猫が人間から愛される理由4つ

猫が人間から愛される理由4つ

最近ではインターネット上の画像や動画サイトなど、様々な場所で可愛い猫の姿を見ることができます。また、テレビ番組などでも猫が紹介されたりしてその姿に癒されることもあります。このように猫は人にとても愛される存在と言えるのですが、なぜそこまで猫という生き物は人間を惹きつけてしまうのでしょうか。そこで今回はそんな猫が人間に可愛いと思われるのか理由について考察してみました。

1161view

1.人を飽きさせることがないエンターティナー

エンターティナーな猫

猫は個体の性格にもよりますが、どちらかといえば犬よりも奔放で、よりしつけも難しいと言われています。犬ならお手とかお座りとか芸も何個も覚えるぐらい飼い主に従順な場合もありますが、猫の場合は無視していなくなってしまったり、場合によってはお手どころか逆に猫パンチを繰り出してくることさえあるかもしれません。

このように猫は犬よりも次の行動が読めない傾向があるため、人間にとっては非常にミステリアスで魅力的な存在に感じられ、これが人に好かれる理由の一つのようです。

想定外の行動が魅力

また、動画サイトやテレビ番組などでは犬など他の動物の可愛い映像もありますが、このような媒体では視聴者の予想をくつがえすような結果の方がより面白く感じられるそうで、その点では従順な犬よりも猫の方がハプニングを起こし面白いという感情を与えやすいのだそうです。

つまり猫は意識しているわけではありませんが、人を楽しませることに関しては根っからのエンターティナーであると言えるかもしれません。

2.赤ちゃんと共通する特徴がありそれを武器にする

策士なウィンクをする猫

猫は人間の赤ちゃんと身体的な特徴にいくつもの共通点があるそうです。例えば猫は顔の面積に対し目が大きい、目が下の方に位置している、口が小さい、身体に対して大きめの丸顔など人間の赤ちゃんと似通った見た目をしていて、それを見ると人間は本能的に可愛いと感じてしまうそうです。

ニャーは人間に甘える為?

また、猫といえば鳴き声はニャーですが、実はこのニャーは大人同士の猫の会話ではほぼ使用されないものなのだそうです。このニャーは本来、子猫だけが甘える時に使用する鳴き声であり、大人猫になればほとんど使われることはないのですが、人間に接する時に限っては大人猫もこのニャーを使うようになるそうなのです。つまりどういうことかというと猫は人間用に赤ちゃんみたいな鳴き声のニャーを使って、より自分を可愛らしく見せているということなのです。

このように餌をもらいたい、甘えたいという欲求から来る行動なのでしょうが、猫は可愛く見せることに関してはなかなかの策士なのです。

3.隠れピンクで可愛さアップ

ピンクの肉球を見せる猫

猫ちゃんの被毛によってはピンクではないこともありますが、肉球、耳の中、鼻など割合として猫の体にはあちこちにピンク色が散りばめられていることが多いようです。

また、猫ちゃんは舌をぺろっと出しますが、この舌もちらりと見えるピンクの部分でもあります。ピンクは甘めで可愛らしい色というイメージがありますから、猫ちゃんの身体のあちこちにピンクが使われていることも、猫を可愛く見せることに一役かっていると言えそうです。

4.猫のゴロゴロはヒーリング効果がある

ゴロゴロ言う猫

猫はニャーという以外に甘える時などゴロゴロと鳴きますが、この鳴き声は病気の治療にも高い効果を発揮する音であると言われています。

猫の鳴き声はストレスの緩和にはもちろん、猫のゴロゴロと同じ周波数の20Hz~50Hzの振動を与えることで、折れた骨の修復が早まることも科学的に証明されているのだそうです。

このように猫は見た目が可愛いだけでなく、鳴き声でも人を癒す要素を持っていますから、体や心を癒してくれる存在である猫に本能的に人は惹きつけられてしまうのかもしれません。

まとめ

マリモ

いかがでしたか?猫が人間に愛されるのは、なんとなくではなくちゃんとした理由があるようですね。
今回ご紹介した以外にも、まだまだ猫ちゃんの魅力はたくさんあると思いますので、ぜひ猫ちゃんの新たな可愛いポイントを探してみてくださいね。

スポンサーリンク