カップ麺の容器でエリザベスカラーを作ってみました!

カップ麺の容器でエリザベスカラーを作ってみました!

カップ麺の入れ物で猫のエリザベスカラーを作ってみました!傷口を舐めないように使用するエリザベスカラー。大きさや種類によって、ご飯が上手に食べられない、重くて動きにくい等ストレスを与えることもあります。そういう時はカップ麺容器を代用すると猫のストレスも少しは和らぐかもしれません。

1731view

カップ麺の容器で猫の簡易エリザベスカラーを作成する

材料

  • カップ麺の容器(使用するカップ麺の容器は、縦長のものではなく、幅広タイプの容器を使用します)
  • カッター/ハサミ
  • 必要に応じてガムテープや当て布
使用するカップ麺の容器のタイプ

カップ麺エリザベスカラーの作り方

1、カップ麺の容器をよく洗い、乾かしておきます。
2、カップ麺の容器を裏返し、底の丸い線に沿ってカッターを入れていきます。
(猫の大きさによっては、底の丸い線の内側や外側を切るなどして、猫の首のサイズに合うように切る場所を調節して下さい。)
3、底が切れたら完成です。猫に被せてみましょう。

カッターを入れる大体の位置です。

※切り方が上手にいかず、切り口がジグザグになり、猫の首に当たって痛くないかと御心配の場合は、切り口にガムテープを貼ってあげたり、当て布を巻いてからガムテープを貼ってあげると良いです。

愛猫にカップ麺のエリザベスカラーを被せてみました

うちの猫の場合は、特に抵抗することなくエリザベスカラーの代用品として使用する事が出来ました。
表情は嫌そうですが…。

▼今回は麺職人で作成しました。ちょっと嫌そうな表情。▼

カップ麺のエリザベスカラーをした猫

まとめ

病院で購入したエリザベスカラーを装着した際、うちの猫には重くて、首を上下に振りながら歩いていました。視野も狭くなるため、家具にもよくぶつかっていました。

ご飯を食べる時も食べにくそうにしており、トイレの時もしずらそうでした。
もっと軽くてストレスなく使用できるものはないかと思い、カップ麺容器で代用品を作成しました。

軽くて、ご飯やお水を飲む時も邪魔にならず、歩く際もスムースに歩けます。
汚れたらすぐまた作成できるので、とても便利に使用することができました。

家にエリザベスカラー自体がない時にも、簡単に作成でき、また代用できるので、是非お試しされてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク