猫の口臭の原因として考えられる病気とその対策

猫の口臭の原因として考えられる病気とその対策

愛猫の口臭を軽く考えて放置していませんか?猫はもともと無臭と言われていますが、最近では口臭がするといった猫が家庭にはよくいるそうです。実は、その口臭は病気のサインかもしれません。今回は猫の口臭の原因と対策、普段からの飼育管理について解説します!

1214view

監修:獣医師 加藤桂子先生

(伊達の街動物病院)

猫の口臭には原因がある

猫の口

猫の性質は、獲物を捕らえるのが本質なので、相手に自分の存在が悟られないように体臭がしないのが普通です。ですから、「口臭がする」とか、「最近うちの猫が臭くなった」というのは、異常な状態なので、何らかの対策をすぐに行う必要があります。

与えるエサで臭う事はあるのか

缶詰とか安いドライフードを日常的に与えても、猫の口臭が酷くなることはありません。成猫では一般的に口臭の原因は、歯に関する病気が考えられます。歯周病や、歯石・歯垢が付着してしまったり、一見キレイに見えても歯の奥のほうが膿んでしまっていたりすることがあります。

もちろん、口臭の原因が歯だけとはかぎりません。たとえば、腎臓病の子はひどくなってくるとアンモニア臭という独特の匂いが口臭として認識されるようにもなります。必ずしも歯だけではないという認識と勝手に判断して対応しないように気を付けましょう。

猫の口臭の原因は柔らかい餌

猫の口に指を入れている

どうしても血統が付いた猫以外に、貰ってきた猫とか拾ってきた猫、あるいは野良猫を家猫にするなどの場合、餌にあまり費用をかけたくない飼い主さんが多いです。それで、安い食いつきが良い餌を多く与えることが多いのですが、どうしてもそうした餌は、ソフトで猫が飲み込んでも消化しやすいように、非常に柔らかいものが多いです。

固いごはんは、歯についた歯垢や歯石を噛む際にとったりする効果もありますが、柔らかい餌は歯に残りやすくなります。

歯磨きの必要性

猫の口腔内環境には人のような虫歯になる環境はありませんが、食べる時にあまり唾液も分泌されないので、必然的に人工的な餌は歯にくっついた時にそのまま残れば歯肉炎や歯周病になりやすいのです。飼い猫においては、歯磨きは人と同じように必須であると考えるべきです。

猫の口臭の原因となる歯周病

歯ブラシを噛む猫

猫の歯周病は飼い猫では非常に多く、実際口臭が酷くて動物病院に連れて行くと、ほとんどの猫には歯石が確認されます。歯石は、歯に残った餌に雑菌が繁殖し、歯垢となり、それが石灰化したもので、一度歯についた歯石は物理的に器具で削り落とさない限り取れません。

この歯石がひどくなってくると、歯と歯茎の間に入り込み、歯の根元が膿んでしまったり、眼の下に穴が開いてしまったり、痛くてごはんが食べられなくなってしまったりなど症状がでてきます。歯周病が進行した猫の場合、この痛みで餌を食べるのが苦痛になり食欲廃絶の原因にもなるのです。

猫から口臭がする前に

歯磨きをする猫

口臭がする猫の場合、歯周病が進行している状態で発見されることも多いです。この時点で家庭で対策を行うことはまず無理です。動物病院で治療を行う必要があります。ですから、猫の飼い主さんは常に猫の口の中を観察する癖をつけましょう。

猫の歯の見かた

人でいう前歯は、猫ちゃんでは切歯とよばれていて、小さく上下に6本ずつあります。犬歯と呼ばれる牙は左右に2本で計4本、臼歯は上下合わせて14本です。歯石が比較的付きやすいのは臼歯の部分で、猫の横顔から片手で頭を押さえながら、口を閉じた状態で親指を使って唇を引き上げると観察できます。猫が熟睡している時などを狙って行うと良いかもしれません。

猫の口臭の元である歯石の処理

獣医と猫

普段のケアは飼い主さんが猫に歯磨きを行う事で、歯石付着を予防できますが、一旦ついた歯石は単純な歯磨きでは落とせないので飼い主さんが行うのはちょっと難しいです。年2回くらいは定期健診をした方がベストです。

口からよだれを垂らしていたら要注意

歯周炎を起こしている猫の場合、何でもない時によだれを垂らしている場合があります。また餌を食べる時に、片方の歯しか使わないなどの癖が見られる場合は、歯周病を疑った方が良いでしょう。あまりに進行した歯周病は抜歯する以外に治療は出来ません。歯石は茶褐色、歯周病は歯肉と歯の間が赤くなって炎症を起こしているので、一見してすぐわかります。

普段から猫に与える餌には充分配慮し、ある程度固いドライフードを与えるようにしましょう。

記事の監修

  • 獣医師
  • 加藤桂子先生
  • (伊達の街動物病院 )

日本獣医生命科学大学卒業。仙台市の動物病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

スポンサーリンク

人気のキーワード