猫にビールを絶対に与えてはいけない理由

猫にビールを絶対に与えてはいけない理由

猫にビールを飲ませて、その様子を動画で公開している飼い主さんもいるようです。果たして本当に猫にビールを飲ませて大丈夫なのでしょう?いいえ、実は猫にとってビールは少量でも命に関わってくるほど非常に危険な飲み物なのです。猫にビールを与えることの危険性について、詳しく調べてみました。

772view

監修:獣医師 平松育子先生

(ふくふく動物病院)

猫にビールは少量でも致命的

ビールNG

ご存知の通り、ビールはアルコール飲料です。獣医師の意見によれば、猫にアルコールを「5.6ml/kg」飲ませるだけで、すでに致命的であるほど危険なのです。このように、ごくわずかな量のアルコールであっても、場合によっては呼吸機能の低下や昏睡状態を経由して死亡してしまうリスクがあるのです。

猫がビールの泡を少し舐めるだけでも危険

本当にごくごく少量であれば大丈夫だと思い、猫の可愛いしぐさを見てみたいからといってあなたの大事な猫ちゃんにビールの泡をほんの少し舐めさせてしまうだけでも実はとても危険なのです。ごくわずかなビールの泡に含まれる少量のアルコールでも、十分に猫を急性アルコール中毒に至らせる危険をはらんでいるのです。

ビールであれば1kgあたりわずか100ccでも口にしてしまうと猫にとってはすでに致死量となるのです。猫は体が小さい分、人間とは違ってほんのわずかな量のアルコールでさえほろ酔い状態をすっ飛ばして泥酔、昏迷状態に陥ってしまうリスクが十分にあるのです。
ですから、ビールは絶対に口にさせない、舐めさせてしまわないように飼い主が管理することが重要なのです。

猫がビールを誤飲した時の対処法

猫とビール

飼い主の管理不行き届きによって、置きっぱなしにしていた缶ビールやこぼれたビールを猫が舐めてしまってアルコールをわずかでも口にしてしまった様子があれば、ただちに嘔吐させなければいけません。
猫の口を開けさせ、指を舌の奥へ入れれば嘔吐させられるそうです。ほんの少量の場合は嘔吐物に混じる前に吸収されている可能性もあります。一刻も早く動物病院へ連れて行かなければいけません。

面白半分で猫にビールを与えるのは絶対ダメ!

猫がビールを飲む様子を黙って見ていておもしろがっている人もいるようですが、とても危険なのでやめておきましょう。ごくごくわずかなビールが致死量となるのです。

猫にマタタビもあげすぎるのも注意

猫をほろ酔い状態にさせると言われるマタタビもあげすぎはやはり危険のようです。
一時的なストレス解消には良いのですが、あげすぎると中枢神経を麻痺させてしまうために最悪の場合は死亡してしまうリスクがあるそうです。

猫にビールを与える危険性のまとめ

猫とからのビールグラス

以上の理由から、ほんのごくわずかな量であっても猫ちゃんが口にしてしまえば命を危険にさらしてしまうのがビールです。
1滴のビールでさえも大事な猫ちゃんの口に入ってしまわないように、ビールは猫の前では飲まないようにするべきです。あるいは、ビールを飲んでいるときは猫に近づかないようにしたり、飲んだらすぐに片づけて飼い主が徹底的に自己管理することが重要ですね。

記事の監修

  • 獣医師
  • 平松育子先生
  • (ふくふく動物病院 院長)

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

女性 百日紅

猫とビールと言えば有名な小説に出てくる猫を思い出しました。ビールで酔ったことで最期を迎えてしまいます。この話だけなら物語として考えることができますが、実際は猫にとってビールはとても危険な物だということを忘れてはいけませんね。動物だから危険な物は口にしないだろうという考えも良くないですよね。猫を飼ってみて感じたのは、人間が思いもよらない行動をするということです。ちょっと目を離したすきに何をするかわかりません。若い猫なら好奇心でいろいろなことに挑戦しようとするかもしれませんよね。
少量飲むことで命が危険な状態になってしまうかもしれないので、ビールなどのアルコールや食品の管理は徹底しないといけないとこの記事を読んで改めて思いました。

40代 女性 かえで

 ビールを猫ちゃんに飲ませてはいけないことを意外と知らない人が多く、病院実習にいった時も何回か患者さんで運ばれてきました!
 猫ちゃんと晩酌がしたかったといっていた飼い主さんは、猫ちゃんにふたくちビールを飲ませたところ吐き出してふらふらになり、倒れてしまったと連れてこられました。その猫ちゃんには軽く胃洗浄をして元気になり、帰られましたが飼い主さんは、厳重注意を受けていました!
猫ちゃんには食べてはいけないものもありますし、飼い主がしっかりと管理をして気をつけてあげなければなりません!連れてこられた患者さんの中には、助からなくて亡くなったねこちゃんも、いましたがなんだかかわいそすぎました。アルコール中毒は本当に怖いのでしっかりと気を付けましょう。

40代 女性 ママにゃん師走

「一緒にお酒を傾けれたら」と夢見てしまうこともありましたが当然危険ですよね。
各々生き物により消化出来る物、毒になってしまうもの等絶対に違いますし、アルコールは人間でも体重により消化の時間が変化します。猫ちゃんの体重は人間の体重の14分の1くらいでしょうか。ビールの泡を舐めるだけでも症状は出てしまいますよね。
アルコールの入った缶等、後でと思わないですぐに片付けなければと痛感いたしました。
猫ちゃんの喜ぶマタタビは今だ使ったことはありませんが、飼い主の責任で使い方や分量を守ることが大切なのだと思います。

アルコールと言えば、ウエットティッシュや除菌のジェルなどもそうですよね。
猫と生活を共にするようになってからは使用しなくなりました。
ちょうど愛息子の病院検診時にこの記事を拝見しましたので、かかりつけのお医者様に伺ってみましたら、揮発性があるので基本は全く問題ないとおっしゃってました。ただし、ジェルを手にたっぷりつけている最中に舐めてしまうのは良くないようです。好奇心おう盛な猫ちゃんですと注意が必要かもしれませんね。
改めて、身の回りを見直さなければと思いました。

スポンサーリンク

人気のキーワード