猫は飼い主が悲しんでいるのが分かる?

猫は飼い主が悲しんでいるのが分かる?

猫が、いつもと違う飼い主の様子に反応するのはなぜでしょうか?猫は大きな音や声だけに敏感になると思っていませんか?意外にも、猫は悲しむ飼い主が分かるのかも知れません。

3645view

猫は飼い主が悲しんでいるのが分かるのか

女性の鼻を舐める猫

猫には社交性がある

三匹の猫

猫を飼っている人は、猫の意外な一面を知ることが多いかも知れません。

猫は人間とコミユニケーションがとれる動物なのです。

つまり猫は、飼い主の悲しみが分かる動物なのです。

クールで気まぐれな猫は、とても社交的な動物で小さな変化にも気づくことができる、心の持ち主が多いのです。

猫が飼い主さんの、いつもと違う様子を敏感に感じる事ができるのは、飼い主さんの行動や表情を常に観察しているからでしょう。

飼い主さんが悲しんでいたり泣いていると、飼い主さんを励ましたり、同じように不安になってしまうのです。

飼い主が悲しんでいる時の行動

女の子と猫

猫の脳は人間と同じ感情を持つと言われています。

人間の2歳半くらいの脳と言われていますが、実際猫の行動は、それよりも優れた脳を持っているのではないかと思います。

飼い主さんの感情に合わせて、猫も微妙に行動を変えることがあるようです。

猫は飼い主さんが悲しんでいたり、落ち込んでいると、頭を擦り付ける仕草が多く見られたり、そばに寄ってきて寄り添う事をします。

また、泣いている飼い主さんの涙を舐めてくれることもあるのです。

猫が飼い主の涙を舐める理由

下を出す子猫

涙が光っていて興味がある

水道水を飲む猫

飼い主さんが泣いていると、「猫が涙を舐めて慰めてくれた」という経験があると思います。

なぜ猫は涙を舐めてくれたのでしょうか?

もちろん、飼い主さんを励ましたい気持ちがあるのです。

しかし猫から見る飼い主さんの涙は、光る水滴に見えているのです。

流れる光る水は猫にとって蛇口の水に感じてしまっているのです。

つまり飼い主さんが涙を流してしまうと、猫は「キラキラ光る水が流れている」と言う風な興味を持つからと言えるのです。

いつもの飼い主に戻ってほしい

男の子と猫

猫が自分以外の動物を舐める行為は、関係の深さにあります。

大切な存在や好意のある相手を舐めて交流を深めます。

飼い主さんが泣いた時に猫が舐めてくれるのは、猫が心配しているからと考えられます。

舐めることで、相手を励まし安心させてあげているのでしょう。

「いつもの飼い主さんに戻って」「大丈夫?」などと元気づけてくれているのです。

飼い主が悲しい時に近くに来る理由

こちらを向く子猫

不安な気持ちから気になる

下を向く猫

猫は飼い主さんが悲しんでいると不安な気持ちになります。

どうして良いかわからず、そわそわしてしまいます。

飼い主さんの様子が変だと気づいたら、不安になり近くに来て様子を伺おうとします。

猫同士でも猫の様子がいつもと違うと、必ず寄っていくのです。

猫はいつも通りの生活を望むので、異変をとても感じやすく、同じように不安で悲しくなってしまうのでしょう。

生きているか確かめようとする

片手をあげる猫

飼い主さんが悲しんで肩を落としてしまうと、生きているのか確かめようとします。

飼い主さんの動きが止まると、猫は状況を確認しようとする習性があるのです。

「生きてるのか?死んでるのか?」とゆっくりと近づいてきます。

クンクンと匂いを嗅いで確かめたり、手でちょいちょいとして見たりするのです。

そばで寄り添えば心強いから

女性と猫

猫は感情が豊かな動物でもあり、弱ってるものに気を使える動物なのです。

感情が豊かな分、弱っているものを放っておけないのでしょう。

そばに寄り添いたい気持ちや、心強い気持ちになると思うのです。

夜中に猫が目を覚まして、寂しくなり同じ寝床に入る事がよくあります。

猫は単独よりも団体でいる方が不安も消え、心強い気持ちになるのだと思います。

まとめ

鼻を舐める猫

猫は飼い主さんが悲しんでいるのをわかります。

きっと、どんな動物よりも敏感に感じやすいのです。

落ち込んでいる姿や、しくしく泣いている姿を見てどうして良いかわからずに、不安になってしまいます。

猫は飼い主さんに、いつも通りに戻ってほしい気持ちや、元気になってほしい気持ちでそばに寄ってくるのです。

悲しむ飼い主さんを放っておけないのは気になるから、興味があるからと言う好意的な意味合いがあるからだと思います。

20代 女性 匿名

たまたまかもしれませんが、うちの子も心当たりがあります。
遊んでと噛んでアピールしてくる時間帯なのに、私が体調悪いのを察して、一人遊びをしたり、邪魔にならないところでピタッと身体を寄せてきたりします。
そして持病の痛みで思わず涙が出てしまった時も、家族の誰よりも早く察し、私の顔を覗き込み、手を軽く甘噛みをして反応を伺ってきて、私が反応出来ずに苦しんでいると...普段とは違う鳴き方と大きな声で、家族を呼びに行ってくれました。
本当に助けられています。心の支えでもあり、なくてはならない存在です。