猫が話しかけてくるのはどんな時?6つの気持ち

猫が話しかけてくるのはどんな時?6つの気持ち

猫って喋るの?と思うかも知れませんが、猫は鳴いて伝えようとするのです。中には、言葉を話せる猫もいるみたいですが。猫の話し方も特徴があり、何を伝えたいかで変わってきます。なぜ猫は話しかけてくるのでしょうか?

22102view

1.挨拶をしている

こちらに話しかけてくるスコティッシュホールド

猫が話しかけてくるのは、挨拶のようなものです。
名前を呼ぶと返事を返すように、猫から人間に挨拶してくるのです。
ご飯を食べ終わった後に、「ごちそうさま」「美味しかった」「食べたよ」と話しかけてくるのです。

2.「~してほしい」の要求

飼い主にタッチしておねだりする猫

猫が話しかけてくるのは、要求や要望があるときです。
「ご飯が欲しい」「トイレを綺麗にして」「扉を開けてほしい」「場所を開けてほしい」など、要求はたくさんあります。
お腹が空いているときは、顔を見て「ご飯まだ?もうお腹ペコペコで待てないよ」と、必死に話しかけています。
猫が要求をしてくるときは、少しきつく話しかけてくることが多いのです。

3.「~しよう」のお誘い

こちらを見上げて鳴く猫の顔アップ

猫が話しかけてくるのは、何かを誘うときに話しかけてくるのです。
「一緒に遊ぼう」「一緒に寝よう」など、お誘いをすることがあります。
一人だとつまらないから、一緒に楽しみたい気持ちや、眠いから一緒に寝ようと誘ってくるようです。

4.おねだりしている

おねだりする猫

猫が話しかけてくるのは、要求やお誘いのように、おねだりするときに話しかけてくることが多いのです。

ご飯を食べた後に、「にゃー」と言ってるのは、満足できないので「もっとちょうだい」とおねだりしてくることもあります。

また、飼い主さんがほかのことに夢中になっていると、「何してるの?構ってよ」と甘えた声で話しかけてくることがあります。

5.寂しい·不安な気持ち

寂しい表情の猫

猫が話しかけてくるのは、寂しさや不安な気持ちでもあります。
出かける支度をし出すと、「どこ行くの?」「行かないで」と寂しそうに話しかけてきます。
一人にされると、寂しさや不安になる気持ちは猫にもあるようです。

6.痛い·辛いから何とかしてほしい

痛みを感じる猫

猫が話しかけてくるのは、病気や怪我で困っているときにもあります。
痛くて辛いときや、我慢できないときには人間に「助けて」「痛いよ」と言ってきます。
猫は苦しみから切羽詰まってしまうと、何とかしてほしいと助けを求めるようです。

話しかけてくる相手は好きな人

猫とハート

猫が話しかける相手は、好きな人だからのようです。
一緒に共感したいからと言う気持ちもあると思います。ふだんからスキンシップやコミュニケーションを取っていれば、話しかけられやすいのです。
この人に言えば伝わると、猫もわかっているのではないでしょうか。

甘えん坊ほどよく喋る

撫でられる猫

猫の中でも、よく鳴く猫とあまり鳴かない猫がいます。
ふだんからよく話しかけてくる猫は、実は甘えん坊が多いようです。しつこいくらいに話しかけてきたり、要求が満たされるまで話しかけてきたりするような、甘え上手な所もあるかも知れませんね。

猫はマイペース

拒否する猫

猫が話しかけてくるのは、ほとんど自分のペースです。
ご飯をもらえるまでは、ずっと話しかけてくるけどお腹がいっぱいになれば、こちらから話しかけても、「しれー」としたり、冷たかったりします。

自分がお腹がいっぱいになり「もう寝ようよ」と話しかけてくるときでも、周りの状況なんかお構いなしです。猫はマイペースでわがままな所もあるようです。

まとめ

人と猫の手で作ったハート

猫が話しかけてくるときは、要求やお誘いや何かを求めるときが多いように感じます。
いつも話しかけてくるタイミングが同じなら、何を言いたいのかわかりやすいかも知れません。

あまり鳴かないけど、たまに話しかけてくる猫は「何だろう?」と思うこともあります。
話しかけてきたときに、返事してあげたり答えてあげたりすると喜んでくれて、絆も深まるのではないでしょうか。

しかし、話しかけていることが、助けを求めているときもあります。
話し方が弱々しかったら、猫の体や体調を確認して対処してあげるようにしなければいけません。

また、話しかけてくる猫に注意することは、全て要求を飲み込んでしまうと、次第に酷くなり、しつこく鳴いたり、癖のように鳴いたりすることもあるので気をつけていきましょう。

40代 女性 匿名

昔飼ってた猫は、要求とかではなく
世間話してるような感じだった。

あの時ほど、翻訳機欲しいと思ったことはなかったなぁ。