猫が飼い主の前を歩く5つの心理

猫が飼い主の前を歩く5つの心理

なぜか猫が、飼い主の前を歩く現象…世界各地で繰り広げられています。猫の飼い主ならば、一度は経験があるのではないでしょうか?一体全体、猫はどうして飼い主の前を歩くのか?その心理は5つ、考えられます。早速チェックして行きましょう!

5553view

猫が飼い主の前を歩くなぞ

女の子の前を歩く茶トラ猫

なぜ猫は、飼い主の前を歩くのか?その心理は、こんな感じみたいです。

1.構ってほしい

飼い主に抱っこされている猫

構ってほしい気持ちが、飼い主の行く手を阻むように、前を歩く行動となって現れます。

足元を歩かれると、踏んでしまったり足がもつれて転びそうになったりするので、飼い主としてはちょっと困る行動です。かわいいはかわいいのですが…。

また、ご飯が食べたいなどの要求があるときも、前を歩くことがあります。にゃ〜にゃ〜鳴きながらの場合もあるでしょう。可能な限り対応してあげてください。

2.飼い主の行動を先読み

こちらを振り返る猫

猫はある程度、いつも飼い主がしている行動を予想できるようです。ですから、先回りをして飼い主の行くであろう方向へ走っていくことも。ま、予測が外れることも、あるのですけどね!

恐らく、母猫と行動を共にする子猫と同じような心理ではないでしょうか?子猫気分が抜けていない、甘えん坊の猫に多い気がします。

筆者宅でも、猫が後ろからドドドドと追いかけてきては先に走っていく、そんな行動を良く目にします。たまに横を通り過ぎるときに、はっしと捕まえてみることも。これが結構、捕まるんです。

猫の掴みどり、試してみてください。

3.じゃれている

立ち上がってパンチをする猫

遊び好きな猫は、飼い主の足をおもちゃや獲物だと思ってじゃれつくことがあります。歩きにくくなる瞬間ですね。特に子猫に、この傾向が強いです。

靴下を履いているときや、服にヒモなどの飾りがついているときは要注意です。裾がヒラヒラしていても、おもちゃと勘違いしてじゃれついてくることがあるので、大切な服はじゃれるのが好きな猫の前では、着ない方が無難かも。

服に穴があく可能性がありますし、猫の尖った爪が足などに刺さると、とても痛いです。

大きくなるにつれて飼い主の足はおもちゃや獲物ではない、と分かってきますので分別がつくまでの辛抱です。

4.一緒に歩きたい

リードをつけて散歩する猫と女性

猫が一緒に歩くのは、親しみを感じているときの仕草だそう。飼い主に親しみを感じているため前や横を歩きます。

お散歩でもしている気分なのでしょうか?猫が付いてくるのはかわいいですが、ストーカー猫になる場合もしばしばです。

飼い主が行くところ行くところに付いてくるのはありがちな行動です。よほど飼い主を信頼していて、母猫だと思っているのかも。

あまりにベタベタな関係になると、猫も飼い主も辛くなります。猫とは適度な距離を持って接するのが○です。

5.先導してくれてる

こちらを振り返る三毛猫

飼い主のことを子猫だと思っていて、行く先を先導する場合も。チラチラと振り返るのは、きちんと付いて来ているかどうかを心配しての行動です。母性本能が強い猫なのかもしれません。

たまに、飼い猫ではなくて野良猫に先導される人もいるよう。野良猫が道案内をしてくれたから付いていってみたら、猫の集会場だったとか、なぜかファーストフードの前だったとかの面白エピソードがあります。

何をどう思っての案内なのか良く分かりませんが、猫の行動は本当に面白くて謎が多いです。

まとめ

歩く子猫の後ろ姿

猫はどうして飼い主の前を歩くのか、その心理、お心当たりはありましたでしょうか?

猫の行動は時に人には不可思議なことがありますが、理由が分かれば納得が行くこともあります。

ぜひ猫の心理を、理解してあげてくださいね!