愛猫のお水を飲む回数が増えた!買ってよかった自動給水器

愛猫のお水を飲む回数が増えた!買ってよかった自動給水器

毎日うだるような暑さが続くなか、猫ちゃんがきちんと水分補給できているか気になりますよね。うちの子はあまりお水を飲んでくれないから心配……。とお悩みの飼い主さんも多いと思います。今回は、猫ちゃんの水分補給におすすめな自動給水器の紹介と、私が実際に使ってみた感想をお伝えします。電気代やメンテナンスの手間など、参考にしていただければ幸いです。

1817view

ピュアクリスタルの全猫用ガーリーグリーン

私が購入したのは、ジェックスさんから出ている「ピュアクリスタルの全猫用ガーリーグリーン」です。

ジェックス ピュアクリスタル 全猫用 ガーリーグリーン 【フィルター式(循環式) 給水器】

ジェックス ピュアクリスタル 全猫用 ガーリーグリーン 【フィルター式(循環式) 給水器】
3,460円(税込)

爽やかなグリーンカラーのデザインに、可愛らしい猫ちゃんのイラストがついています。タンクの容量も1.8Lと、たっぷりのお水が用意できます。

自動給水器の写真

セッティングはとっても簡単。付属のポンプを容器の底に取り付け、フィルターをセットするだけ。水を注いで電源を入れると、ポンプが水を循環して飲み口から活性炭フィルターでろ過された水が出てきます。

この活性炭フィルターがカルキ臭を吸収し、猫ちゃんの毛や食べかす、ホコリなどをキャッチしてくれるというわけです。

通常の活性炭フィルターの他に、水道水を軟水化してくれる軟水化フィルターも別売で販売されています。こちらは猫ちゃんの下部尿路の健康維持が気になる方にもオススメです。

自動給水器を分解した写真

実際に使用してみて

自動給水器アップ

もともと水道の蛇口から出てくるお水を飲むのが好きだったので、自動給水器も気に入ってくれるかな?と思い購入したのですが、電源を入れるとすぐに飲み口から流れ出る水に興味を持ってくれました。

自動給水器に替えてから、愛猫がよくお水を飲んでくれるようになったという声は多いですが、私の愛猫もお水を飲んでくれる回数が確実に増えました。

水を飲む黒猫

ポンプ音も静かで、ほとんど気になりません。

今まで1日に2~3回はお水の交換をしていましたが、自動給水器に替えてから1日1回に減り楽になりました。定期的にタンク自体の掃除も行う必要がありますが、シンプルな構造のため洗いやすく苦になりません。

購入してから1年以上経ちますが、ポンプの故障などもなく問題なく使えています。

私が実際に使ってみて感じた、自動給水器のメリットとデメリットについて述べていきます。

自動給水器のメリット

お水がおいしくなる

猫がよくお水を飲んでくれるようになる。フィルターを通すことでカルキ臭などが軽減され美味しく感じるようです。

水道などから流れ出てくる水が好きな猫ちゃんは、自動給水器の水も好きな場合が多いです。

留守中も新鮮な水を与えることができる。

水を循環させておくことで、常にキレイなお水が飲めるようになります。

水替えの回数が減る。

季節や環境によりますが、水替えの回数が減り楽になります。冬場は2~3日に1度、夏場は毎日の水換えをすすめている商品が多いです。

自動給水器のデメリット

月に数十円ほどだが電気代がかかる。

わずかではありますが、電気代が発生します。といっても月に数十円ほどと、ほとんど気にならない料金です。

定期的にフィルターの交換が必要。

月に1回はフィルターを交換する必要があります。また雑菌などが繁殖しやすい夏場は、2~3週間で交換することをオススメします。フィルターは1枚あたり300~400円ほどです。まとめ買いがお得です。

猫によっては警戒する場合もある。

敏感な猫ちゃんの場合、わずかに聞こえるポンプ音や見慣れない物に警戒し、お水を飲んでくれるまでに少し時間が掛かるかもしれません。

ジェックスさん以外にも、色んなメーカーから様々なタイプの自動給水器が販売されています。
デザインも豊富でオシャレなものも多く、インテリアに合わせて選べるのも嬉しいですね。容量も多頭飼い用やケージ用など、必要に応じて選ぶことができます。値段は2,500~3,500円ほどのものが多いです。

まとめ

今回は、自動給水器を実際に使ってみた感想をお伝えしました。

猫ちゃんが、あまりお水を飲んでくれない……。
常に新鮮でキレイなお水を与えたい。
長時間の留守の間は、こまめにお水を換えることが難しい……。

飼い主さんがこのような悩みを抱えている場合、自動給水器を試してみることで解決できるかもしれません。

人間にとってはもちろん、猫ちゃんにとっても大切なお水。毎日飲むものなので、美味しく安全なものを与えてあげたいですね♪

人気のキーワード