雌猫もマーキングをする?原因とやめさせる方法

雌猫もマーキングをする?原因とやめさせる方法

雌猫もマーキングをする事があるのでしょうか?雄猫にしかないと思っていませんか?マーキングスプレー行為をされると、においがきつくて困る原因です。雌猫がマーキングをするのは、どんな時か原因とやめさせる方法をまとめました。

844view

雌猫もマーキングをする?

階段の手すりにマーキングする猫

雌猫もマーキングをする

ずはりマーキングは、雌猫もします。マーキングと言うと、雄猫のイメージが強いですが、雌猫にも見られる行為です。

猫のマーキングは、自分の縄張りににおいをつけるためにする、スプレーとフェロモンがあります。スプレーは、人間にも分かるとても強いにおいで、フェロモンは、人間には感じられないにおいなのが特徴です。

マーキングで自己アピールをしている

雌猫はマーキングにより、肉球からにおいのフェロモンを出して、爪とぎをします。「元気な猫がいるぞ」「よそ者は来るなよ」と言う縄張り意識の気持ちで激しく爪をとぎます。雌猫のマーキングは、テリトリーを守る自己アピールをする行動です。

マーキングで好きな人や物ににおいをつける

雌猫がマーキングをする理由は、飼い主さんやほかの猫に自分のにおいをつけるのです。タンスの角などの固い物に、頭や体を擦り付けるマーキングをします。

雌猫の、頬や顎から出る分泌線から、においを出しているのです。白の毛の猫の頭に、ちょっと色がついているのは、マーキングによるにおい付けからのようです。

雌猫がマーキングをする原因

カーペットの上でおしっこをした猫

避妊手術をしていない

猫のスプレーと言われる尿は、濃くてとても匂いがきつく、一度つくと取れないほど強烈と言われます。雌猫がマーキングスプレーをする原因は、避妊手術をしていないのもひとつです。

雄猫に比べてスプレー行為は少ないですが、同じ所に何度もする習性があります。

マーキングをするのは不安がある

雌猫がマーキングをする原因は、何か不安な気持ちを抱えているから起こる行動でもあります。縄張りを守ろうと必死ににおいをつけたり、飼い主さんの足にまとまり着くようにスリスリしたりしてくるのです。

知らないにおいに、自分のにおいをつけるのもマーキングです。知らないにおいは、猫にとって不安になる原因です。

マーキングをするのはストレス

雌猫がマーキングをするのは、過度なストレスがあると言います。自分のにおいをつけたり、フェロモンを撒き散らしたりして縄張りを確保しようします。

雌猫のマーキングスプレーもストレスからくるようです。好きな相手に冷たくされたり、構ってくれなかったりすると、布団や毛布でスプレーすることがあります。トイレが汚い理由でも、スプレーをすることがあります。

マーキングは甘える行為

雌猫のマーキングは、好きな人に甘える行為でもあると思います。私の飼っている雌猫が、マーキングのような行動をよくとります。

雌猫に話しかけると、私に頬をスリスリさせて甘えてきます。大好きな雄猫にも頬をスリスリさせて引っ付いていきます。自己アピールと、甘える二つの気持ちが重なっているような気がします。

雌猫のマーキングをやめさせる方法

術後服を着て座る猫

雌猫の避妊手術

発情期になると、雌猫のマーキングスプレーや、体を床に擦り付ける行動が目立ちます。甘えるような声で鳴いたり、雄猫を誘おうとしたりする行動も見られます。

雌猫の避妊をすると、そう言った行為をやめるようになります。布団や毛布にマーキングスプレーをやめさせるには、雌猫に避妊手術をするのが効果があると言います。

マーキングのにおいをとる

雌猫のスプレーによるおしっこは、においを残そうとする強いアンモニア臭があります。一度つくと取れにくく、においが残っていると同じ所に上からにおいをつけます。

雌猫がマーキングスプレーをしたら、すぐににおいの痕跡をとることです。消臭効果のあるスプレーや柑橘系のスプレーを使い、雌猫からマーキングスプレーの記憶をなくします。

雌猫がマーキングしやすい所に、スプレーをしておくのもやめさせる方法です。

雌猫の変化に気づいてあげる

雌猫のマーキングは、猫にはとても大切な行為です。人間には分からないにおいを発しているのは、ストレスを守ろうとする行動かも知れません。

急にマーキングやスプレーをするようになったなら、雌猫の心境変化に気づいてあげることです。雌猫に、ストレス問題がないかを察知してあげ、マーキングによるスプレーを防止しましょう。

雌猫のマーキングについてのまとめ

人に顎を撫でられて嬉しそうな猫

雌猫のマーキングには、スプレーとフェロモンの2通りのにおいをつける行為があります。特に雌猫に多いのは、フェロモンからにおいをつける方ですが、雄猫に比べると範囲も頻度も少ないのですが、スプレーをする雌猫もいます。

雌猫にマーキングスプレーをされると、フェロモンとは違うにおいが部屋の中に残ります。スプレー行為を防止するには、避妊をすることが大事です。

避妊手術は、他にも発情期に起こるストレス行動や、病気も防ぐのでしておいた方が良いと思います。

また、雌猫マーキングは発情期だけでなく、急にし出したりすることもあります。においをつけて縄張りを守ろうとする行動で、不安、ストレス、トイレが関係している場合もあります。

雌猫のマーキングがあまりにも酷いようなら、原因を追求してやめさせるようにしましょう。

人気のキーワード