2月22日は猫の日!猫と暮らせる喜びをかみしめよう

2月22日は猫の日!猫と暮らせる喜びをかみしめよう

世界各国には猫にちなんだ記念日というものがあります。猫の日は、猫のお祝いの日でもあります。多くの人に猫の良さを感じて欲しい事から制定されました。猫の日は、どんな日なのかなどを紹介してみました。

2101view

猫の日とは?

猫とハート

2月22日を猫の日とされたのは、1987年に日実行委員会が制定した記念日です。2月22日になった理由は、猫の鳴き声の「ニャン」と数字と「2」を並べた語呂合わせから決定したようです。

猫の日は、世界で制定されている記念日で、日本の猫の日は2月22日にあたります。各国で猫の日はそれぞれ違いますが、制定された意味などもあるのでしょう。日本らしい語呂合わせを用いるのは、誰もが覚えやすくて良いのではないでしょうか?

猫の日は何をする?

猫とパーティー

猫の日は「猫と一緒に暮らせることへの感謝と喜びを猫と共に噛みしめよう!」と言う趣旨があるようです。

猫の日に、イベントが行われたりグッズが販売されたりで、猫の日を盛り上げるキャンペーンがあるようですね。猫の日は、家でゆっくり猫と一緒に時間を過ごすのも良いですね。

世界の猫の日

世界地図と猫

2月22日が日本の猫の日、それとは別に8月8日の世界猫の日という日があるのをご存知でしょうか?これはカナダで設立された国際動物福祉基金団体が制定したとされています。

しかし世界猫の日を8月8日に制定された意味や、何故その日になったのかは詳しく決まりはないようです。

世界猫の日には特にこれをしなければいけないという決まりはありませんが保護猫や殺処分など猫の命を守る運動と共に、世界の猫の日には1人でも多くの人が「考え敬い行動していけるようにする日」として制定したのではないかと思います。

猫と暮らせる喜び

女性と猫

イベントに参加しよう

猫の日には、猫と暮らせる喜びを分かち合いたいと、毎年各地でイベントが開催されるようです。イベントに参加して、猫に感謝し幸せをかみ締めて見るのもいいと思います。

例えばイベントの催しは猫の写真展、猫グッズ販売、猫のチャリティ、猫フェスなどがあり、どれも参加してみたくなる催しものがいっぱいあります。

猫に感謝する日

猫の日は、個人がどう過ごすかによります。猫のイベントに参加するも良し、猫とたくさん遊んであげるのも良し、記念写真を撮るも良しと言うことです。

日本のカレンダーには、母の日や敬老の日など感謝する日があります。2月22日の猫の日に、猫に感謝の気持ちをこめてあげると良いですね。

おもちゃのプレゼントをあげてみたり、いつもより少し贅沢な食事をあげてみたりして、猫と大切な一日を過ごすといいと思います。

猫の讓渡会

猫の日に、地元自治体による猫の讓渡会が開かれる事もあるそうです。保護された猫を里親に譲り渡す取り組みです。猫も大切に育ててくれるご主人様と、巡り会えるのを楽しみにしています。

猫の日と言う機会に、猫と暮らす喜びを感じてみたい人、猫と幸せに暮らしたい人は足を運んで見てはいかがでしょうか?参加するだけでも、猫の事を考える日になると思います。

まとめ

猫からの手紙

猫の日について紹介しました。猫の日は2月22日ですが、他にも世界の猫の日や犬と猫の日など、動物の日はたくさんあるようですね。

猫の日を制定した理由からわかるように、猫にもっと関心と興味を向けて、命の尊さや敬う気持ちを一人でも多くの人に伝えたいのでしょう。

語呂合わせで覚えやすいのも、猫の日と記憶しやすい目的のひとつだと思います。皆さん、猫の日は猫に感謝してたくさん構ってあげましょう。そして猫を飼っていない人も、イベントなどに参加して猫について詳しく知って見てはいかがでしょうか?