猫はペットショップで売れ残ったらどうなる?

猫はペットショップで売れ残ったらどうなる?

「ペットショップで販売されている猫たちって売れ残ったらどうなるの?」という疑問を持ったことはありませんか?実は売れ残った猫たちの多くは、とても悲惨な環境に送り込まれるケースが多いのです。本記事では売れ残った猫たちの行方について詳しく解説していきます。

4932view

ペットショップで「売れ残り」になってしまう猫もいる

ケージの外を見る子猫

ペットショップに行くと様々な猫たちが販売されています。人気のある品種の猫や、顔が可愛らしい猫、人懐っこい猫はすぐに飼い主さんが決まる傾向にあります。

しかし、その一方で体調が不安定な猫や、人見知りが激しい猫、人気のない品種の猫などは売れ残ってしまうケースも多々あるようです。

ペットショップも商売でやっていますから、若くて買い手のつきやすい子猫を店頭にたくさん置きたいと思っているお店が多く、売れ残ってしまった猫はいつの間にか、いなくなっていることがあるのです。とても悲しいですが、これがペット業界の現状なのです。

「売れ残り」になってしまった猫を待ち受けているのは?

檻の中の猫

それでは、売れ残ってしまった猫たちはペットショップからいなくなった後、一体どこに送られているのでしょうか。

ブリーダーさんの元へ

大抵の場合は、ブリーダーさんの元へ返していることが多いようです。多くのペットショップはブリーダーさんと契約をし、猫や犬といったペットを仕入れています。そのため、売れ残ってしまった猫は仕入先であるブリーダーさんの元に返すのが一般的なのです。

しかし、ブリーダーさんの元に帰ったからといって、幸せな生活が待っているとは限りません。悪質なブリーダーさんの場合、売れ残った子を劣悪な環境に追いやって、適当に飼育をしたり、繁殖用の猫として体がボロボロになるまでこき使ったりすることもあります。

さらに酷いブリーダーさんになると、こっそりと猫を外に捨てたり、「引き取り屋」とよばれる売れ残りの子を引き取る業者げ売り飛ばしてしまうこともあるのです。

引き取り屋の存在

この「引き取り屋」も大きな問題となっています。引き取り屋にもらわれていった猫たちは、狭い檻の中でご飯も十分に与えられず、死ぬまで「ほぼ放置」の状態で過ごすことを余儀なくされます。

動物愛護法により、ペットショップやブリーダーがたくさんのペットを保健所に持ち込むことは禁止されています。

商売として成り立ってしまう現状

しかし、この法律ができたところで「売れ残り」が出てしまう現状は変えられません。そこで、登場してきたのが引き取り屋なのです。「売れ残り」が出て困っているペットショップやブリーダーにとって引き取り屋は「需要のある商売」になってしまいました。

ただし、あまりにも劣悪な環境で猫や犬を飼育していた引き取り屋が、逮捕されている事例も出ています。今後取り締まりがもっと厳しくなり、不幸せな猫たちがいなくなることを願うばかりです。

良心的なペットショップやブリーダーも存在する

抱っこされる猫

売れ残った猫を劣悪な環境で飼育するブリーダーや引き取り屋について紹介しましたが、もちろん中には良心的な考えを持って動いているペットショップやブリーダーさんもいます。

売れ残ったペットの里親探しに力を入れているペットショップもありますし、戻ってきた猫たちをきちんとした環境で育てて可愛がっているブリーダーさんもいるのです。

なので、もし「売れ残った猫を引き取りたい」という思いがある人は、ブリーダーさんに売れ残った猫がいないか聞いてみたり、里親探しをしているペットショップに行ってみることをおすすめします。

まとめ

こちらをみる猫

売れ残りの猫たちが出てしまうのは悲しいことですし、そのような猫たちが悲惨な運命を辿るなんて、とても心が痛いですよね。

もし、これから猫を飼おうと思っている人がいたら、ペットショップの店頭にいる若い子だけを見るのではなく、里親募集をしている売れ残りの猫にも目を向けてみてはいかがでしょうか。