ラガマフィンの子猫をお迎えする方法や費用、飼い方まで

ラガマフィンの子猫をお迎えする方法や費用、飼い方まで

ラガマフィンの子猫を飼いたい場合、どのくらい費用がかかるのか。そして、どこで購入できて、どのように育てれば良いのか。そんなラガマフィンの子猫に関する基礎知識を詳しく紹介していきます。ラガマフィンの購入を検討している方は必見ですよ。

2181view

ラガマフィンの子猫をお迎えする方法・価格

ラガマフィンと紫の花

ふわふわの毛を持ち、ラグドールと似た部分を多く持つ猫の品種、ラガマフィン。今回はそんなラガマフィンの子猫をお迎えする方法や、ラガマフィンの特徴、ラガマフィンの子猫を飼う際のポイントなどを詳しく解説していきます。

里親

里親募集というと、雑種の猫しかいないイメージを持っている方もいるかもしれませんが、よく探してみるとラガマフィンの子猫の里親を募集していることもあります。「やむを得ない事情で、飼っていたラガマフィンを手放すことになった」という人から猫を譲り受けることもできるのです。

もちろん、タイミング次第ではラガマフィンの里親募集を行っていないこともあるので、今すぐに飼いたいという希望がないのなら、根気よく探してみるのもよいでしょう。

ただし、ラガマフィンの子猫を募集している確率はかなり低いと思っておいた方が良いです。里親募集でラガマフィンを見つけた場合は、かなり低い金額猫のワクチン代や、猫を受け取りに行くための交通費のみ等で譲り受けることができます。

ブリーダー

ラガマフィンのブリーダーも、日本全国にたくさんいます。ブリーダーのところからラガマフィンの子猫をもらう場合は、ペットショップよりも比較的安い金額で済むことが多く、約15~28万円程度の価格で販売されています。

以下のサイトでは、ラガマフィンのブリーダーの中でも特に評価の高いブリーダーを紹介しています。どのブリーダーも安心できるところばかりなので、ラガマフィンの子猫が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

ペットショップ

ペットショップにいるラガマフィンの子猫は、約20~35万円の価格で販売されていることが多いです。ペットショップは、ブリーダーから猫を預かって販売しているケースが多いため、どうしても費用が上乗せされるといった特徴があります。

ラガマフィンとは?

ラガマフィンは、ラグドールが元になって生まれた猫の品種です。ラグドールが誕生した経緯は少し複雑なのですが、端的に説明すると以下のようになります。

誕生の経緯

1. アメリカのベイカーという人物が、最初にラグドールという品種を生み出した。
2. ベイカーは「ラグドールの繁殖をする人は、フランチャイズ契約を結ぶように」というルールを決めてしまう。
3. それに反発した人たちがベイカーの元を離れ、新たに生み出したのがラガマフィン。

というわけです。

ラガマフィンの定義

ラグドールは白っぽい毛にブルーの目という定義がありますが、ラガマフィンの場合は特に色の定義などはなく様々な毛色や目の色をした猫がいます。

ラガマフィンの子猫の飼い方

青い瞳のラガマフィン

ラガマフィンの子猫の育て方は、基本的には他の品種の子猫を育てる方法と一緒です。「ラガマフィンの子猫だから○○しなきゃいけない!」といった特有の決まり事はありませんが、以下のような点に注意して子猫を育てるとよいでしょう。

いたずらに注意

「ラガマフィン」という名前はいたずらっこボロボロの服をまとった子という意味が込められています。その名前の通り、ラガマフィンの子猫はとっても好奇心旺盛でいたずら好きな傾向にあるのです。

気がついたら飼い主さんの物を壊していたり、人間用の食べ物をつまみ食いしようとすることもあるためいたずらされたくない物は、猫の手の届かない場所に保管するといった工夫が必要になります。

こまめにブラッシングしてあげる

ラガマフィンは長毛種の猫です。子猫の時からふわふわの毛で覆われているため、毛が絡まらないようこまめにブラッシングしてあげましょう。週に2~3回程度のペースでブラッシングしてあげると、ふわふわで綺麗な毛を保つことができます。

ラガマフィンの子猫の特徴

白い毛のラガマフィン

ラグドールは白っぽい毛にブルーの目という明確な決まりがありますが、ラガマフィンの場合は見た目の特徴に関して決まりがとても緩く、ラガマフィンの両親から生まれたのであれば、基本的にどんな毛色でもラガマフィンの子猫として認定されます。

同じラガマフィンの子猫同士でも、猫によって毛の色がバラバラというのはとっても面白い特徴といえますね。

ラガマフィンの子猫の性格

ソファーでまったりするラガマフィン

ラガマフィンの子猫を育てるのであれば、ラガマフィンの性格についても把握しておく必要があります。ラガマフィンの可愛らしい性格を知れば、ますますラガマフィンが欲しくなってしまうかも!?

甘えん坊さん

ラガマフィンは人懐っこくて甘えん坊さんな一面を持っています。飼い主さんに抱っこしてもらったり、一緒に遊んでもらうことが大好きなラガマフィンの子猫も多いんですよ。

子猫の頃からラガマフィンを育てれば、きっと飼い主さんになつきやすい猫に育ってくれるのではないでしょうか。

好奇心旺盛で活発

先ほどもチラっと紹介したように、ラガマフィンは好奇心旺盛な猫。子猫の頃は特に活発で元気よく動き回るため、猫用おもちゃなどを使って子猫をたくさんかまってあげると、ラガマフィンは喜ぶ傾向にあります。

まとめ

真っ正面を見るラガマフィン

ラガマフィンは、とても魅力のある可愛らしい猫です。ラグドールに比べると数多くの毛色の猫がいるため、ラグドールよりもラガマフィンの方が好き!という人もたくさんいます。

ラガマフィンの子猫をお迎えしようか迷っている方は、ぜひ今回紹介した内容を参考にして頂けると嬉しいです。