猫の性格は鼻や肉球で違う!?色別で見る4つの性格診断

猫の性格は鼻や肉球で違う!?色別で見る4つの性格診断

猫の性格は、見た目から判断出来るのでしょうか?鼻や肉球の色から性格がわかるようです。猫が人懐っこい、穏やか、やんちゃと感じている飼い主さんは、猫の鼻や肉球の色を確認してみましょう。性格診断や色の仕組みなどにも触れて書いています。

3533view

猫の鼻や肉球の色から見た性格

1 ピンク色

みゃーちゃん

おっとり、穏やか、マイペース、神経質な性格が多いようです。甘えたいときと1人でいたいときが、はっきりしている子が多いとも言われています。鼻や肉球がピンク色の猫は、比較的おとなしいタイプの性格と言われています。

2 黒色

毛布の上でくつろぐ黒色の鼻をした子猫

活発、やんちゃ、好奇心旺盛、人懐っこい性格が多いようです。野性味のある部分が多く、中には自己主張が強い子もいるようです。鼻や肉球が黒色の猫は、遊ぶのが好きな甘えん坊タイプで、子猫のまま大きくなったと言う感じなのでしょう。

3 茶色

キョン

甘えん坊、怖がり、慎重派、遊ぶのが好きな性格が多いようです。鼻や肉球が茶色の猫は、賢いのではないか?とも言われています。失敗を怖がるので慎重に行動する猫が多く、猫同士で遊ぶのが好きなようです。

4 斑模様

三毛ちゃん

やんちゃ、おとなしい、人懐っこい、ツンデレな性格が多いようです。猫のピンク、黒、茶の3色の模様からくるので、全ての猫の性格が現れやすいようですね。黒が多いと野性味がでたり、ピンクが多いと穏やかだったりと、色の多さや濃さでも変わってきます。まとめるなら、やんちゃで大人しいツンデレと言うことでしょう。

猫の性格鼻や肉球で違う?

寝転がっている黒色の肉球をした猫

性格は十人十色

猫の性格は、鼻や肉球の色などで判断するのは難しいです。まして、毛色でも同じです。毛の色、柄、毛質などを決めるのは、異なる遺伝子が複雑に組み合わされて決まります。生まれた環境や飼育環境によっても性格は変わります。兄弟でも違った色や柄になることもあります。色や柄だけでは性格が完全一致するとは言えないと言うことです。色からある程度、性格に当たり外れがあるのは、猫も個性があると言うことでしょう。

肉球の形で見る性格

性格を判断するのには、色だけではなく肉球の形によっても違いがあると言われています。当たっても外れても性格判断は、ひとつの占いのようなものです。肉球の形も猫それぞれで、肉球手相占いなどと言われたりもします。肉球の形には何パターンもあるので、形を確認して見るのも楽しいかも知れませね。

鼻や肉球の色の仕組みと注意点

肉球に模様がある猫

鼻や肉球の色の仕組み

ピンク色→茶トラ、白、三毛
黒色→キジトラ、サバトラ、黒
茶色→グレー、キジシロ
斑模様→三毛、キジシロ、サビ

猫の鼻や肉球から見る猫の種類を分けて見てみました。共通点として言えば、猫の毛の色から鼻や肉球の色がほぼ同じであることが言えます。肉球の色は、メラニン色素の量で決まりますが、血流や遺伝によっては色の濃さも変わるようです。つまり、毛色の薄い猫はピンク、毛色の濃い猫は黒、2色以上の毛色の猫は斑模様になる確率が高いと言うことです。

鼻と肉球の色が違う

毛色の色から、鼻や肉球の色がほぼ同じであると言いました。しかし、必ず同じになるとは言えません。先ほども言いました通り、遺伝によるものもしくは、色が変化したりもします。鼻はピンクなのに肉球が黒い、鼻は黒いのに肉球はピンクなど色が違うのは、成長により変化することがあります。メラニン色素の量が成長とともに変化したのでしょう。また、鼻や肉球は毛がないので色の変化に気づいやすいです。凄く色が濃いときもあります。運動後や睡眠中などは、血流が増すとピンクが濃くなるのです。

鼻や肉球に模様

鼻や肉球の色の仕組みは、大まかな情報で個体差に違いはあるものです。鼻や肉球が一致しないのは、猫の個性であり不思議ではありません。
成長過程で、鼻や肉球に黒のシミやホクロが出てくることもあります。色の薄い猫に多いと言います。鼻にホクロがある猫や斑な模様は、強運な猫と言われたりもします。
ただ、ひとつ注意することがあります。そのシミや模様が変化すると、皮膚ガンの可能性もあり詳しく見る必要があります。形や色の変化、しこり、凹凸、痛み、腫れ、痒みなどの症状や変化がないか観察してください。不安なときは、至急病院に行くようにしてください。

まとめ

眠っているピンクの鼻と肉球の猫

猫の性格は鼻や肉球の色で違うのかと言うことについて紹介しました。猫の鼻や肉球の色から、ピンク、黒、茶、斑模様の4パターンに分けて性格診断してみました。「確かに当たってるかも」「少し違うかも」と言う意見があるのではないでしょうか?猫の性格は、色などからある程度は一致するかも知れません。しかし、一致しないのも当然だと言うことです。猫の性格は、見た目だけではわからない、個性があるのも猫と言えるのではないでしょうか?