突っ張り型のキャットタワーのおすすめ商品3選

突っ張り型のキャットタワーのおすすめ商品3選

キャットタワーにも多くの種類がありますが、そのなかでも「突っ張り式のキャットタワー」があるというのをご存知でしょうか。今回は突っ張り式のキャットタワーを選ぶ際のアドバイスや、おすすめのキャットタワーの商品を紹介します。

2017view

キャットタワーの突っ張り式を選ぶ時のポイント

キャットタワーでくつろぐ猫

キャットタワーにもさまざまな種類がありますが、なかでもおすすめなのは突っ張りタイプのキャットタワーです。突っ張りタイプのキャットタワーは、柱となる部分に突っ張り棒のようなものが入っており、長さを調整して天井と床で固定するタイプのもののことを指します。

突っ張りタイプであれば天井サイズの大きいキャットタワーを設置できるため、たくさん運動しやすいですしストレス解消にも繋がります。
そんな突っ張りタイプのキャットタワーですが、もし購入を検討している場合は以下のような点に注意して選びましょう。

1.ネジや釘を天井や床に刺しても良いか確認する

突っ張りタイプのキャットタワーの多くは、安全防止のためネジや釘などを使って床と天井にしっかり固定するタイプになっています。
しかし、物件によっては床や天井に穴を開けることを禁止しているところもあります。そうなると、設置が難しくなってしまうため、必ず事前に確認をとりましょう。特に、賃貸物件に住んでいる場合は要確認です。

2.天井の高さに合うか確認する

天井が高いお家の場合だと、柱についている突っ張り棒の長さが足りない場合があります。そうなると固定が難しいため、「いいな」と思える突っ張りタイプのキャットタワーを見つけたとしても、購入前に必ず長さの確認をしてください。
必ず「〇cm~〇cmまで伸ばせます」等の説明が書かれているはずなので、自宅の天井の長さを測った上でキャットタワーを選びましょう。

3.キャットタワーの大きさが猫のからだに合っているか確認する

突っ張りタイプのキャットタワーは、サイズが大きいものが多いです。
しかし、子猫やシニア猫の場合だと、サイズが大きすぎてしまいキャットタワーの段差を上ることができなかったり、体力が少ないせいで誤って落下してしまう可能性もあります。
なので、子猫やシニア猫を飼っている場合は、背の低いキャットタワーを選ぶことをおすすめします。

4.安全な素材で出来ているか確認する

キャットタワーの素材も購入前にチェックしましょう。

突っ張りタイプのキャットタワーの棚板がつるつるとした木や鉄板などでできている場合、猫が誤って足を滑らせる可能性があります。そのため、できれば布生地で覆われたようなタイプの突っ張り式キャットタワーの方が安全です。

また、可能性であれば棚板の角が少ない突っ張り式キャットタワーを選ぶとよいでしょう。棚板の角が丸く削られていれば猫が万が一誤って落ちた場合でも、角に頭やからだをぶつけて怪我をするリスクをなくせます。

突っ張り式のキャットタワーおすすめ一覧

それでは、実際に突っ張りタイプのキャットタワーにはどのような商品があるのか、おすすめの商品を紹介していきます。「突っ張りタイプのキャットタワー」といっても、商品によってデザインや長さ、価格、機能などは変わってくるため、愛猫にぴったりなキャットタワーを探してみてください。

おすすめ商品1:猫爪とぎ 木登りキャットポール

ottostyle.jp 猫爪とぎ 木登りキャットポール ツイン 突っ張り(つっぱり)式 高さ240~255cm
7,200円(税込)

こちらのキャットタワーは、爪とぎやハンモックなどの機能もついています。
木登りのようにキャットタワーをよじ登れる仕組みになっており、猫がしがみつきやすい構造になっているため、安心して使用することができます。
しかも、ハンモックは好きな位置に引っ掛けることができるので、愛猫が使いやすい場所に設置してあげることが可能です。
さまざまなインテリアとマッチしやすいシンプルでおしゃれなベージュカラーなので、見た目重視の方にもおすすめできます。

おすすめ商品2:LOWYA(ロウヤ)キャットタワー

LOWYA (ロウヤ) キャットタワー 突っ張り おもちゃ付き 爪とぎ 高さ230cm~255cm ベージュ
11,990円(税込)

猫が飽きないようなさまざまな機能を求めている方には、こちらのキャットタワーがおすすめです。
爪とぎ、ハンモック、おもちゃ、ベッド、トンネルなどがついており、これ一台で猫が快適に過ごせる工夫がされています。
やんちゃで遊び盛りの猫でも満足できる内容になっているので、設置スペースや費用の問題をクリアできるようであれば、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ商品3:キャットタワー 突っ張りスリム CW-RT021

キャットタワー 突っ張り スリム 高齢シニア対応 CW-RT021 約231~270cm
16,800円(税込)

「子猫やシニア猫に合ったキャットタワーがほしい」や「天井や床に穴を開けない突っ張りタイプのキャットタワーがほしい」などといった希望を持っている方には、こちらのキャットタワーがおすすめです。
このキャットタワーは子猫やシニア猫のことを考慮して作っており、段差が登りやすいようにできています。しかも、長さはそれなりにあるので子猫が大きくなった後も使用し続けられます。
また、このキャットタワーは「床や天井に穴を開けなくて良い」という突っ張りタイプにしては珍しい型のキャットタワーなので、賃貸などで穴が開けられない方にもおすすめです。

まとめ

キャットタワーで遊ぶ猫たち

室内飼いの猫は、外に出て動き回ることができない分運動不足にも陥りやすいですし、野良出身の猫だと以前のように運動できないことがストレスになる場合もあります。

キャットタワーを室内に置いておけば、猫にとってちょうど良い運動にもなりますし、ストレス解消にも使えます。

誰にも邪魔されない高い場所を好む猫も多いので、キャットタワーの上の方でくつろぐ猫もいるでしょう。

突っ張りタイプのキャットタワーを新品で購入するとなると、それなりの値段はします。そのため、失敗を避けるためにも事前の確認事項をしっかりチェックした上で、購入をしましょう。

また、どんな突っ張りタイプのキャットタワーを購入しようか迷っている場合は、上記で紹介した商品などにもぜひ目を通してみることをおすすめします。お好みの突っ張りタイプのキャットタワーが見つかるかもしれません。

人気のキーワード