猫の「オリジン」特徴や成分、おすすめ商品まで

猫の「オリジン」特徴や成分、おすすめ商品まで

オリジンキャットフードは、口コミでも評判の猫のドライフードです。安全性の高いキャットフードということで、猫の健康に気を遣う飼い主さんたちから選ばれています。猫のオリジンは、他のキャットフードと比べてどのような特徴があるでしょうか? 猫のオリジンの成分やおすすめ商品をご紹介します。

381view

猫のオリジンとは?

草の中で身を低くして獲物を狙う黒猫

猫のオリジンはカナダ原産で、現在ではアメリカで製造されているプレミアムキャットフードです。動物性原料とタンパク質を豊富に含み、野生時代からほとんど変わることのない猫の体の構造に合うように作られています。野生の猫が口にすることがないものは、オリジンの原材料に使用していません。

オリジンキャットフードは、リニューアルされ単価が上がりましたが、口コミでの評価は変わっていないようです。愛猫の健康を願う飼い主さんは、安いキャットフードから値上げしても良いものを与えたいということでしょうか。それだけ、信頼と実績のあるオリジンなのですね。

オリジンの特徴

ボールに入った肉と野菜

受賞歴の多さ

オリジンは、安全性の高い優れた猫のフードとして、数々の受賞歴を誇ります。ワシントンDCのグリセミックリサーチ研究所のペットフード・オブ・ザ・イヤーを始め、Food in Canada誌の食品イノベーション賞を受賞。これは、ペットフードメーカーとしてはオリジンが史上初です。

その他、キャットフードブランド厳選賞、アーンスト・アンド・ヤングのアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー賞、アルバータ州殊勲賞、デザイン・ビルド・アワードを受賞しています。

野生の肉食動物が食べるものに近い原料

猫のオリジンの原料は、動物性原料が80パーセント、野菜と果物が20パーセントです。穀物や芋類は含まれていません。これは、野生の肉食動物が食べているものに近い配合になっています。穀物にアレルギーのある猫ちゃんでも安心ですね。他のキャットフードと比較しても、猫のオリジンは動物性原料が多いのが特徴です。

高タンパク

猫のオリジンは高タンパクで、他のキャットフードと比較しても高い割合です。筋肉やエネルギーになる動物性タンパク質が多いのは、猫にとって理想ですが、室内飼いの猫ではカロリーオーバーになることもあります。食べ過ぎないよう、給餌量に注意しましょう。

炭水化物を制限

猫は、炭水化物を摂り過ぎると肥満や糖尿病になる危険性があります。そのため、オリジンでは炭水化物を制限し、レンズ豆やひよこ豆など低GIのものを使用しています。

トレーサビリティシステムがある

ヒューマングレードの徹底した管理下で製造されている猫のオリジンには、トレーサビリティシステムがあり、原材料情報や、生産情報、流通経路などを追跡することができます。

猫のオリジンの成分

白いフードボウルから餌を食べている猫の横顏
  • 粗たんぱく質42.0%以上
  • 脂肪20.0%以上
  • 繊維3.0%以下
  • 水分10%以下
  • リン1.1%以上
  • マグネシウム0.09%以上
  • カルシウム1.4%以上
  • リノール酸(オメガ6)3.5%以下
  • リノレン酸(オメガ3)1.2%以下
  • タウリン0.25%以上
  • カロリー:406kcal/100g

上記の成分は、オリジンキャット&キトゥンのものです。高カロリー、高タンパク、高脂質のオリジンキャット&キトゥンは、ドライフードが食べられるようになった子猫から2歳くらいまでの猫におすすめです。

成長期の猫に必要な栄養素をバランス良く摂取することができます。中年期の猫にはオリジンキャット&キトゥンはカロリーが高いので、給餌量を調整する必要があります。また、高齢猫では腎臓に負担がかかることも考えられます。

オリジンキャット&キトゥンの原材料は主に動物性原料です。放し飼いの鶏肉と七面鳥、天然魚で、その他地元で飼育された肉や、漁獲された魚を新鮮な状態で使用しています。

それだけでは不足しがちなビタミンなどの栄養素は、野菜や果物の他、アルファルファ、タンポポ根などの植物を配合することで補っています。また、クランベリーを使用することで結石の予防効果も。水分量が多いので、柔らかめの食感です。

