大変!多頭飼いの我が家で『猫風邪』が大流行!我が家のエピソード

大変!多頭飼いの我が家で『猫風邪』が大流行!我が家のエピソード

先日、季節の変わり目に我が家の猫たちの間で猫風邪が大流行しました。我が家は21歳のおじいさん猫を筆頭に、下は生後3か月の子猫まで総勢9頭の猫たちの多頭飼いです。多頭飼いの我が家が猫風邪大流行時に行った事をご紹介したいと思います。

1117view

猫風邪とは

ジンまるとドルマ

猫がくしゃみや鼻水、咳など人間の風邪のような状態になっている事を一般的に猫風邪と言います。そもそも風邪という病気はありませんので、ウイルスなどの病原体によって呼吸器や目などに炎症がおこり、風邪のような症状が現れるのです。

猫風邪の主な症状

くしゃみ

我が家の猫たちも全員がくしゃみをしていました。鼻水を伴ったくしゃみを何回もするのが猫風邪としての特徴です。

鼻水

鼻水もみんな出ていましたが、風邪の引き始めはサラッとした鼻水で、症状が進むにつれてドロッとした白っぽい鼻水に変わった子もいました。
また、鼻水が慢性化してしまうとサラッとした鼻水が続く場合もあるそうです。

鼻づまり

どの子も鼻詰まりがありました。鼻水が固まって鼻の中にとどまるので、口を開けて口呼吸をしていました。そんな状態の時には嗅覚も鈍くなるようで、ご飯の時に食欲が落ちた子もいました。

発熱

38度台が猫としての平熱なので私たちから考えると結構高いのですが、風邪の症状の時にはもっと高くなるようです。39.5度を超えると発熱している状態だと考えるようです。40度を超えるような高熱が出る事もあるみたいですね。
我が家の猫たちも発熱をした子もいて、食欲がなかったり耳や鼻が熱かったりしました。

咳も猫風邪の症状としてあるようですが、我が家の子たちで咳をしていた子はいなかったです。咳もタンが絡んだような咳だったり乾いた咳だったり様々だそうです。さらに咳に伴い呼吸困難がみられる場合は肺炎の疑いも考えられるそうです。

結膜炎・角膜炎

結膜が赤く充血したり、涙が出たり、目のかゆみや痛みの症状もあります。涙はほとんどの子が出していましたが、結膜が充血してしまった子は少なかったです。結膜が充血した子は目やにも多くなっていました。

口内や舌の炎症

口内や舌に炎症を起こしてよだれをたらす子もいるようですが、我が家ではその症状は見られませんでした。

声がかすれる

猫にも風邪声があるんだなと感じた症状がありました。これも人と同じでのどの炎症によって声がかすれたりのどの痛みにつながるようです。

猫風邪は病院に行くべき?

ハスク

猫風邪は病院に行くべきなのか、正直迷う所ですよね?私たちが風邪を引いたとしても温かくして栄養を取って安静にして・・・といった事を考えてあまり病院には行きません。

インフルエンザやほかの疾患が考えられる場合は別ですが、私たち自身が風邪を引いた時には自分で治そうとしてしまいます。

しかし猫の場合は一般的にはたかが風邪だと思わないで、一度病院で診察してもらう方が安心です。猫風邪だと思っていたが、実はほかの疾患が潜んでいたなどという事も考えられますし、何よりも病院に行けばある程度猫風邪によって引き起こされている症状をやわらげてもらえる可能性がありますので。

猫風邪の時の自宅での過ごし方

とにかく安静が一番です。我が家の猫たちは次から次へと感染が広がっていったのですが、具合の悪い子は一人になれるところを見つけてずっと隠れていました。具合の悪い時には食欲が落ちたためご飯を食べなかった子もいます。

私は部屋の中を温め換気を頻繁にし、空気を入れ替える事を意識しました。また乾燥しないように注意もしました。部屋の中の温度と湿度は、なるべく一定に保つように努力をしました。その甲斐あってか現在は全員回復しています。

担当獣医師の話

チビちゃん

我が家の猫や犬がお世話になっている獣医師の話です。

多頭飼いのため、動物病院に行く回数は通常よりも多いです。しかし、今回の猫風邪大流行の時には誰も動物病院には連れて行きませんでした。取りあえず私だけ病院に伺って院長先生に意見を仰いだのですが、一番大切な事は猫たちの自己治癒力で猫風邪の症状を改善する事です。

病院では、内服薬や注射、点滴など様々な治療方法で症状の改善を図る事が可能ですが、すぐによくなる子もいれば何度も繰り返してしまう子もいます。やはりその子の持つ体力や様々な要因でいろいろな結果が出てくるのです。

こんな時はすぐ病院へ

しかし、子猫や老猫などもともと体力がない子は悪化する事もあるので、そうなる前にすぐに連れてきてください。とおっしゃっていました。

さらに、私のところの子たちはみんなが成猫で混合ワクチンを接種しています。ワクチンを接種していても猫風邪はひくのですが、別に疾患がなければ命にかかわるような症状の悪化を防いでくれます。

極端に食欲が落ち、全く食べられない日が続いたり呼吸困難などを起こしていないようならば、通常は2週間ほどで猫風邪の症状は改善の方向に向かうので、様子を見ていても大丈夫だと思います。

症状が悪化したり極端に長引いたりしたらすぐに連れてきてくださいね、とのことでした。

まとめ

アユちゃん

猫風邪は一度かかると治りにくく繰り返すと言われています。原因もウイルス感染やストレスなど様々です。そのような事からも、愛猫を守るためにワクチン接種や健康管理は徹底して普段から免疫力の高い子を育てていきましょう。

また、今回我が家はどの子も病院にかかる事なく回復しましたが、すべての猫さんたちに今回の事が当てはまるわけではないので、治療方法は猫さんたちの状態をよく観察して判断してあげてください。

人気のキーワード