猫にとっての飼い主とはどんな存在?

猫にとっての飼い主とはどんな存在?

飼い主さんが愛猫を子と思うように、猫も私たちの事を親として見てくれているのでしょうか?実は猫にとっての飼い主はこう言った存在だったのです!猫の気まぐれと魅力がわかる記事になっていると思います。

3219view

猫にとっての飼い主の存在ってなに?

茶トラ白

人間は、猫は猫として見えていてペットとして生活したり、子供のように思えたりしているものです。猫にとっては、飼い主をどんな存在だと思っているのでしょうか?猫には、人間と言う認識があるのでしょうか?

猫は飼い主をこう見てた!

猫が飼い主を「親」だと思っていると言うのは人間の思い込みのようでした。猫は私たちを「敵意のない自分より大きな猫」「交友的な猫」と言うように猫には同じ猫族に見えているようです。

猫はイヌとは違い、人間を前にして態度を変えることは無く、猫のままの行動=猫同士に見られる行動を飼い主にも示してくるのです。尻尾を立てる、隣に座る、足にスリスリしてくる等の行動がそうですね。

猫は飼い主をどんくさいと思っている

どうやら、猫は飼い主や人を「不器用などんくさいやつ」と思っているようです。そんな風に思われていたのはちょっとショックですね。例えば、猫が人にぶつかったり、つまずく事が無いように猫が私たちの失敗を見て「どんくさい」と思うようです。

だからと言って、猫が飼い主を見下す等の気持ちはなく、一定の敬意を払って行動をしているようです。

猫の気分で変化する

膝に乗る猫

猫は気まぐれなので、その時の気分で親や兄弟や親友にもなるようです。

猫は私たちが思うよりも賢いと言われています。そして、誰が役に立つのかも学習しています。ご飯を貰える人や、掃除をしてくれる人、遊んでくれる人、と猫は区別が出来ているようです。私の家でも、朝ごはん担当の人を区別していて、猫達に起こされています。
猫の気持ちと行動でまとめて見ました。

  • 甘えたい時、膝に乗ったりふみふみしてくる時=母猫
  • 遊びたい時、作業の邪魔をしてくる時=兄弟
  • 尻尾を上げて寄ってくる、手や足にスリスリしてくる=大好きな友達

これらの気持ちと行動から、猫は飼い主を親と特定して接していないのだと思います。猫は、野生の中で生きてきた動物なので、狩りをするための知恵は優れていますが、犬に比べると社交的ではないのです。

なので、親と子の縦の関係ではなくどちらかと言えば横の関係と言うのがふさわしいのかも知れません。

まとめ

キジトラ

私は、猫の行動や仕草から親のように懐いてくれていると思い込んでいました。しかし、猫が飼い主の存在を親ではなく、友好関係を持ってくれてるなら関係性を気にする事はないと思います。

近づく、触れてくるのは嫌いな相手にはしない事でもあり、そうなるには信頼関係がある仲と言う事です。猫は「計算高い」などと言われたりしますが、きっと自由気ままに気まぐれに行動しているだけなのだと思います。

スポンサーリンク

人気のキーワード