木酢液を猫避けに用いる方法と注意点

木酢液を猫避けに用いる方法と注意点

木酢液を猫に用いると猫避け効果があることをご存じですか?猫に木酢液を用いるときには安全な方法や注意点を踏まえて野良猫に使いたいですよね。そこで今回は「木酢液を猫避けに用いる方法と注意点」についてご紹介させていただきます。

12898view

木酢液を猫避けに用いる方法

植木にいる猫

木酢液を猫避けに用いる方法はどのようにすれば良いのでしょうか。木酢液が猫避けに効果があると知っていても実際に使うとなれば安全な使い方がわからないという方もいらっしゃると思います。

そこでここでは、木酢液を猫避けに用いる方法についてご紹介させていただきます。

猫避けに使われる忌避剤にある「木酢液」、木酢液は竹などの樹木を焼いて発生した煙を精製し、木の成分を濃縮したものです。

木酢液は猫避け対策として販売されていることは少なく

  • ガーデニングの肥料
  • ガーデニングの害虫対策

などとして木酢液は販売されています。

猫避けに用いる木酢液は濃縮されたものではなく、薄めてあるものを使うと簡単、そして安全に使うことができます。

具体的な使い方としては、野良猫が通る道や庭、ガレージなどにスプレーをするだけです。植物成分の木酢液であれば、人体にも影響がなく安心して使うことができます。

木酢液は雨が降ると臭いが弱くなるので効果がなくなったり、時間がたてば臭いがなくなってしまうことがデメリットではありますが、いつでもすぐに木酢液を吹き掛けるだけで猫避け効果を発揮するのでおすすめです。

木酢液を猫避けに用いる際の注意点

スプレーをする手

木酢液を猫避けに用いる際の注意点はどのようなことがあるのでしょうか。木酢液を猫避けに用いる際には、人間にも野良猫にも安全に使用をしたいですよね。

そこでここでは、木酢液を猫避けに用いる際の注意点についてご紹介させていただきます。

木酢液の毒性の有無

猫避けの木酢液を使うときには「害がある」と言われることもあるので、毒性のないものを選ばなくてはいけません。

猫避けに木酢液を使うときほとんどの場合が植物成分で安全だと言われています。しかし、木酢液に「木酢タール」「木酢原液」が含まれているときには強い殺菌効果があるので猫避けに使う量には気を付けなくてはいけません。

毒性があるにも関わらず使用を続けていると、人間だけでなく野良猫への体にも負担になってしまいます。また木酢液には、まれに「ホルムアルデヒド」が含まれていることもあります。

猫避けの木酢液にホルムアルデヒドという化学物質が含まれていると発ガン性があるので、木酢液の使用をしている人間にも悪影響があると言えるでしょう。

猫避けに使う木酢液は臭いがキツい

猫避けに使う木酢液は臭いがキツいということをきちんと把握しておくことが大切です。やはり木酢液というだけに、燻製のような独特な臭いがします。

小さな子供がいる自宅の庭であれば、体調などを心配になってしまうこともあるかもしれません。ですので、事前に少量で試してみるなど、臭いのキツさを把握しておくことも大切でしょう。

木酢液は希釈して使用をする

猫避けに木酢液を使うときには希釈して使用をしなければいけません。木酢液は濃縮されたものが多く販売されていますが、もしそのままで使用をしてしまうと酸性度が高いので葉焼けなどの原因になってしまうこともあります。

ですので、猫避けに木酢液を使うときには5~10倍に水で薄めて吹き掛けるようにしてください。また、木酢液を購入したときには使用方法を必ず確認するようにしましょう。

猫避けに効果のある木酢液以外のもの

不機嫌な猫

猫避けに効果のある木酢液以外のものはどのようなものがあるのでしょうか。猫避けに効果のあるものは木酢液以外でも使ってみたいですよね。

そこでここでは、猫避けに効果のある木酢液以外のものについてご紹介させていただきます。

猫避けにハイター

実は自宅にあるハイターを使っても猫避けの効果があります。ハイターを5~10倍程度に水で薄め、自宅のガレージ、庭、植木に吹き掛けておきましょう。

猫避けに重曹

重曹は猫の糞尿などをした場所に使うことで消臭効果があります。直接粉を振りかけるのではなく、水と混ぜて被害の多いところにかけておくと効果があります。

猫避けにシャンプーや、はみがき粉

シャンプーやはみがき粉も猫避け効果があります。これらのようなものを水に薄めてスプレーで吹き掛けておけば、木酢液と同様の効果があります。また、唐辛子を撒くのも1つの手段です。

猫避けに柑橘系のスプレー

猫はレモンやオレンジなどの柑橘系の臭いが苦手です。野良猫の糞尿被害が酷いときなどは、柑橘系の臭いがするスプレーを吹き掛けておくと良いでしょう。

猫避けに超音波猫避けセンサー

超音波猫避けセンサーは、猫避けグッズの中でも特に人気のある商品です。猫は高い音を聞き取る力が優れているので、これを利用して猫避け対策をしてみてください。

猫避けにスプリンクラー

庭先に限定されてしまいますが、猫避けにおすすめなのが「スプリンクラー」です。猫は水が大の苦手なので、スプリンクラーで水が出ていると庭先に近づくことができなくなります。

庭先で猫の糞尿被害が酷いときには実践してみてください。

まとめ

こちらをみている猫

糞尿被害が酷いときなどに猫避け対策として使えるアイテムが「木酢液」です。木酢液は、猫避け対策として販売されていることは少なく

  • ガーデニングの肥料
  • ガーデニングの害虫対策

などとして木酢液は販売されています。木酢液を用いれば猫避け効果が絶大にありますので是非使ってみてくださいね。

スポンサーリンク