猫と相思相愛になるための5つのテクニック

猫と相思相愛になるための5つのテクニック

猫と相思相愛になれたら嬉しいですよね。そもそも猫と人間の間に、相思相愛なんて事が有り得るのでしょうか?猫と相思相愛になりたい人は参考にしてみてください。

3474view

猫と相思相愛になるためのテクニックとは

人の手と猫の手でハートを作る

猫と相思相愛になるには、ずばり猫に好かれる人になる事ではないでしょうか?
猫の心を開いて相思相愛を目指してみましょう。猫と相思相愛になって幸せな毎日を送って見ませんか?

1.猫との時間を大切にする

猫と相思相愛になるには、猫といる時間を大切にすることです。猫とたくさんいれる時間がある人は猫がその人に懐きやすいと思います。

しかし仕事で忙しくほとんど家にいることがない飼い主さんは、猫といる時間が少ないので、どれだけ濃い時間が過ごせるかが重要になります。留守番の多い猫でも、飼い主さんと相思相愛と言える関係もあります。

2.猫と会話する

猫と相思相愛になるには毎日会話をすることです。
気づいていますか?猫は飼い主さんと話したがっているかも知れませんよ。猫に話しかけると、返事をしてくれるようになります。ちゃんと尻尾や瞬きをして返事をしてくれます。猫と会話ができるのは心が通じている証です。

3.猫の自由を奪わない

猫と相思相愛になるには、猫の本能や習性を邪魔しないことです。猫は気まぐれだし、気分屋だから思い通りには行かないのです。

いくら相思相愛でも、猫の気分がいまいちだったりする事もあります。また、飼い主さんが嫌がる行動をとることもあります。猫は人に懐くけど、従える事はできないと理解しましょう。

4.スキンシップをとる

猫と相思相愛になるには毎日の触れ合いが大切になってきます。猫との時間を大切にするのと同じではありますが、猫が喜ぶ事をしてあげるのです。猫が喜ぶ所に触れてあげる、猫が鳴いていたら撫でてあげるなどです。きっと猫がスキンシップを取りたがっているはずです。

5.ルールを作る

猫と相思相愛になるには、お互いが思いやる事が大事だと思います。どれだけ猫のために尽くすかと言うのは相思相愛と言えないと思います。猫と飼い主さんが距離のバランスを保つのも簡単なようで難しいかも知れません。

猫と相思相愛になるための行動とは

向かい合う猫と人

1.猫に気持ちを伝える

猫との時間が少ない飼い主さんの場合、猫がどんな気持ちでいるのかを考えて見ましょう。猫は環境に慣れていく事ができます。きっと留守番も慣れてしまえば、何ともないかも知れません。

しかし、猫は飼い主さんが帰ってくるのを待っているのです。帰宅して「待たせてごめんね」、「お留守番、賢かったね」と猫に気持ちを伝えてあげましょう。帰宅して、猫の存在を無視することや、疲れを猫に向けると、猫の心が離れてしまうので気をつけましょう。

2.毎日の挨拶

猫と会話するには色んな方法があると思います。言葉にする場合は「行ってきます」「ただいま」など、目で会話する場合は優しく微笑んだり瞬きをするなど、猫と顔を近づけたりするのも挨拶です。猫に言葉や態度で愛情を伝えるのは、信頼関係を深めるのに必要なことでしょう。

3.猫を怒らない

猫が夜中に暴れたり、爪とぎしてはいけない場所でしていたりしても、怒らないであげましょう。猫がそのような行動をとるのは本能や習性なので怒ってもどうにもなりません。

また、猫がめんどくさいと思う時は素っ気ない時もあります。猫の好きな時に行動して自由に過ごせるのは猫にとって幸せでもあります。飼い主さんを嫌いになったのではなく、自由気ままなのが相思相愛につながるようです。

4.1日一度は触れ合いましょう

猫とスキンシップを毎日一度はとるようにしましょう。猫と会話をするのもスキンシップですが、猫に触れて温もりを感じるのも大切なスキンシップになります。

猫が喜ぶ場所を撫でたり、体に触れて優しくマッサージしてあげると猫に愛情が伝わると思います。お腹を見せてきて、もっと撫でて、と要求してきたらそれに応えてあげると良いでしょう。

5.距離を保つ

猫と相思相愛になると、お互いの距離が近づき過ぎるのに気をつけないといけません。猫は飼い主さんがいないと、不安やストレスなどを抱えやすくなってしまうのです。ベッタリの距離や、いつもくっついてくる行動をとるのはお互いによくない関係かも知れません。

甘やかしすぎない、全ての要求を飲まない、たまには無視するなど極端かも知れませんが、猫との時間と自分の時間にメリハリを付けるのがいいと思います。飼い主さんが猫との接し方に気をつけていくようにしましょう。

まとめ

飼い主になでられ気持ち良さそうな猫

猫と相思相愛になるには、猫に「愛してるよ」と伝える事が大事だと思います。
飼い主さんが、猫の気持ちを理解してあげ接することや、スキンシップをいっぱいとることで、猫が心を開いて信頼関係が生まれます。何も言わなくてもお互いの気持ちが同じで信頼関係があるのは幸せなことですね。

スポンサーリンク