どうして猫はシャワーが嫌い?4つの理由

どうして猫はシャワーが嫌い?4つの理由

猫ちゃんには大好きな物もたくさんありますが、同じくらい苦手なものもあります。そんな苦手な物の一つがシャワーです。シャンプーを流すときの必須アイテムであるシャワーが嫌いな猫ちゃんは非常に多く、むしろシャワーが嫌いじゃない猫を探す方が大変でしょう。

3864view

猫がシャワーを嫌う理由

シャワーされて不機嫌な猫

1、水に濡れるのが嫌だから

猫がシャワーを嫌う理由の中で、もっとも多いのが「水に濡れるから」というものです。そもそも猫は、水に濡れるのがとても苦手でシャワーどころか雨に濡れるのも嫌いですし、ちょっと水しぶきがかかったくらいでも嫌そうな顔をします。

そんな猫ちゃんにとって大量の水が出てくるシャワーが好きなはずありませんよね。

2、勢いよく水が出るのが怖い

シャワーは水圧によっては激しく水がでますよね。そんなシャワー見た猫ちゃんは「よくわからないけど、水が勢いよく出て怖いニャ!」と感じてしまい、普通に水に濡れるよりも激しく拒否をしてしまう傾向にあります。

シャワー=怖いというイメージを少しでも払拭してあげるためにも、シャワーを使う時はできるだけ弱く出してあげるようにしましょう。

3、シャワーの音が嫌い

猫にとって水がお風呂場に叩きつけられるシャワーの音は聞きなれない音なのです。そのため、お風呂場にシャワーの音が響いたとき、思わずびっくりして逃げ出してしまう場面も多々見られます。

特に、猫にとって大の苦手な水が落ちる音ですから、嫌いになってしまっても仕方がないですよね。

4、シャワー=シャンプーだから嫌い

シャワーが嫌いというよりは、シャンプーが大嫌いでその延長線上でシャワーが嫌いになっている場合もあります。猫にとってシャンプーは体をぬらされるし、自分のニオイじゃないニオイをつけられるし、ドライヤーは嫌だしと、まさにいいことはない時間です。そんなシャンプーを洗い流すためのシャワーは猫にとっては天敵以外の何物でもありません。

機嫌よくお風呂場で遊んでいたとしても、飼い主様がシャワーを手に取った瞬間全てを察してパニックになってしまう猫ちゃんが多いのです。

シャワー嫌いな猫ちゃんにシャワーを使う方法

シャワーされている猫

愛猫の嫌がることはあまりしたくないですし、シャワーをすることでストレスを感じてしまい体調不良を引き起こしてしまう可能性を考えると、嫌がる猫ちゃんを無理矢理シャワーをするのは飼い主としても心苦しいですよね。

しかし、猫種によっては頻繁にシャンプーをしなければいけなかったり、皮膚病の治療の一環としてシャンプーを頻繁にしないといけない場合もありますよね。そんな時に、少しでもストレスを感じないようにシャワーを使うにはどうすればいいと思いますか?

方法としてはいくつかありますが、シャワーを使わずにバスタブにお湯を入れ、シャンプーをした後は洗面器でゆっくり、かつ、手早く洗い流してあげるのがもっともいい方法だといえます。

ただ猫ちゃんによっては、湯船のお湯でゆっくりとされるよりも、手早くシャンプーを済ませてほしいと思っている場合もありますのでシャワーかバスタブかは猫ちゃんの性格を見ながら考えるようにしましょう。もしシャワーを使う場合は、次のことに気を付けて使用してあげてください。

  • お湯の温度は35℃くらいにする
  • 耳や目にお湯が入らないように注意をする
  • 暴れて怪我をしないように可能ならば二人で行うようにする
  • 顔は極力洗わないようにする
  • シャワーの水圧は十分に気を付ける
  • 手早く、かつ、丁寧にシャワーを使う

猫にとってシャワーは嫌なこと以外の何物でもありませんので、ぜひ愛猫のことを考えながらシャワーを使用するようにしましょう。

まとめ

シャワーを怖がっている猫

猫ちゃんにとってシャワーは天敵です。そもそも水に濡れるのが苦手な猫ちゃんに少しでもストレスを与えないように、シャワーをするときは気を付けるようにしましょう。

スポンサーリンク