727view

猫がゴロンとお腹を見せるのはなぜ?

転がる猫

警戒心が強いはずの猫が、お腹を見せてくるのはどのような気持ちが込められているのでしょうか?ここでは、その主な理由を3つご紹介いたします。

1.信頼している

挨拶する猫

冒頭でも触れたように、猫は警戒心が強いも動物です。急所である腹部を見せられるのは信頼できる相手に限定されます。

飼い主さんの目の前で、度々お腹を見せてゴロンと転がるのであれば心から信頼していることになります。

2.安心している

ヘソ天する猫

ゴロンと寝転がる瞬間を含め、仰向けになっている状態では、いざと言うときにすぐ行動に移ることができません。

これが可能な環境は安全が確保された場所です。野生の本能を色濃く残した猫がいわゆるヘソ天(仰向けで眠ること)を披露したり、飼い主さんの目の前で寝転がる仕草を見せてくれるのであれば、ご家庭が安心できる環境であると認識しています。

3.遊びに誘っている

見つめる猫

猫は一緒に遊びたくても、言葉で意思を伝えることができません。そこで、ゴロンと転がることでアピールします。

普段は素っ気ない態度を取っている愛猫が、突然でんぐり返しのようなことをしてきたら驚きますよね?そして、つい構いたくなります。

これがまさに猫の狙いなのでしょう。思う壺にはまる行動があまり好きではない人でも、その相手が愛猫となると不思議とはまってしまうのではないでしょうか?

お腹に触れてもいいの?

お腹を見せる猫

猫がお腹を見せる理由は、どれもポジティブな意味が込められていました。ところで、猫がお腹を見せてきたときは触れてもよいのでしょうか?

ここからが重要なポイントです。たとえ猫が腹部を見せて寝転がっても"お腹を撫でて"と言っているのではありません。

あくまでも、安心や信頼から"お腹を見せても良い相手"と認識しているに過ぎないのです。つまり触れてほしくはないけれど、見せるだけなら平気ということなのです。

愛猫が腹部を見せて転がっても、犬のお腹を撫でるように触れることは避けるのが無難です。しかし、中には触れてほしい猫もいます。愛猫の性格や、日頃の行動から見極めるようにしましょう。

まとめ

ミモ

猫がお腹を見せるという行為は、勇気ある行動です。だから、これを披露してくれたら嬉しいものです。ただし、急に腹部に触れてはいけません。

ここで不快感を味わってしまうと、今後の信頼関係に影響を及ぼします。猫の場合は見て喜び、まずは鼻に人差し指を近づけるようにしましょう。

スポンサーリンク