飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

2件の書き込み

  • 1:にゃコロ 女性 30代 2017/12/23 16:58 [通報]

    我が家の猫さんは、気づけば15歳になりますが、拾い猫さんでした。
    拾った当時は生後1か月位の子猫でしたが、動物病院で受診した時、

    『しっぽがカビてるね。』

    と言われて衝撃を受けたのを今でも覚えています。
    それが水虫だったのかは分かりませんが、小さい頃から高齢になった今でも、しっぽを触ると怒ります。

    治療は、注射をした記憶がありますが、完治して以降はカビとは縁の無い生活が出来ていて、すっかり忘れていました。

    ちなみに、白癬=皮膚糸状菌症とも言うそうですね。
    ストレスや免疫の低下から発病する怖い病がたくさんある事を考えると、人の世も猫の世もストレスだらけだなと、思ってしまいました。

    そして何より、外猫さんの過酷な生活を想像すると、いたたまれないです
  • 2:ひなまま 女性 2018/04/16 00:45 [通報]

    昔、友人夫婦の猫ちゃんが水虫のようなものが出来たと聞いたことがあります。

    ある日猫の顔が臭く、じゅくじゅくしたものが出来ていることに気が付き動物病院へ行ったら、「水虫のようなものが顔に出来ているね」と言われたそうです。

    原因を探ってみると、猫を飼育していた猫部屋は、とても湿気が多く日当たりが悪い部屋だった為、獣医師に相談すると、「部屋を変えてみて」と言われ、猫の飼育部屋を変えることに。

    その水虫のようなモノは、飲み薬と塗り薬の併用で完治し、猫部屋を湿気が少なく日当たりの良い場所に変えると、再発はしなかったそうです。

    このことから、もしかしたら部屋が原因だったのでは?と言われていますが、はっきりとした原因はわからないそうです。
書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。