猫がドライフードを食べてくれない!対策できる2つの事

猫がドライフードを食べてくれない!対策できる2つの事

猫にはドライフードは、味気ないのでしょうか?何でも選ばずに与えられたご飯を食べてくれる猫もいれば、選り好みする猫もいます。ドライフードを食べたがらない猫の気持ちや対処法をまとめました。

2086view

猫がドライフードを食べたがらない理由

ご飯の前で座るキジトラと白黒ぶち
  • 粒が大きい
  • パサパサして喉に引っかかる
  • 味が嫌い
  • フードを開封して時間が経過してる

ドライフードを嫌がる猫もいるようです。また、全く食べない訳ではなく食べたり食べなかったりする事もあります。粒が大きくて、食べるのが苦手な猫もいます。

水分量が少ないので、喉に引っかかり飲み込みにくい事が理由のひとつです。そして、ドライフードの味が薄かったり猫の好みの味ではないのも理由のひとつです。

一度開けると、匂いも味も薄れていくので猫が食べたがらない理由なのかも知れません。また、味に飽きている事もあります。

キャットフードの種類

  • ウエットタイプ =缶詰、パウチなど(水分量75%程度)
  • セミモイストタイプ=半生(水分量25~35%程度)
  • ドライ·ソフトドライタイプ=カリカリ(水分量10~35%程度)

キャットフードの種類は上記のように水分の含有量により分けられます。

ドライフードを選ぶ理由

ドライフードは、栄養バランスが優れている事や保存性などから、衛生面でも扱いやすいとされます。

ウエットタイプや、セミモイストタイプはドライフードよりも水分が多く、食感や味がいい為猫が好みやすいのです。しかし、それらは総合栄養食でないものが多く日々の主食にはできないと言われています。

猫が食べてくれるようにする対処法

ご飯を食べるキジトラと茶トラ白

1.ドライフードをふやかす

ドライフードをどうしても食べない猫には、ドライフードにお湯を入れてふやかしてみましょう。温められたフードは香りが強く出ますので、グルメな猫ちゃんでも食べてくれる可能性もありますよ!それでも駄目な場合はふやかしたキャットフードに、ウェットフードを混ぜて与えてみましょう。

ウェットフードだけ与えても問題はありませんが、継続して与えるのはおすすめしません。ウェットフードはカロリーが高い物もありますのでそればかり与えるのは、猫の肥満に繋がりますのでどちらも食べられるようにしておく事が大切です。

2.味を変える

ドライフードの味に飽きていたり、食いつきが悪い時は味を変えてあげるのもいいと思います。

大きくて飲み込みにくそうな場合は、ドライフードを小さめの物にする、またはふやかしてあげると食べやすくなると思います。ドライフード自体が苦手な猫には、ササミでとったゆで汁を加えてドライフードにかけてあげると嗜好性が高まる可能性もあると思います。

まとめ

ドライフードを食べる猫

猫がドライフードを食べたがらない理由は、猫に聞かないと分かりませんが、色んな方法を試してみると解決法があると思います。

カリカリは、色んな種類があり毛玉ケアや、病気など室内猫用に考えて作られている物が多いです。

飼い主としても猫にドライフードを食べてもらいたいと思ってしまいます。ドライフードでも、味の風味を落とさない使い切りタイプもあるのでそれも試してみるといいかも知れません。

スポンサーリンク

人気のキーワード