猫の口臭の原因として考えられる病気とその対策

【獣医師監修】猫の口臭の原因として考えられる病気とその対策

愛猫の口臭を軽く考えて放置していませんか?猫はもともと無臭と言われていますが、最近では口臭がするといった猫が家庭にはよくいるそうです。実は、その口臭は病気のサインかもしれません。今回は猫の口臭の原因と対策、普段からの飼育管理について解説します!

6344view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

猫の口臭の原因

男の子と口臭のする猫

歯の病気

猫の口臭があまりにも気になるというときにまず疑ってほしいのが歯の病気です。その代表例がやはり歯周病です。歯周病とは歯ぐきに炎症が起こることで発生する病気で、進行すると歯ぐきの腫れ、歯が抜ける、などの恐ろしい症状を引き起こしてしまう病気です。

この歯周病の症状は歯ぐきの腫れや、歯のぐらつきといった症状の他にも、歯ぐきに菌が繁殖している状態であるため強い口臭を感じるようになります。

もし、最近口臭がきつくなったと感じるならば、一度お口の中をチェックしてみましょう。歯ぐきが赤くはれている、何となく歯がぐらぐらしているというならば、歯周病の危険性があるので十分に注意をしてくださいね。

歯石が溜まっている

歯石とは歯についた食べ残しや食べカスが歯にこびりついて石のように固くなっている状態のことです。この歯石や歯垢が歯に付着していると、口臭の原因となります。

また、口臭の原因となるだけではなく前述した歯周病の原因ともなりますので十分に注意をしましょう。歯を見たときに一見綺麗に見えたとしても、歯の奥のほうが膿んでいる可能性もありますので、デンタルケアはできれば小まめに行ってあげたほうが良いです。

腎臓病

口臭がキツイというよりはアンモニア臭のような独特なニオイがするという場合は、もしかしたら腎臓病を患っている可能性があります。猫は元々腎臓があまり強くないため、ちょっとしたきっかけで腎臓病を引き起こす可能性が高いのです。腎臓病を患った場合の主な症状は次のものがあります。

  • 多飲多尿
  • 元気減退
  • 食欲減退
  • 尿が出ない

腎臓病は命にもかかわるとても怖い病気です。口臭がキツイから腎臓病!というわけではありませんが、腎臓病を患うとアンモニア臭がすることもありますので、口臭に異変を感じたら上記のような症状がないか愛猫の様子をしっかりと観察してあげましょう。

ウェットフードは注意が必要

ウェットフードは歯の間にフードの食べ残しや食べカスが挟まりやすく、歯周病の原因になるという話を聞いたことはありませんか?実際に柔らかい餌は猫の歯に挟まりやすいので、歯垢になりやすくなりますが、トライフードを食べていても歯周病になる子はなります。

ただ、ウェットフードの方が歯垢になりやすいですし、ドライフードは歯垢や歯石を噛むことで除去してくれる効果も期待できると言われていますので、歯や口臭が気になるならばドライフードに切り替えたほうが良い場合もあるというのは覚えておきましょう。

猫に口臭がある時の対処法

歯磨きをする猫

歯磨きをする

口臭の主な原因はフードの食べ残しや食べカスが歯に残っているためです。そのため、口臭が気になりだしたならば歯磨きをしてあげるのは口臭の対処法として有効です。

もし、普段から歯を触らせてくれたり口の中に手を入れても問題のない猫であれば市販の歯磨きグッズなどを利用して歯磨きを行ってあげると口臭が解決することも。

ただし、歯磨きをすることに激しく抵抗する場合は怪我をする原因となりますので無理をしないようにしましょう。

ドライフードに変えてみる

ウェットフードを普段から与えているという方は、試しにドライフードに切り替えてみてはいかがでしょう?もし、ウェットフードの食べカスが原因となっている口臭ならば、ドライフードに切り替えることで解決するかもしれません。

最近では、猫の歯についた歯垢を落とすためのドライフードやデンタルケアのおやつも発売されていますので、可能であれば変えてみるのも良いのではないでしょうか?

病院にて治療をうける

歯垢がカチカチに固まって歯石になっている場合、それは機械で削ることでしか除去はできません。そのため、あまりにもひどい歯石だったり、歯石が原因で歯周病を引き起こしている場合は、麻酔をかけて治療を行わないといけない場合もあります。

また歯周病が悪化をして、歯がぐらぐらしている場合は歯を抜歯しなければいけない可能性も。

歯周病になってしまうと猫にとっても不幸ですし、飼い主様の負担も大きくなりますので、口臭に異変を感じたら早めに動物病院で診察をしてもらうことをおすすめします。

猫の口臭を予防する方法

指を噛む猫

口の中をチェックする

猫の口臭の原因は、歯垢や歯石が溜まり歯ぐきに炎症が起こることです。そのため、普段から口の中をチェックして口臭はないか、歯垢や歯石はないかというのを小まめにチェックをしてあげる必要があります。

猫の歯は人でいう前歯は、猫ちゃんでは切歯とよばれていて、小さく上下に6本ずつあります。犬歯と呼ばれる牙は左右に2本で計4本、臼歯は上下合わせて14本です。歯石が比較的付きやすいのは臼歯の部分で、猫の横顔から片手で頭を押さえながら、口を閉じた状態で親指を使って唇を引き上げると観察できます。猫が熟睡している時などを狙って行うと良いかもしれません。

ぜひ、普段から猫の口臭予防のために歯のチェックを習慣的に行いましょう!

