危険な物もある?猫用おもちゃのNGな選び方5つ

危険な物もある?猫用おもちゃのNGな選び方5つ

猫のおもちゃは飼い主さんと一緒に使うのがベストなのですが、万が一一匹でも遊ばせる場合に選んではいけないタイプのおもちゃがいつくかあります。それでは見ていきたいと思います。

1501view

1. 壊れやすいおもちゃ

猫のおもちゃたち

猫の噛む力がとても強いのはご存知でしょうか?糊付けされているだけのおもちゃや、少し縫っただけのおもちゃはすぐに壊れてしまいます。壊れるだけなら大丈夫なのですが、誤飲をしてしまう可能性が高くなります。丈夫に作られているおもちゃを選ぶようにしましょう。

2. 怪我をしやすい素材のおもちゃ

毛糸とじゃれる子猫

紐状の長いもの

紐は誤飲しやすいおもちゃのno.1と認定されています。ひも状のおもちゃは喉に詰まらせるだけではなく、腸と絡んで命に関わる事が多くあります。どのような紐でも、猫の好奇心を刺激するようなおもちゃは与えてはいけません。

音のするもの

小さなネズミのおもちゃも誤飲をしやすく、危険なおもちゃのようです。ネズミの形を整えて、中から音をさせるためにプラスチック素材が使われています。誤飲すると手術でしか取り出せなくなり、獣医師も気をつけるように喚起を促しているおもちゃです。

同じように、鈴が付いているおもちゃも誤飲の危険がありますので、すぐに鈴を取り外して使ってくださいね。

固いもの

わが家の猫は羽のおもちゃが好きなのですが、羽を止めていたプラスチックに犬歯が挟まる事が数回あり、その都度私が取り外した経験があります。なお猫は手でおもちゃを掴む事ができませんが口で持って移動します。その時に身体のどこかに固い棒状の物を刺してしまうこともあります。

3. 色遣いがカラフルなおもちゃ

カラフルなおもちゃであそぶ猫

猫のおもちゃも見た目で選ぶとカラフルで楽しいものが沢山ありますよね。しかし色遣いの美しい物には着色料が使用されています。愛猫用に水色の綺麗なおもちゃを与えた所、喜んで噛み付きじゃれていました。ふと気が付くと口の周りが真っ青なのです。おもちゃの色が被毛に着色してしまった事がわかりました。

着色料が安全な物であっても、色落ちするおもちゃは与えるべきではないでしょう。猫のおもちゃは天然の素材で出来ている、着色の無い素材のおもちゃが安全でしょう。

4. ビーム系のおもちゃ

何かを目で追う猫

飼い主さんが動かなくても楽のできるおもちゃの中に、ビーム系のおもちゃがあります。猫は獲物を追いかけ最後は捕獲して満足します。しかしビーム系のおもちゃは捕獲するという最後の動作が出来ず、完了することができません。

ビーム系のおもちゃを非日常的に使用するのは良いのですが、いつも使用していると猫のストレスを溜めてしまう原因にもなります。なお猫用のおもちゃのビームは弱めに作られていますが、おもちゃ用ではないビームを使用して、猫の目に当ててしまうと失明の危険もあります。

5. またたび入りのおもちゃ

またたび入りのおもちゃをしゃぶる猫

またたびやキャットニップ入りのおもちゃは多く販売されていますが、またたび系のおもちゃも日常的に使用するのは良く無いでしょう。時間やタイミングを決めて使用する事をおすすめします。

まとめ

ネイ治郎

危険な物もある?猫用おもちゃのNGな選び方5つについてお伝え致しました。

おもちゃで遊んでいる愛猫を見るのはとても幸せな時間ですが、選ぶおもちゃを誤らないようにしないといけません。飼い主さんが見ている側で遊ぶなら問題はありませんが、留守番中に遊ぶおもちゃは慎重に選んであげてくださいね。