猫に絶対NGな『果物』4選

【獣医師監修】猫に絶対NGな『果物』4選

猫は基本肉食なのですが、果物を食べても大丈夫な事もあります。みずみずしい果物を、好んで食べる猫もいるでしょう。ですが、どんな果物を食べてもOK!という訳ではないのです。絶対に食べさせない方が良い果物も、存在しています。

3607view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.ぶどう

ぶどうと猫

ぶどうをなぜ、猫にあげてはいけないのか、その理由はハッキリとしていないのですが、急性腎障害を起こし、死に至るケースもあります。ですから、猫にぶどうは絶対に、与えてはいけません。

基本与えないこと

少量だったら大丈夫、という話もありますが、猫の感受性によってどうなるかは分かりません。与えないのが1番と言えるでしょう。

少しだけ食べたとして、特に異常が見られなくても、血液検査をすると異常な値が見られることも、良くあるのだとか。飼い主さんがぶどうを食べている時、猫が欲しがっても決して与えないよう、注意しましょう。

2.イチジク

イチジク

イチジクには、「フィカイン」「フラノクマリン」という成分が含まれており、それらが猫の粘膜や皮膚を傷つけ、炎症を起こしてしまいます。その他にも、嘔吐や下痢、食欲不振が起きることも。

触れるだけでも中毒症状が起きる場合もありますので、猫がいる部屋にイチジクを置いておかないのが無難です。

こんな果物も危険

イチジクの仲間である、ガジュマルやベンジャミンなども、危険です。また、中毒症状を起こす成分であるフラノクマリンは、グレープフルーツやベルガモット、レモンなどにも含まれます。猫が触れないよう、十分注意しましょう。

3.パパイヤ

パパイヤ

パパイヤは、猫にとって有効な、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているので与えたくなりますが、いかんせん「パパイン」という酵素で、アレルギーを起こす可能性が高いです。

キャットフード用は加工済みのもの

粘膜の炎症や呼吸困難が起こる場合がありますので、与えない方が良いでしょう。特に完熟前のパパイヤは、パパインが多量に含まれていますので、危険です。ただ、猫用に加工されたパパイヤ入りのキャットフードは、与えても大丈夫でしょう。

食べてしまったらすぐ病院へ

万が一猫がパパイヤを食べてしまった時は、すぐにかかりつけ医に相談しましょう。早めの対処が、必要です。もちろん、猫のいる部屋には、パパイヤは置いておかないのが、最善です。

4.マンゴー

マンゴー

甘くて美味しいマンゴーですが、「マンゴール」という漆に含まれるウルシオールに似た成分を含んでおり、アレルギーを起こしやすいです。漆のようなかぶれが起こりますので、猫には絶対に与えないように、注意しましょう。

飼い主さんもアレルギーに注意

マンゴーは猫だけでなく、飼い主さんもアレルギーを起こす可能性があります。美味しいのですが、アレルギーが起きやすい果物なので、注意が必要です。

まとめ

ジュエル

飼い主さんが食べても全く問題がなくても、猫が食べると良くない食べ物は、多数存在しています。

猫用に作られた食べ物ではないものを猫に与える場合は必ず事前に調べ、安易に与えないようにしましょう。猫の安全を守れるのは、飼い主さんだけ。きっと猫は、頼りにしていますよ。