猫のしっぽピーンは何のメッセージ?4つの気持ち

猫のしっぽピーンは何のメッセージ?4つの気持ち

猫が「しっぽをピーン」とすることがありますよね。猫のしっぽからは感情が読み取りやすいと言われていますが、ピーンとしているときには具体的にはどのような気持ちが考えられるのでしょうか。ご紹介させていただきます。

2971view

しっぽピーンは何のメッセージなの?

猫は様々なときにしっぽをピーンとすることがありますよね。猫のしっぽからは感情が読み取りやすいと言いますが、しっぽをピーンもさせるときにはどのような気持ちであるときなのでしょうか。ご紹介させていただきます。

1.ふわりとピーン

猫のしっぽ

猫のしっぽが「ユラユラ...ふわふわ...」と揺れるようにピーンと立てながら自宅で歩いているときありませんか?これは「甘えたい気持ち」や「構ってほしい気持ち」のときにふわりとピーンとしっぽを立てるようです。

「ご主人様待って〜」と後ろを付いてくるときや「構って〜!」と飼い主さんの元へやってくるときにこのようにふわりとピーンとしっぽを立てるようです。これは飼い主さんのことが大好きで信頼関係のある証拠でもあります。

猫がこのようなしっぽの形でやって来たときには飼い主さんは猫が満足できるようにスキンシップをとったり優しく撫でてあげるようにしてください。

2.太くしてピーン

たぬきしっぽ

「猫のたぬきしっぽ」とも言われるのですが、まるでたぬきのようにフッサフッサのしっぽにしてピーンと立てていることありませんか?

猫がしっぽをフサフサにしているということは「毛を逆立てているとき」ですから気持ちとしては「警戒心があって怒っているとき」「やめてほしいと感じているとき」などの感情を抱いている場合です。

このようなときに触ろうとすると飼い主さんであってもウーッとうなったりシャーっと鳴き、威嚇の態度つまり「これ以上触ると怒るぞ!」とアピールしているサインです。このようなときにむやみに触ると引っ掻かれたり噛まれてしまう可能性もありますから、気をつけてあげましょう。

3.スリスリピーン

スリスリするしっぽ

猫は気持ちよさそうにあちこちにスリスリとしていることがありますよね。「かゆいのかな?」と思ってしまいがちですが、猫はヒゲの周辺やしっぽの付け根には「フェロモン」のような自分の匂いを放つ場所があります。

家具にスリスリしているのはかゆいからではなく匂い付けつまり「マーキング」をするためにしっぽをピーンとしてスリスリしているのです。これは縄張り意識があって「ここら自分のテリトリー」だと主張しているのですね。

ちなみにこのスリスリは飼い主さんの足元にしてくるときもありますが、これも「ご主人様は私のもの!」と大切にされている証拠でもあるんですね。

4.ビックリしてピーン

猫拳法

猫は自宅で過ごしているとときたま何かに怯えたりビックリすることがありますよね。そんなとにに「ピョン!」とジャンプをして後退をしたり走り去ることもありますがこのときにしっぽに注目すると毛を逆立ててしっぽもピーンとしていることがあります。

これは「唐突にビックリしているサイン」です。猫は自宅であっても「インターフォンや電話などの突然の大きな音」「工事や雷の音」「細長いいもの」などをみたときにこのような仕草をすることがあります。

細長いきゅうりやリモコンなどを見てビクっ!と飛び跳ねることがよくありますがこれは野生で暮らしていたときの天敵でもある「ヘビ」に形が似ていることからビックリしてしまうと言われています。

まとめ

ポンちゃん

ポンちゃん / ♀ / 3歳 / サビ猫 / 4kg

猫は様々な状況で「しっぽをピーン」とすることがあります。これはスリスリと飼い主さん甘えたい気持ちのときにフワリとピーンとする場合もありますが、恐怖心などによって警戒心などからピーンとなることもあるようです。の気持ちは、このようにしっぽから読み取ることもできるんですね。

スポンサーリンク