猫に紅茶を飲ませるのは危険!舐めてしまった時の対処法

猫に紅茶を飲ませるのは危険!舐めてしまった時の対処法

レモンティーやミルクティーなど、紅茶はペットボトルや紙パックでも売っていて、よく見かけよく飲む飲み物のうちの一つですよね。人間にとって親しみのある紅茶は、猫が飲んでも大丈夫なのでしょうか?

1336view

猫に紅茶を与えてはいけない

水を飲む猫

まず、猫に紅茶は与えないほうが良いでしょう。紅茶に含まれる成分のうち、シュウ酸やカフェインは猫の身体に良くありません。米国動物虐待防止協会 中毒事故管理センターでは、シュウ酸

シュウ酸は摂取しすぎると尿路結石の原因になります。猫はもともと尿路結石になりやすく、放っておくと命に関わる病気です。ちなみに、人間も摂取しすぎると結石が出来ることもあるので、紅茶好きの方は気を付けてくださいね。

カフェイン

猫がカフェインを摂取してしまうと、カフェイン中毒になってしまう可能性があります。カフェイン中毒になってしまうと

  • 過度の興奮状態
  • 痙攣
  • 呼吸困難

など、心臓や神経に異常を起こす症状がでます。

間違って舐めてしまった、程度のごく少量であれば心配はありませんが、猫により中毒を起こしやすいなどの個体差があるので、出来るだけ猫の前では出しっぱなしにしないほうが良いです。

猫は紅茶の茶葉にも注意

紅茶と茶葉

さらに気を付けなければならないのは茶葉やティーバックです。ドリンクの状態よりもシュウ酸やカフェインが多く含まれているうえ、消化されずに腸に詰まってしまい腸閉塞となってしまう危険性があります。

そうなってしまうとカフェイン中毒、尿路結石の可能性に加え、麻酔したあとに取り出し手術を行わなければならず猫にとってかなり負担がかかってしまいます。

茶葉やティーバックはいたずらされないように開けられない缶や引き出しにしまっておくよう習慣にしてしまいましょう。

もし猫が紅茶を飲んでしまったら

診察を受ける茶トラ

もしも誤って紅茶を飲んでしまったら、まずは猫の体調に変化はないか数時間は観察します。変化が見られなければとりあえず問題はないでしょう。様子がおかしいと感じたらすぐに動物病院に連れていきましょう。

茶葉やティーバックを誤飲してしまった場合は、変化が見られなくてもすぐに電話で指示を仰ぐか、獣医師さんに診てもらった方が良いです。

まとめ

キッチンの上に座る猫

紅茶は人気も高く、種類もたくさんあります。紅茶味のお菓子なんてものもたまに見かけますよね。

コンビニやスーパーなどどこでも手に入りますし、これからの季節、水分補給としてすぐ飲めるように飲み物を机に置きっぱなしにする機会も増えてきます。

ペットボトルならばキャップをしっかりしめておくなど、猫が間違って飲んでしまわないようにきちんと対策をしておきましょう。

スポンサーリンク

人気のキーワード