飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

4件の書き込み

  • 1:百日紅 女性 2017/12/01 20:47 [通報]

    猫とビールと言えば有名な小説に出てくる猫を思い出しました。ビールで酔ったことで最期を迎えてしまいます。この話だけなら物語として考えることができますが、実際は猫にとってビールはとても危険な物だということを忘れてはいけませんね。動物だから危険な物は口にしないだろうという考えも良くないですよね。猫を飼ってみて感じたのは、人間が思いもよらない行動をするということです。ちょっと目を離したすきに何をするかわかりません。若い猫なら好奇心でいろいろなことに挑戦しようとするかもしれませんよね。
    少量飲むことで命が危険な状態になってしまうかもしれないので、ビールなどのアルコールや食品の管理は徹底しないといけないとこの記事を読んで改めて思いました。
  • 2:かえで 女性 40代 2017/12/01 22:23 [通報]

     ビールを猫ちゃんに飲ませてはいけないことを意外と知らない人が多く、病院実習にいった時も何回か患者さんで運ばれてきました!
     猫ちゃんと晩酌がしたかったといっていた飼い主さんは、猫ちゃんにふたくちビールを飲ませたところ吐き出してふらふらになり、倒れてしまったと連れてこられました。その猫ちゃんには軽く胃洗浄をして元気になり、帰られましたが飼い主さんは、厳重注意を受けていました!
    猫ちゃんには食べてはいけないものもありますし、飼い主がしっかりと管理をして気をつけてあげなければなりません!連れてこられた患者さんの中には、助からなくて亡くなったねこちゃんも、いましたがなんだかかわいそすぎました。アルコール中毒は本当に怖いのでしっかりと気を付けましょう。
  • 3:ママにゃん師走 女性 40代 2017/12/02 23:51 [通報]

    「一緒にお酒を傾けれたら」と夢見てしまうこともありましたが当然危険ですよね。
    各々生き物により消化出来る物、毒になってしまうもの等絶対に違いますし、アルコールは人間でも体重により消化の時間が変化します。猫ちゃんの体重は人間の体重の14分の1くらいでしょうか。ビールの泡を舐めるだけでも症状は出てしまいますよね。
    アルコールの入った缶等、後でと思わないですぐに片付けなければと痛感いたしました。
    猫ちゃんの喜ぶマタタビは今だ使ったことはありませんが、飼い主の責任で使い方や分量を守ることが大切なのだと思います。

    アルコールと言えば、ウエットティッシュや除菌のジェルなどもそうですよね。
    猫と生活を共にするようになってからは使用しなくなりました。
    ちょうど愛息子の病院検診時にこの記事を拝見しましたので、かかりつけのお医者様に伺ってみましたら、揮発性があるので基本は全く問題ないとおっしゃってました。ただし、ジェルを手にたっぷりつけている最中に舐めてしまうのは良くないようです。好奇心おう盛な猫ちゃんですと注意が必要かもしれませんね。
    改めて、身の回りを見直さなければと思いました。
  • 4:さおり 女性 40代 2018/10/29 23:13 [通報]

    猫ちゃんにビールを絶対に与えてはいけませんね。
    従兄弟が昔、面白半分で猫ちゃんにビールを舐めさせたところ、昏睡状態に陥りまして、危険な状態になりました。
    それからは、反省をして従兄弟自身もお酒を飲まないようになりました。
    すぐに、急性アルコール中毒になってしまうので、かなり注意が必要ですね。
書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。