猫は1日にどれくらい眠るのか?

猫は1日にどれくらい眠るのか?

猫は1日中眠っているイメージはありませんか。陽がよく当たる場所に香箱座りして目を細めている猫の姿は、街中でもよく見かけます。ですが、実際に猫はどれくらいの時間眠っているのでしょうか。そして、猫に多くの睡眠は本当に必要なのでしょうか。

1047view

猫に必要な睡眠時間

目覚まし時計の隣で眠る猫

猫に必要な睡眠時間は12時間から16時間程度です。なんと、1日の半分以上を睡眠に使っているのです。思ったよりも猫には睡眠時間が必要だという事になります。

猫は熟睡しない!?

しかし、12時間の間ずっと熟睡出来ているかといえばそうではありません。猫が本当に熟睡しているのは12時間のうち僅か3時間程度しかありません。それ以外の時間は、眠っていても脳が覚醒している状態を保っているのです。

猫が睡眠時間をたっぷりと確保しなければならない理由は、猫が狩りをして生きてきた動物だからです。猫は基本的に夜行性なので、昼間たっぷり眠って夜に活動的に動けるようにしておかなければなりません。そのため、猫には出来るだけ多くの睡眠を取る必要があったのです。

何故、猫の眠りは浅いのか?

眠そうな表情で薄目を開ける猫

猫の眠りが浅い理由は、外敵から身を守るためです。

1日の半分以上を睡眠に費やしている猫が、野生の中でずっと熟睡していたらあっという間に他の動物に食べられてしまったり、縄張り争いに負けてしまう可能性が高まります。

そのため、外敵から奇襲をかけられても直ぐに戦闘態勢を整えられるように眠ろうとすると浅い眠りになってしまうのです。家で飼育されている猫は、敵から狙われる事はないので熟睡しているように見えるかもしれません。

しかし、実際は眠りながらも脳は動いている状態です。浅い眠りと深い眠りを繰り返すのは、猫の習性なので変えられるものではありません。したがって、彼らが眠っている時は起こさないように気を付けてあげましょう。

猫が1日中寝ていても具合が悪いわけではない

窓辺に置かれた猫用ベッドで眠る猫

猫が1日中全く動かずに眠っていると体調が悪いのか、と心配になりますがむしろ猫にとっては眠る事は大切なので不安にならずに見守っていてあげましょう。

猫が本当に具合が悪くて眠っている時は、体調不良のサインと共に、大きな物音を立てても驚かずに眠っています。更に、睡眠時の呼吸が不安定で苦しそうな症状が出ます。

これらの症状が見られたら、高確率で何らかの病気に罹患しているのですぐに動物病院に連れて行ってあげて下さい。

おわりに

ぬいぐるみを抱いて毛布の上で眠る猫

猫が沢山寝る理由は、猫が生きてきた歴史によるものです。外敵から身を守るため、自分の縄張りを守るためといったサバイバル精神がどの猫にも備わっていると考えられます。十分な体力を温存しておかなければ、食べる物にも困ってしまう時代が猫にもあったという事です。

なので、猫が1日中眠るのは当たり前なのです。しかし、猫が体調不良を訴えている場合も大抵彼らは眠っています。見分けが付き難いですが、その場合は必ず動物病院を受診しましょう。

スポンサーリンク