愛猫の安楽死、本当にさせるべきなのか?決断する前に知って欲しい事

愛猫の安楽死、本当にさせるべきなのか?決断する前に知って欲しい事

闘病生活で辛そうな愛猫の姿をみて安楽死した方がいいのか迷うと思います。実際に現場で安楽死処置を見届けたこともあり、その体験も含めて安楽死についてお話ししたい思います。

3435view

安楽死しか選択肢はないと思わないでください

病院で処置をしてもらう猫と飼い主

薬で解決出来る事もある

安楽死を選んだ理由は様々ですが薬の服用など内科療法でおこなう選択肢もあります。精神安定剤を飲ませることで眠るようになり、夜鳴きや徘徊の頻度を減らしたり性格も攻撃的にならず落ち着くことができます。

病院のスタッフに相談してください

もう安楽死しか方法がないと思わないで病院スタッフや獣医師とじっくり相談することもとても大切です。

実際に最初は夜鳴きがひどく安楽死を考えていた方がいましたが時間かけお話しした結果、安定剤の服用を選びその後は飼い主さんの自宅で安らかに天寿を全うし天国へ旅立ちました。

愛猫に安楽死を選んだ理由とは

横になる猫

私は動物看護師として働きはじめてからたくさんの動物達をみてきました。その中である日男性の飼い主さんから「うちの猫、安楽死してほしい」と涙目で言ってきました。

その猫ちゃんは末期の腎不全にかかっており、かなり脱水や削痩があり状態はとてもよくありませんでした。飼い主さんとよくお話しをしましたが安楽死処置をおこない天国へ旅立っていきました。

動物病院に働いてからいくつか安楽死処置を見届けましたがいつも胸が痛くなります。私も猫ちゃんを飼っており、もし愛猫が将来病気になり予後が厳しい状況だったら自分はどんな選択をするのだろうかと悩みます。

いつかは自分より先に天国へ旅立つことは知ってはいるけれど愛猫の最期のことなんて考えたくないですよね。安楽死を選択した理由はどのようなのがあるのでしょうか?

苦しい思いから解放してあげたい

点滴する猫

私が働きはじめて1年目の頃、慢性腎不全の高齢猫ちゃんで毎日皮下点滴の治療をおこなっていましたが状態が中々良くならず徐々に痩せてきて元気もなくなりました。いつも苦しく辛そうな姿をみて、もう楽にさせてあげたいという気持ちから安楽死を選択されました。

飼い主さん自身がうつ病になってしまった

人も認知症による介護の問題があるように猫ちゃんも以前と比べて長生きするようになったため認知症の症状がよくみられるようになりました。その中で「夜鳴き」によることで飼い主さんがうつ病になる場合が多いです。

夜鳴きにより睡眠不足の他に近隣住民の苦情が原因により「また苦情がくるかも」、「家から追い出されるかもしれない」と精神的に追い詰められてしまったケースがあります。

攻撃的な性格に変わり対処できなくなってしまった

怒る猫

夜鳴きの他に性格が真逆に変わることがよくあります。元々大人しく甘えん坊だった性格が凶暴的になり飼い主さんやその家族の人に対しても攻撃し、噛まれて大怪我をし手に追えなくなってしまったケースも非常に多いです。

安楽死は殺処分とは違います

猫を抱きしめる女性

安楽死というと意思により動物の命を絶つので殺処分と変わらない、苦痛を伴うのではないかとイメージすると思います。安楽死の目的は肉体や精神の苦しみから解放するためになるべく苦痛をしない方法でおこなうことです。

安楽死の方法

一般的に麻酔薬を血管にいれておこないます。血管に薬を入れることですぐに麻酔薬の効果がおこり、眠りにつき循環器や脳など体の機能を一瞬に止めることができるため苦痛を感じることなく天国に旅立つことができるといわれています。

そのため殺処分のように多くの猫ちゃんが狭い部屋に閉じ込められ二酸化炭素ガスを吸い、痛みや苦しみを感じることはないといわれています。

まとめ

青い空と白い猫

動物医療が進み猫ちゃんの寿命が伸びたことにより以前ではなかった認知症や長期間の病気の治療がでてくるようになりました。私も猫ちゃんを飼っているのですが、飼い主の義務として愛猫の将来や高齢になった際の介護などを考えなくてはいけないと思います。

実際に思っていたよりも辛く精神的に追いやられ保健所や保護施設に手放してしまうケースが多いからです。

高齢で病気を抱えている猫ちゃんに新しい飼い主さんが見つかる確率は非常に低いです。探している間に亡くなってしまったり、収容期間になり殺処分された猫ちゃんも少なくありません。

手放してしまったり殺処分により人が嫌いになり苦しい思いをして命を絶つより、大好きな飼い主さんの側で安らかに眠り天国へ旅立つ安楽死も猫ちゃんの最期の選択肢の一つだと思っています。

ですが安楽死を決める前に本当に愛猫に安楽死させることが適切なのか、薬による方法が良いのか、飼い主として安楽死を選択して後悔をしていないかなど見つめ直すことも大切です。

人気のキーワード