猫が苦手な人と一緒に住む時に注意したいこと5個

猫が苦手な人と一緒に住む時に注意したいこと5個

猫があまり得意ではない人が、仕方のない事情で猫と暮らすことになることも、あるでしょう。そんな時、どんなことに気をつけたら、良いのでしょうか?チェックしていきましょう。

359view

1. あまり接しないようにする

リビングにいる白猫

猫と猫が苦手な人が、あまり接触することがないように工夫してみましょう。例えば猫が苦手な人がリビングにいる間は、猫が入ってこないようにする、猫専用部屋を作るなどです。

お互いあまり接触しなければ、ストレスも感じないでしょう。ただ、猫が自由に動ける環境も大事ですので、狭い空間に猫が閉じ込められストレスを感じてしまうのは問題です。猫が苦手な人が外出している間は自由に室内を動けるようにするなど、配慮してあげましょう。

2. ゆっくりと慣れて貰う

子猫と女性

猫が苦手でも一緒に暮らしているうちに、もう猫なしではいられなくなる場合も多々あります。ゆっくりと時間をかけて慣れていって貰うのも、一つの方法でしょう。

3. 猫の様子を良く観察する

シニア女性と猫

猫の方は仲良くなりたくても、猫が苦手な人にそっけなくされてしまって、猫がいじけてしまうかもしれません。

ですから猫が寂しい思いをしてストレスを溜めないように気をつけてあげましょう。猫が苦手でない人が十分に構ってあげれば、猫はストレスにならずに済むでしょう。猫のメンタル的なサポートも、しっかりと行ってあげてください。

4. 猫の良さを理解して貰う

此方を見る猫

猫の苦手な人に無理やり、猫の良さを理解して貰おうとするのはオススメしませんが、さりげなく猫の良いところを伝えてみてはいかがでしょうか?

例えば、猫のゴロゴロ音には癒し効果がある、猫を撫でると幸せホルモンが分泌されるなどです。その人がどうして猫が苦手なのか、理由を聞いてみるのも良いですね。苦手な理由によっては、解消する道が見つかるかもしれません。

無理に猫と距離を近づけさせようとするのは逆効果になってしまう可能性がありますが、さりげない会話の中で猫の良いところを紹介すると、猫への理解に繋がる期待が持てます。あくまでも押し付けではなく、自然な形で猫の良いところを伝えてみましょう。

5. 嫌がることを猫がしないように

男性と一緒に寝る猫

猫が猫を苦手な人の嫌がることをしてしまうと、もっとお互いの距離が離れてしまいます。猫が苦手な人に嫌われないよう、猫に嫌がることをさせないよう注意しましょう。

どうしても、良いイメージよりも悪いイメージの方が印象に残りやすいので、猫により悪いイメージを抱かれないよう気をつけてください。

まとめ

女性が差し出す猫を嫌がる人

良く聞くのが、「猫は苦手だ!」と言っていたお父さんがメロメロになってしまうパターン。猫に苦手意識があっても、その可愛さにメロメロになってしまう人も少なくありません。

苦手でもそのうち、猫の可愛さに気がついて好きになってくれると良いですね!密かに期待しつつ、猫のイメージを高める努力をして行きましょう。

スポンサーリンク