猫ちゃんに教えてもらったこと

猫ちゃんに教えてもらったこと

猫ちゃんに対して飼う前と飼った後では感じたことが変化します。飼う前は「この子、フワフワで可愛い」と思っていたのですが、実際飼ってみるともっと大切な人生観い近いようなことを教わった気がします。ここではその一例を紹介していきます。

1004view

猫ちゃんを飼ってみるとしみじみ感じるのですが、本当に自由な生き物です。基本的に嫌なことはやらないし、やりたいことは何がなんでもやろうとします。もちろん、しつけをすることや猫ちゃんの習性を利用することでそれらをコントロールすることは可能です。ただやはり自由なのでそんな猫ちゃんと一緒に暮らしていると、自分が想定していた以上に大切な事を教わりました。

飼う前には表面的なことしか考えていませんでした。筆者自身も最初は「この子、可愛いなぁ」とか「トイレの場所はここに設置して、キャットタワーはこの場所にしよう」といった間取りのことしか考えていませんでした。しかし、飼う前と飼った後では考えが変化しました。

今を一生懸命に生きる

茶トラ猫

猫ちゃんは目の前のことに全力です。目の前で猫じゃらしを振られれば一生懸命に追いかけようとしますし、先の事なんて考えることはありません。要するに先を心配するよりも現在を後悔のないように生きる姿が見られます。人間もこの事を子どもの頃には出来ていたはずなのに、大人になるほどだんだんと出来なくなってはいないでしょうか。様々なしがらみに囚われずに前に進む姿は見ていてハッとさせられます。

そのままである事

寝そべりながらこちらを見つめる猫

猫ちゃんはあるがままの姿で無理をしようとはしません。寝たい時には寝ますし遊びたい時には遊んで、ぼーっとしたい時にはそのまま佇みます。イタリアでは猫を「自由ネコ」と呼ぶそうです。

特に日本人はお仕事に従事されている人だと、休みたい時に休めない状況だったりする事はないでしょうか。周りの人を気遣ったり配慮する事は美徳ではありますが、まずは自分の体調管理や気分転換も大切です。猫ちゃんを飼う事を通して、「無理をすると自分に負担がかかり、さらには周りにももっと迷惑がかかる」という事を教わった気がします。

挨拶

挨拶する猫

猫ちゃん同士は鼻と鼻をくっつけてコミュニケーションをとっていきます。飼い猫であれば飼い主さんにだってする子もいますし、性格によっては違う行動で何らかの挨拶をする子もいます。この挨拶がとても可愛いのですが、野良猫の場合はその縄張りにいる猫ちゃんとの関係においてトラブルが起きないようにさらに重要な役割を果たします。

大人になってもしっかりと挨拶できない人・・・今、頭に思い浮かべた人がいなかったでしょうか。猫ちゃんを見ていると毎日欠かさずに挨拶をします。どんな季節になってもしっかりと続けています。人と人とのコミュニケーションにおいても大切で基本的な事なので、見習っていきましょう。

自分の信念を持っている

こちらを見つめる猫

猫ちゃん自身、自分の考えをしっかりと持っています。こんな言い方をすると少し大げさに聞こえてしまうかもしれませんが、要は流行に捕らわれずに意思決定を行うことができたり、周りに言われたからやったという事がありません。

「自分がしたいからやる」という信念で猫ちゃんは行動します。これって人間にはなかなか出来ない人がいるのではないでしょうか。周りに流され、何かがあっても周りのせいにしてしまう・・・このままではいつまでも自分の信念が育ちません。自分で考えて自分で行動する大切さを、猫ちゃんを見て改めて知った気がします。

幸せとは何かを教えてくれる

本の上で寝そべる猫

猫ちゃんと暮らしていると、幸せになれます。もちろんトラブルや大変な場面もないわけではありませんが、それを含めて幸せだと言えます。静かな時間をぼーっと窓を見て過ごしたり、日向ぼっこしたりと何でもない時間が幸せな時間なんだと気づかせてくれます。

人間が幸せとは何かと考え始めると、すぐにそれを叶える手段にお金を思いつく人が多いですが猫ちゃんといると「お金はそんなに多くは必要なく、それよりも自分が無理せず気楽でいられる事」の方が幸せへの近道かもしれないと教えてくれます。

まとめ

仰向けの猫

猫ちゃんを通して学べた事が、少しでも多くの皆さまへと伝われば幸いです。愛猫とは人生観を変えるような出会いだったと言えます。可愛いだけではなく、考え方を変えてくれるような魅力もあるので見つけてもらえたらと思います。