歯磨きをする

やはり口臭予防で効果的なのが歯磨きです。猫ちゃんの多くは歯磨きを嫌がりますので、できれば子猫のころから歯磨きをする習慣をつけてあげましょう。そうすれば、成猫になっても比較的歯磨きを嫌がらずにやらせてくれます。

ただ、もうすでに成猫になっていて歯磨き嫌いな猫になっている場合は、無理矢理歯を磨いてしまうと噛まれる原因となるだけではなく、猫にとって大きなストレスを与えてしまう可能性も。

猫に歯磨きをさせるにはそれなりに時間をかけて慣れさせる必要がありますので、焦らずじっくり歯磨きを慣れさせてあげましょう。

デンタルケア用品を使う

猫に歯磨きをしてあげたいけれど、なかなかうまくいかない。いますぐにケアを始めたいけれど歯磨きを嫌がってさせてくれないという場合は、デンタルケア用品で口臭予防ができます。

猫のデンタルケア用品といっても、さまざまな商品が発売されていますので、愛猫にあった商品をチョイスしてあげるとよいでしょう。ぜひ、愛猫の口臭予防としてデンタルケア用品を有効活用してくださいね。

猫の口臭対策おすすめ商品

プロデン デンタルバイツ猫用

プロデン デンタルバイツ猫用
1,312円(税込)

猫の口臭対策で活用していただきたいのでおやつタイプのケアグッズです。こちらの商品は天然海藻を主原料としている安全な犬・猫用のデンタルおやつで、口臭対策はもちろん、歯石付着予防もしてくれる優れものです。普段のおやつをデンタルケア用のものに変えるだけで、口臭対策になるのですからいいですね。

ペティオ デンタルスプレー

ペティオ (Petio) デンタルスプレー 50nl
488円(税込)

こちらは歯磨きが苦手な猫におすすめの歯に直接スプレーをするデンタルケア用品です。口臭が気になる猫ちゃんにスプレーをするだけで予防になるだけではなく、歯に直接スプレーをするので比較的猫ちゃんのストレスも少なくて済みます。

唇を少しめくってスプレーをするので誤って手を噛まれないようにだけ注意をしてくださいね。

ラクトフェリン

【犬・猫の口臭・お口周りトラブル対策サプリ】
2,808円(税込)

こちらは、歯ぐきに直接塗るタイプのデンタルケア用品です。口臭が気になる猫ちゃんも、これさえあればスッキリ解消してくれるのだとか。さらに、トイレのペット臭も軽減されるという嬉しい効果もついてきます。

愛猫の口臭に悩まされているという方は一度試してみてはいかがでしょうか?

猫から口臭がする前に

歯磨きをする猫

口臭がする猫の場合、歯周病が進行している状態で発見されることも多いです。この時点で家庭で対策を行うことはまず無理です。動物病院で治療を行う必要があります。ですから、猫の飼い主さんは常に猫の口の中を観察する癖をつけましょう。

猫の歯の見かた

人でいう前歯は、猫ちゃんでは切歯とよばれていて、小さく上下に6本ずつあります。犬歯と呼ばれる牙は左右に2本で計4本、臼歯は上下合わせて14本です。歯石が比較的付きやすいのは臼歯の部分で、猫の横顔から片手で頭を押さえながら、口を閉じた状態で親指を使って唇を引き上げると観察できます。猫が熟睡している時などを狙って行うと良いかもしれません。

猫の口臭の元である歯石の処理

獣医と猫

普段のケアは飼い主さんが猫に歯磨きを行う事で、歯石付着を予防できますが、一旦ついた歯石は単純な歯磨きでは落とせないので飼い主さんが行うのはちょっと難しいです。年2回くらいは定期健診をした方がベストです。

口からよだれを垂らしていたら要注意

歯周炎を起こしている猫の場合、何でもない時によだれを垂らしている場合があります。また餌を食べる時に、片方の歯しか使わないなどの癖が見られる場合は、歯周病を疑った方が良いでしょう。あまりに進行した歯周病は抜歯する以外に治療は出来ません。歯石は茶褐色、歯周病は歯肉と歯の間が赤くなって炎症を起こしているので、一見してすぐわかります。

普段から猫に与える餌には充分配慮し、ある程度固いドライフードを与えるようにしましょう。