猫が低体温になっている時の5つの症状

猫が低体温になっている時の5つの症状

猫が元気がなかったり触ったときに「いつもより冷たい」ということがあれば、それはもしかすると低体温になってしまっているかもしれません。そんな低体温に陥ってしまってしまう原因や現れる症状や原因はどのようなことが考えられるのでしょうか。今回は「猫が低体温のときに見られる症状」についてご紹介させていただきます。

3029view

猫が低体温になる原因

暖かい布団の中でくつろぐ二匹の子猫

猫の平熱はおよそ38℃くらいとなっており、人間よりも高めだと言われています。

猫を触ると「温かい」はずなのに、自分と同じくらいであったり、それよりも冷たかったりすることはありませんか?もしそんなことがあれば、猫は「低体温」になってしまっている可能性があります。

では、猫が低体温になってしまう原因はどのようなことが考えられるのでしょうか。ご紹介させていただきます。

1.寒いから

猫は寒さに弱い動物でもありますが、過ごしている環境の気温が低いと「低体温」になってしまうことがあります。

成猫であったとしても、長時間気温の低いところにいると、体温が平熱よりも下回る「低体温症」になってしまう可能性があります。

2.怪我をしているから

猫は怪我をしているとき、低体温になりやすいです。なぜなら、怪我をしているところを「治癒」させようと体が働くからです。そうなると、保温機能や暖かくするための熱の生産が減少してしまうのです。

3.子猫、老猫だから

子猫や老猫はうまく体温調節ができないために、低体温になりやすいです。

子猫の場合、体重は軽いのに体の表面積は大きいために「体が放つ熱」が多くなってしまい、低体温になりやすいと言われています。

老猫の場合は、成猫よりも産熱能力が劣ってしまうことが原因で、低体温になってしまうことがあります。また老猫の場合は37℃後半と、平熱が若い頃とくらべ下がる傾向があります。

猫の低体温で見られる5つの症状

こちらを見つめる猫の顔アップ

猫が低体温になっていると、体調のためにも 早めに気が付いて飼い主さんが対処をしてあげたいですよね。

では、猫が低体温になっているときどのような症状があるのでしょうか。いくつかご紹介させていただきます。

1.元気がなくなる

顔を伏せる猫

猫が低体温になってしまうと、ぐったりとして元気がなくなるのが症状としてあげられます。触ったときにいつもより冷たく、そして餌を入れても来なかったり、あまり動いたりしている様子がなければ、低体温になっていることを疑うようにしてください。

2.ブルブル震える

眼を閉じてじっとする白猫

低体温になってしまうと、全身をブルブルと震わせる症状が出ます。人間が寒いときに体が震えるのと同じで、猫もこのような症ぐったり状が出たときには低体温になっていますので、温めてあげられるような早めの対処が必要です。

3.心拍数が減少する

両手を伸ばして寝る猫

猫が低体温になると、心拍数が少なくなります。通常猫の心拍数は1分間に「140〜220回」です。しかし、低体温になればなるほどその心拍数は減少し、重度の「低体温症」になっているときは、心音が聞き取れなくなってしまうこともあります。

4.低血圧になる

椅子の上でぐったりする猫

猫は低体温になると、心血管系に異常をきたらします。低体温によって心拍出量が低下すると、低血圧や不整脈になってしまうこともあるのです。

5.意識障害が起こる

眠る猫

猫の低体温が進んでしまうと「重度低体温症」になってしまい、意識障害が起こります。そうなれば、ぐったりしてボーッとしていたのに意識が朦朧としだし、「昏睡状態」になってしまうこともあります。

まとめ

ブランケットをかけて眠る猫

猫の平熱は人間よりも高めで、38℃くらいです。その平熱の体温を下回っていると、猫は「低体温」になってしまっている可能性があります。

猫が低体温になっているときには、

  • 元気がなくなる
  • ブルブル震える
  • 心拍数が減少する
  • 低血圧になる
  • 意識障害が起こる

などの症状が出ます。

猫が低体温にならないよう、こまめに猫の様子をチェックして、普段から部屋の温度を上げて温めるなどして予防するようにしてくださいね。