猫と『相性の良い』飼い主の性格4パターン

猫と『相性の良い』飼い主の性格4パターン

猫との相性について考えたことはありますか?猫と暮らすうえで、どのような性格の飼い主さんが猫と相性が良いのかご紹介します。猫を飼う前の方もぜひ参考にしてみてください。

869view

1.おっとりしている

子猫と遊ぶ女性

猫の自由気まま、マイペースな振る舞いを見守れるおっとりした性格の人は、猫と相性がいいでしょう。猫も自由にくつろぐことができるので、ストレスを感じることが少なくなります。

「おっとりした性格ではない」という方も猫がどういう生き物なのかを知るようにすると、猫のペースに振り回されることにも慣れてくると思います。

2.かわいいものが大好き

猫のマスコット

猫は表情の変化が少ないと言われますが、一緒に生活をするといろいろな表情や感情を見せてくれる生き物だと実感するはずです。かわいいものが好きな人は、そんな猫の表情やしぐさにたくさん気が付くことができ、猫との生活を楽しめるのではないでしょうか。

猫も「かわいいね」と声をかけられるとうれしい気持ちになります。我が家の猫も「かわいいね」と言われるとうれしそうに目を細めています。

また、人間と同じように猫の性格も様々です。どんな性格の猫でも受け入れられることができる人は猫にも好かれます。

3.お世話好き

ブラッシングされる猫

群れを作らずに単独で行動し、自分で丁寧に毛づくろいをする猫ですが、ごはんやトイレ、環境を整える、おもちゃで遊ぶなどのお世話は欠かせません。猫も大切にお世話をしてくれる人のことは大好きです。

猫の中にはブラッシングや爪切りが苦手で、怒ったり逃げたりしてしまう子もいますが、自分のことを大切に思ってくれているということは猫に伝わっています。かまいすぎてしまうほどのお世話は、猫が嫌がってしまいますが、お世話好きな方と猫の相性はいいのではないでしょうか。

4.責任感がある

頭をなでられる猫

ご飯や水をあげたり、トイレの処理やブラッシングなど、猫を飼うにはたくさんのお世話をすることがあります。どれも毎日のことなので「大変だから」とか「面倒くさくなってしまった」などで途中でやめることはできません。

「生き物を飼う」ということは責任を持つということです。愛猫には健康で、最期のときまで幸せだと感じて過ごしてもらいたいですよね。また、猫に健康に過ごしてもらうためには、お金がかかることを忘れてはいけません。ごはん代や医療費などを考えることも必要です。

まとめ

ルナ

猫と飼い主さんの相性についてご紹介しました。自由気ままに行動する猫を受け入れられる人や、お世話するのが好きな人は猫と相性がいいでしょう。

もし、当てはまらなくても、猫がどのような生き物なのかを勉強したり、実際に猫を飼っている方のお話を聞いたりすると、猫への理解が深まるのではないでしょうか。

スポンサーリンク