猫が飲んでも良い・悪い「ミネラルウォーター」の特徴

猫が飲んでも良い・悪い「ミネラルウォーター」の特徴

猫を初めて飼ったときに「飲水」はミネラルウォーターで良いのか悩んでしまいますよね。人間と同様に、なるべく栄養があって新鮮なものをあげたいと思われる飼い主さんもいらっしゃると思います。しかし、猫の飲水にミネラルウォーターは「だめ」だと言われています。では、なぜだめなのでしょうか。理由や、他の気を付けることなども含めてご紹介させていただきます。

1438view

猫が飲んでもいいミネラルウォーター

コップのお水を飲む猫

「猫にも健康的な水を」「新鮮な水を」と猫のために考えることもありますよね。しかし、そんなときに誤ってはいけないのが「ミネラルウォーターは飲ませてはいけない」ということです。

しかし猫にミネラルウォーターがだめと言われていますが全てのミネラルウォーターが猫にとって危険なのでしょうか?

勘違いしてはいけないのが「軟水」は問題ないということ。WHO(世界保健機関)では硬度が0~60mg/L、日本では100mg/Lのミネラルウォーターが「軟水」と呼ばれています。

  • 六甲おいしい水
  • 南アルプス天然水
  • 森の水だより

などがあげられます。これらは地震などで水道管が破裂したときに飲ませる水がないときには飲ませても大丈夫なお水です。またGeyser(クリスタルガイザー) は、軟水ですがペットボトルの蓋が白いものは一般的に売られている青い蓋の物よりも多いので注意しましょう。

猫に飲ませはいけないミネラルウォーター

水を飲む猫の影

猫が飲んではいけないお水は「硬水」のミネラルウォーターです。「硬水」のミネラルウォーターには

  • コントレックス
  • エビアン
  • ヴィッテル

などがあげられます。

猫に硬水のミネラルウォーターが危険な理由

ではなぜ硬水のミネラルウォーターは危険なのでしょうか。

結論としては人間にとっては良いと言われる「ミネラル」です。硬水のミネラルウォーターにはこの「ミネラル分」が多く含まれているので良くないと言われているのです。

ミネラル分とはカルシウムやマグネシウムなどですが、人間には必要なものなのですが猫がこれらを多くとりすぎてしまくと

  • 尿路結石
  • 膀胱結石

になってしまいます。

ですので猫にミネラルウォーターをあげるときには「硬度が低いもの」をあげなくてはいけないのです。

しかし、ミネラルウォーターという名前のつく飲み水は無理にあげる必要もないです。なぜなら、猫の飲み水は身近なところにより安全なものがあるからです。

そこで続いて「猫に飲ませると良い水」をご紹介させていただきます。

猫のにとって最適な水

猫に飲ませると良い水はどのようなものなのでしょうか。猫のためにと飲み水はどうしようかこだわって考えてしまいがちなのですが実は猫に飲ませると良い水は身近なところにあります。それは「水道水」です。

日本の水道水は猫の体にも安全な「軟水」です。先程にあげたようなカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が少ないので猫に飲み水をあげるときには「水道水」をそのまま入れてあげれば良いんですね。

猫に新鮮な水を飲ませる方法

噴水のお水を飲む猫

猫にとって新鮮な水を飲ませてあげるにはどのようにすれば良いのでしょうか。猫のために安全な軟水を飲ませてあげるには「水道水」をお皿に入れてあげるだけで良いのですがより新鮮な水にするにはどのようにすれば良いのでしょうか。

こまめに入れ替える

猫の水は、一度入れたまま置きっぱなしだと不衛生です。一日に数回は必ず水を入れ替えてあげるようにしましょう。

お水は数ヵ所用意する

猫がより水を飲んでくれるためにも、一ヶ所だけでなく部屋ごとに水を設置しておきましょう。

一度沸騰させる

水道水を入れるだけで問題はないのですがより新鮮にするには一度沸騰させると良いでしょう。沸騰させることにより塩素が抜けるので新鮮になります。

これらのようなことをすると良いですね。

まとめ

水道水を飲む猫

猫の健康のために飲み水を用意するときにはミネラルウォーターなどでなく「水道水」を使うようにしましょう。

ミネラルウォーターをどうしても飲ませるときには「硬度が低いもの」で「軟水」と表記されているものを必ず選びましょう。
硬水であると尿路結石や膀胱結石の原因になってしまうミネラル分が多く含まれています。

猫にとって新鮮な水は軟水である「水道水」だということを覚えておいてくださいね。

スポンサーリンク

人気のキーワード