猫にとっての『刺激的』な体験とは?3つの事

猫にとっての『刺激的』な体験とは?3つの事

猫に刺激って必要なのでしょうか?退屈した猫に、刺激的な体験をさせると、どんな反応を見せてくれるのでしょうか。刺激的な体験は、良くも悪くもどちらにも感じられるのです。

2119view

猫にとって刺激的な体験とは

1.五感を刺激する香り

マタタビを齧る黒猫

猫が刺激を感じられる香りが、西洋ハーブの「マタタビ」です。猫にとってマタタビは、五感を刺激する香りのひとつです。好き嫌いは分かれるものの、猫の嗜好品でもあり、ストレス発散や、食欲増進の効果があります。

脳が刺激されると「いい気分だにゃー」と、ほろ酔い気分や、くねくねモードになるような刺激的な体験ができるでしょう。

2.スリル満点を感じられるおもちゃ

ネズミのおもちゃを抱えて齧る猫

猫のおもちゃも種類があり、猫に刺激を与えられるおもちゃもあります。猫がスリル満点に感じるのは、羽根のついたおもちゃ、マウスのおもちゃです。

羽根の動きや音が、猫の興味をそそるおもちゃになります。対象物が見え隠れすれば、もう猫がわくわくしてしまうでしょう。

鼻息を荒くして、お尻をフリフリしながら、スリル満点な気持ちになると思います。

3.猫から刺激をもらう

くっついて一緒に眠る二匹の猫

刺激を感じるのは、猫から猫へもらうこともあるのです。「刺激的だなぁ」「素敵だな」など、自分に持っていないものをもっていると魅力を感じます。

 

猫も猫を見て、同じように刺激的と思うようです。一緒にいると楽しい、ついて行きたくなる、真似したいなどと猫に刺激をもらう猫もいます。

猫と刺激の関係

刺激を知らない猫にはストレスになる

驚いて押し入れに隠れる猫

生まれたときから、人間に飼われている猫は、刺激的な体験がストレスになることもあります。家の中での、代わり映えのない毎日に慣れてしまっているからでしょう。

刺激的な体験をさせても、用心深くなり動かない、恐怖心が強く、かえってストレスになるようです。猫にとっては、刺激的な体験が寿命が縮まる思いをすることもあるのです。

刺激にならない猫もいる

外を見る猫

猫は本能が発揮できず、刺激を見失うこともあるのです。猫は狩猟本能がありますが、外の世界を知らずに人間と暮らすと、本能も薄れてきます。

小動物を見つけて、興奮したり追いかけたりするどころか、どうすることもできず、呆然とする姿を見せることもあるのです。猫にとって、獲物を仕留める行為は刺激的なことなのです。

達成感が脳に刺激を与えると言います。そんな感覚が消えつつあるのは、よくない気もしますね。

まとめ

桜の木の枝に登る子猫

猫にとって刺激的な体験は、記憶に良い思い出になるか、トラウマになるかどちらかになってしまいます。

刺激的と言うのは、興奮すると言う意味です。刺激的な体験から、それをまた求めてしまう場合もあれば、苦手と感じる二手に分かれるでしょう。

猫がどちらを望むのかは、猫の様子から読み取ってあげた方がいいですね。上手く、ストレス発散や気分転換ができていれば、刺激が必要だと思います。

反対に、ストレスを与えたり、体調が悪くなったりするなら、刺激的な体験は「結構です」と言うことなのでしょう。

スポンサーリンク

人気のキーワード