NOW FRESH(ナウフレッシュ)猫用の特徴やおすすめポイント

NOW FRESH(ナウフレッシュ)猫用の特徴やおすすめポイント

ナウフレッシュは、猫のからだに優しいキャットフード。ナウフレッシュには、具体的にどのような特徴があるのか、食べることによってどんな効果を得られるのか、詳しく紹介していきます。また、ナウフレッシュのおすすめキャットフードについても紹介していくので、キャットフードの切り替えを検討している方は要チェックですよ!

1663view

猫のフード「ナウフレッシュ」の特徴

ごはんを狙う猫

ナウフレッシュは、キャットフードやドッグフードなどを作っていることで有名なペットフードブランド。猫を飼っている人の中でも、ナウフレッシュの評価は非常に高く、猫の健康を第一に考えて作られたキャットフードとなっています。

ナウフレッシュのコンセプトは「キッチンで作ってすぐ出してきたような新鮮さ」です。ナウフレッシュはそれだけ新鮮で美味しい食材をふんだんに使っており、美食家の猫でも大満足することができる内容になっています。

ナウフレッシュで使われている材料

餌を食べた猫

ナウフレッシュの大部分を占めているのが、タンパク質。ターキーやサーモンといった猫のエネルギー源であるタンパク質が豊富に入っている食材をメインとして使っています。ナウフレッシュではない他のメーカーのキャットフードだと、肉や魚などの代わりに、穀物を用いてかさ増ししている商品がたくさんあります。

穀物不使用

猫は穀物の消化が人間と比べるとあまり得意ではないので、穀物の量が多すぎると下痢を起こすこともあるのです。しかし、ナウフレッシュの場合、そのような穀物のかさ増しは一切行っていないので、安心して猫に与えることができます。

また、ナウフレッシュには肉や魚だけでなく、ブルーベリー、クランベリー、ラズベリー、ブラックベリー、ニンジン、かぼちゃなどといった、新鮮な野菜や果物が混ざっています。野菜や果物には食物繊維が含まれているため、適量の摂取であれば、便秘解消にも役立つのです。ナウフレッシュは「うちの猫は、便秘気味のことが多い…」という飼い主さんにもおすすめできる、健康的なキャットフードといえるでしょう。

ナウフレッシュのおすすめ商品

餌を遠巻きにする猫

ナウフレッシュは、子猫用、成猫用、シニア猫用といったように、猫の年齢や状態に合わせたキャットフードを何種類も作っています。そこで今回は、ナウフレッシュのおすすめキャットフードを、カテゴリー別で紹介していきます。質の良いキャットフードに切り替えたいと思っている飼い主さんは、特に必見ですよ。

子猫用

ナウフレッシュ キトン
7,560円(税込)

商品情報
健康な身体づくりをサポート

こちらは、子猫に与えることを想定して作ったナウフレッシュのキャットフードです。1歳以下の子猫に、ナウフレッシュのキャットフードを食べさせたいのであれば、ナウフレッシュのこちらの商品を与えると良いでしょう。

子猫の時期は、からだをどんどん成長させる必要があるので、多くの栄養を摂取しなくてはいけません。様々な食材から栄養が摂取できるこちらの商品は、子猫の成長をしっかりとサポートしてくれますよ。

成猫用

ナウフレッシュ アダルト
1,680円(税込)

商品情報
ミートミール、穀類不使用

成猫にナウフレッシュの商品を食べさせる場合は、こちらの商品がおすすめ。子猫用のものに比べると、カロリーが低めに作られているため、肥満予防としても活用できます。

ナウフレッシュのメインのお肉として使用されているのは、ターキーです。ターキーは、チキンと比較をすると高タンパク質でありながら低脂肪という特徴を持っているため、体型維持にはぴったりのキャットフードといえます。

老猫用・ダイエット用

ナウフレッシュ シニア&ウェイトマネジメント
5,616円(税込)

商品情報
副産物、化学的防腐剤不使用

こちらはシニア猫や肥満猫におすすめできる、ナウフレッシュのキャットフードです。猫は年を取るにつれて、だんだんと少食になっていきます。また、運動量も減っていくため、そこまで多くのエネルギーを必要としないのです。そのため、少量でもタンパク質がきちんと摂取できるように作られています。

また、このような食事は肥満猫にもうってつけです。ターキーやサーモン、鴨肉といった猫が大好きな食材がたくさん混ざっているので、食べることが大好きなグルメ猫でも満足することができます。

ナウフレッシュを猫に初めてあげる時の注意点

食事中の猫

ナウフレッシュを初めて猫に与える場合は、いくつか注意しなくてはいけないことがあります。以下の注意点を意識し、愛猫に合ったナウフレッシュの商品を、適切に与えるようにしましょう。

猫の状態に合ったフードを選ぶ

先ほども紹介したように、ナウフレッシュは成長段階や猫の状態に合わせたキャットフードを販売しています。そのため、猫の状態に合わせて、ナウフレッシュのキャットフードを選ぶようにしましょう。

たまに、子猫用のキャットフードを成猫になってからも食べさせ続けたり、子猫なのに成猫と同じキャットフードを食べさせたりしている飼い主さんもいますが、ナウフレッシュの場合はそのような与え方はおすすめできません。

栄養の取り過ぎで肥満になったり、反対に栄養が少なすぎて体調不良を起こす可能性もあるため、必ず猫に合ったキャットフードを選びましょう。

ナウフレッシュに少しずつ慣らしていく

ナウフレッシュ以外のキャットフードから、ナウフレッシュに移行する場合は、まず新しいフード(ナウフレッシュ)を少しだけ食べさせて、徐々に慣らしていくことが大事です。

いきなりナウフレッシュだけの食事に切り替えてしまうと、突然の変化にからだがびっくりして体調不良を起こす可能性があります。そのため最初のうちは、ナウフレッシュが1、今まで与えていたキャットフードが9くらいの比率で混ぜ合わせた食事を与えると良いでしょう。

問題なくナウフレッシュを食べてくれるようであれば、少しずつナウフレッシュの比率を多くしていき、今まで与えていたキャットフードの比率を減らしていきます。こうすることによって、ナウフレッシュだけの食事にスムーズに切り替えることができるので、ぜひ試してみてください。

まとめ

ごはんを食べる猫

ナウフレッシュは、穀物不使用でタンパク質の多い、人気のキャットフードです。「できるだけ猫のからだに良いキャットフードを食べさせたい」と思っている場合は、ナウフレッシュへの切り替えを検討してみてはいかがでしょうか。