オリジンの種類

大きさの違う3匹の猫

子猫用

キャット&キトゥン
1,312円(税込)

商品情報
新鮮食材を使用

オリジンキャットフード キャット&キトゥンは、歯が生えそろった子猫から2歳くらいまでの若い猫に適したフードです。高カロリー、高タンパク、高脂質で、子猫の成長に欠かせない栄養素をバランスよく摂取することができます。子猫に初めて与える場合は、離乳食に少量ずつ混ぜながら慣らしていきましょう。柔らかめの小さい粒なので、子猫でも食べやすい形状です。

成猫用

キャットフード 6フィッシュ

キャットフード 6フィッシュ
1,153円(税込)

商品情報
大西洋産の多様な魚をたっぷりと使用

オリジン キャットフード 6フィッシュキャットは、サバやニシン、カレイなどの大西洋産の魚を新鮮な状態で丸ごと使用しています。天然魚のオメガ3は、猫の毛艶を良くする効果があります。

レジオナルレッド

レジオナルレッドキャット
1,312円(税込)

商品情報
新鮮肉を使用

オリジン キャットフード レジオナルレッドキャットは、地元で放牧飼育された新鮮なアンガスビーフ、イノシシ肉、ヤギ肉、ラム肉を使用しています。オリジンの他の種類のキャットフードより、歯ごたえのあるカリカリとした食感です。

ツンドラキャット

ツンドラキャット
1,458円(税込)

商品情報
新鮮な肉と魚を使用

猫のオリジンの中でも、特に栄養価の高いオリジンキャットフード ツンドラキャットです。

高齢猫用

キャットフード フィット&トリムキャット

フィット&トリムキャット
1,142円(税込)

商品情報
脂肪と炭水化物の量を制限した商品

オリジンは栄養価が高い分、カロリーも高め。
シニア猫や、太り気味の猫ちゃんに与えるのはためらってしまいますね。でも、これなら大丈夫。主原料は新鮮な鶏肉や七面鳥肉で、年齢や体重が気になる猫ちゃん向けの低カロリーなオリジンです。

猫にオリジンを与える方法

舌を出して餌を待つ猫

今まで使用していたフードと混ぜる

子猫に与える際は、歯が生えそろってから、離乳食に混ぜるなどしながら少しずつ切り替えていってください。

フリーズドライの肉とレバーを配合することで、1粒1粒に味がつくよう工夫されていますので、食いつきは良いといわれますが、粒が小さいので初めて食べる猫は戸惑うかも知れません。猫のフードをオリジンに切り替える際は、それまで食べていたフードに混ぜながら、少しずつ慣らしていきましょう。

泌尿器系の病気の猫には与えない

オリジンキャットフードは、ミネラルが豊富なため、尿路結石ができやすい猫ちゃんには注意が必要です。尿路結石を予防するためには、お水をたくさん飲ませましょう。

オリジンは、現在のところネット注文が中心で、実店舗での購入は難しくなっています。Amazonなどではセールを行うこともありますので、まとめて購入するといいでしょう。

まとめ

それぞれのフードボウルで餌を食べる3匹の猫

オリジンのキャットフードは、世界中の愛猫家たちに評価の高いプレミアムキャットフードです。新鮮で安全な動物性原料を中心に配合するなど、野生の肉食動物の食生活に近づけるよう工夫されています。高カロリー、高タンパク、高脂質なので、若い食べ盛りの猫にはおすすめです。

肥満気味な猫や高齢猫には、オリジンのキャットフードの中でも低カロリーな、オリジン キャットフード フィット&トリムキャット が向いています。

テナントを持った取扱店はありませんが、通販では公式の販売店があって品質の保証もされているため、安心して購入することができます。賞味期限はおよそ15ヵ月ほどですが、開封してからは早めに食べきるようにしてください。

オリジンを、猫に初めて与える場合は、今までのフードに混ぜて、少しずつ慣らしていきましょう。子猫には、離乳食にまぜて与えます。数々の受賞歴を持つ、実績のあるオリジン。一度食べさせてみたいですね。