邪魔しないで!猫をそっとしておくべき瞬間4つ

邪魔しないで!猫をそっとしておくべき瞬間4つ

猫は気分屋で、マイペースな生き物なのはご承知の通り。猫の気分によっては、そっとしておくべき時というものが、存在します。それは果たしてどんな瞬間なのか…?チェックして参りましょう!!

1769view

1. 怒っている時

怒る猫

猫だって、怒ります。嫌なことをされたり見知らぬ猫がナワバリにズカズカと入り込んできたり。そんな時は毛を逆立て、威嚇の言葉を口にするでしょう。

猫が怒っている時は、落ち着くまでそっとしておくのが一番です。下手になだめようと近づくと、思わぬ攻撃を受ける危険性があります。

体の小さな猫ですが、その破壊力はハンパではありません。冗談抜きに。ですから、猫が怒っていると感じたら刺激しないように、そっとその場を去りましょう。

2. 怖がっている時

ソファの下に潜る猫

猫が怖がっている時は、体を縮こめて物陰に隠れるなどします。この時も、下手に近づいてはいけません。恐怖が限界に達した猫が、反撃に出る可能性もあるからです。

怖がっている時は、猫が警戒心を解くまでそっとしておきましょう。気分を解きほぐそうと声をかけたり撫でたりしようとしても、猫の恐怖心を煽るだけになってしまいます。

3. トイレ中

トイレに入る猫

猫がトイレをしている時も、邪魔をしてはいけません。側でじっと見られていると、猫が落ち着いて排泄できないばかりかトイレを危ないと判断して、そのトイレではもう用を足さなくなるかもしれません。

トイレに不満を感じると、猫は抗議の粗相をすることがあります。猫の排泄物はとても匂いがキツイので掃除が大変です。

猫がトイレをしている時は、静かにその場から去り、リラックスして排泄できるようにしてあげてください。まれにトイレ中飼い主さんに側にいて欲しがる猫もいますので、その場合は側で見守っていてあげると安心するでしょう。

4. 何かに夢中になっている時

遊びに夢中な猫

遊びや毛づくろいなど、猫が何かに夢中になっている時があります。この時もできる限り邪魔しない方が良いでしょう。

猫が何かに夢中になっていると、構おうとしても避けられます。猫が乗り気じゃないと判断したら、しつこく構うのは止めた方が良いです。

まとめ

アナスタシア

猫と言葉で会話ができるわけではないので、猫の気分を推し量るのは難しいのですが….。それでも一緒に暮らしていると、何となく分かってくるはずです。

なるべく猫の気分を察するようにして、そっとしておくべき時は、そっとしておいてあげましょう。それが家庭円満の秘訣です。

スポンサーリンク