猫がキャットフードを食べない!食べてもらうための工夫と注意点とは?

猫がキャットフードを食べない!食べてもらうための工夫と注意点とは?

猫は多くの種類のキャットフードが販売されていて、飼い主にとっては何を選ぶか悩むところです。しかし猫の場合は味が変わるとなかなか食べてくれず、そのために同じものばかり与えていると飽きて食欲が減ることがあります。食べてもらうために一工夫したいところですが、猫の食べ物には注意しなければいけないことがあり、適切な知識を得ていなければいけません。

317view

猫の食欲が減ってしまう理由

キャットフードを食べようとする猫

猫を飼っているとご飯をよく食べてくれる時と、少し食べただけですぐに食べるのを止めてしまう時があることに気付きます。食欲旺盛であれば肥満が気になる程度ですが、あまり食べてくれない場合は不安を感じてしまいます。猫の食欲が減退してしまう理由には、どのようなものがあるのでしょうか。

①ご飯の状態が良くない

猫のキャットフードで市販されているのはドライタイプかウェットタイプですが、ドライタイプなのに湿度を含んでいたり、ウェットタイプなのに乾いて固くなっていると食べてくれない場合があります。

これは味そのものというよりも、普段食べなれている状態と違っているため、「何だか違うな」という感覚を持ってしまうからです。もちろん味にも変化が生じてしまい、猫にとっては違うフードと勘違いしてしまうからです。

②味に飽きてしまった

猫には人間と同じように味を感じる器官が舌にあり、ずっと同じキャットフードばかり与えていると飽きてしまうことがあります。また年齢によって味の好みが変化するため、いつまでも同じ味では受け付けなくなる場合もあります。

これは気温も大きく関係していて、夏場と冬場でも味の好みが変わって来るので注意が必要です。

③病気などによる体調不良

人間でも体調が悪ければ食欲が減退するように、猫も体の調子が悪い時にはどうしても食べる量が減ってしまいます。ただ猫の場合は少しくらい体調が悪くなっても外見的には変化が見られないため、いろいろと工夫しても食べてくれない場合には、動物病院で診察してもらうことをおすすめします。

飼い主ができるキャットフードのアレンジ方法!

トッピングが入ったご飯を食べる猫

自分でキャットフードを手作りしていればバリエーションを変えることもできますが、市販されている商品の場合は、どうやって変化をもたらせたらいいのかわからない人もいるでしょう。一工夫をこらしても猫が食べてくれなければ意味がないため、簡単にできて猫も食べてくれる一工夫を紹介しましょう。

キャットフードの温度を変える

キャットフードは常温で与えるのが一般的ですが、暑い日には冷蔵庫で冷やしてあげたり、寒い時には温かくしてあげると食いつきが良くなる場合があります。

あまりに冷たくしたり熱すぎると猫は「猫舌」と言われるように食べられなくなったり、お腹を壊す事もあるため注意が必要です。あくまでも少しだけ変える程度にすることが大切です。

普段と違う香りをつける

猫の場合は嗅覚が優れているので、好きな食べ物の匂いを付けても食いつきに変化が出てきます。例えば、鰹節をごく少量だけ粉末状にして振りかけたり、鶏肉を煮だした煮汁をかけるだけでも効果が生じるでしょう。

キャットフードに変化を与える際の注意点

キャットフードで作ったクエスションマークを見る猫

猫は味の急激な変化を好まない動物であり、以前に食べていたフードとあまりに違う味がするものは、匂いを嗅いだだけで口にしないという場合があります。

そのため変化を付ける時は、少しだけ変えるということを心掛けて下さい。また味を変えるために人間が使っている調味料を使うのは避けて、できる限り素材そのものの味で変化をもたらすようにすることが大切です。

人間用の調味料は味が濃すぎるだけでなく、塩分濃度も高いので猫の体に良くありません。人間用の調味料に慣れてしまうと逆にキャットフードのような薄味を好まなくなるので、むやみに人間用の調味料や食べ物を与えないようして下さい。

まとめ

キャットフードの入ったフードボウルの前に座る猫

キャットフードは味を確認してみればわかりますが、人間では素材の味しかしない淡白な味付けになっています。猫は完全な肉食で犬のように穀物や果物も食べるという習慣がないので、素材以外の味が付いている方が不自然なのです。

キャットフードを食べなくなると飼い主はとても不安になりますが、自分独自の考え方を実践するのではなく、獣医や専門家の意見を聞きながら適正な変化を行うことが重要です。

スポンサーリンク