猫が炭酸水を飲んでも大丈夫?

猫が炭酸水を飲んでも大丈夫?

そのまま飲んでも、お酒で割っても美味しく飲める炭酸水。人間にとっては爽快感が味わえる飲み物ですが、猫が炭酸水を飲んでも大丈夫なのでしょうか?猫と炭酸水の相性についてご紹介いたします。

1676view

猫に炭酸水を飲ませても大丈夫?

炭酸水と猫

シュワシュワとした独特の口あたりと爽快感が味わえる炭酸水。そのまま飲んだりお酒で割ったりと我々人間には馴染み深い飲み物です。

さて、この炭酸水ですが猫に飲ませても大丈夫なのでしょうか?答えはNOです。とはいえ、万が一飼い主さんが飲んでいた無糖の炭酸水を舐めてしまった程度の量であれば慌てなくても大丈夫です。

ただし積極的に飲ませることは好ましくない飲み物ということです。

猫に炭酸水が好ましくない理由

ワイングラスと猫

猫に炭酸水が好ましくない理由には、猫が我々人間とは異なり四足歩行で生活しているということや、人間の体に良いとされる成分も猫が摂取すると摂りすぎになってしまうことなどが関係しているようです。

炭酸のガスを上手に排出できない

炭酸水をはじめとした炭酸系の飲料を口にするとお腹が張りゲップが出やすくなりますよね。我々人間はこのゲップによりガスを上手に排出することができます。

しかし猫や犬のように四足歩行の動物は炭酸水に含まれるガスを上手に排出することが苦手です。猫が炭酸水を飲みすぎると、苦しそうにしたり嘔吐してしまうこともあります。また最悪の場合、胃捻転を起こしてしまうこともあるのです。

ミネラル過多

炭酸水には、ナトリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが多く含まれています。我々人間にとってはこれらを摂取することで、体内で作り出すことができない成分を補うことができるため良いとされています。

しかし猫の場合はミネラルの摂りすぎ(ミネラル過多)により良くない効果をもたらしてしまうのです。まずナトリウムの摂りすぎは高血圧の原因になります。カルシウムの摂りすぎは腎臓に負担がかかります。

また結石や発育障がい、骨の形成異常を引き起こすことがあります。マグネシウムはストルバイト結石(若年層の猫に多い尿結石)の材料になり、撮りすぎると腎臓や膀胱などに石ができてしまいます。

猫が水を飲んでくれないときは?

水のお皿と猫

猫は元々砂漠で生活していた動物であるが故に、水を積極的に飲む習慣がありません。これが猫に腎臓の病気や尿路系の疾患が多い原因のひとつとされています。

そのため飼い主さんとしては水を飲む習慣をつけたいと考えるはずです。中には炭酸水をねだったり、好んでしまうこともあるかもしれません。しかし炭酸水は猫にとってはほとんどメリットはなく、むしろリスクが多い飲み物です。

よって炭酸水を飲料水代わりに飲ませることはやめましょう。愛猫がなかなか水を飲んでくれないと困っている場合におすすめな方法をいくつかご紹介いたします。

ウエットフードを取り入れる

ウエットフードは水分を含んでいます。歯が汚れやすいことや保存が困難なことなどのデメリットはありますが、水分を補う手段としては有効です。単体で食べさせても良いですし、ドライフードに混ぜて食べさせても水分を補うことができます。

水の温度を変えてみる

猫は水に対して強いこだわりを持っています。常温の水が好きな猫もいれば、少し温か目の水を好む猫、逆に少し冷たい水を好む猫と実に様々です。火傷や冷えすぎに注意しながら、温度を変えてみることもひとつの手段です。

湯冷ましも体に良くおすすめ!!

水道水を一度沸騰させ、それを冷まして作る湯冷まし。湯冷ましは水道水に含まれるカルキを抜く効果があるため人間同様、猫の体にとっても良いです。少し手間はかかりますが好む場合は試してみてください。

ちゅーるを水で薄める

チュールをおやつとして食べる習慣がある猫の場合は、いつものちゅーるに水を混ぜ薄めたものを食べさせるとより水分量を増やすことができます。ちゅーるのほとんどは嗜好品のため、積極的に進める方法ではありませんが、時々ちゅーるを食べさせている方にはおすすめな方法です。

まとめ

琥珀 / ♂	/ 1歳	/ キジトラ	/ 5.5kg

猫にとって炭酸水は思わぬ病気を招く可能性のある飲み物です。炭酸水や炭酸飲料を飲む習慣がある飼い主さんは気をつけてください。猫は水を飲む習慣がないため、腎臓や尿路系の疾患を防ぐためにも水を飲む習慣をつけさせることは大切です。

しかし、ここで用いる水に炭酸水という選択肢は除外するようにしましょう。暑くなってくると熱中症も心配になるため、人間も大切な愛猫も上手に水分補給ができると良いですね。