猫のペット保険を徹底比較!おすすめランキング

猫のペット保険を徹底比較!おすすめランキング

猫のペット保険をご存知ですか?人間の保険はよく聞くけど…「猫のペット保険ってなに?」「猫にペット保険は必要?」「どんなペット保険があるの?」そんな疑問、浮かびませんか?少しずつ加入者も増えてきたペット保険ですが、まだまだ知らない人も多いです。大切な愛猫を守る保険について、詳しく説明していきたいと思います。

3215view

猫のペット保険とは

保険のパンフレットの上に乗るねこ

猫が怪我や病気をした時は動物病院に行きますよね。
ペット保険に加入していると、そのときかかった治療費の一部を保険会社に負担してもらうことが出来るのです。

猫に保険は必要?

子猫の時期を過ぎたら、比較的高齢になるまでは病気も少なく丈夫と言われている猫。
病院に行くのは避妊・去勢の手術の時か予防接種の時だけ…という方も多くいると思います。
それならいざという時のために貯金しておくくらいでいいのでは?とお考えの人もいますよね。
もちろんそれでも構わないのですが、保険に入っているとこんなにもメリットがあるんですよ。

猫のペット保険に入っておく利点

診察を受けている白猫
  • 高額医療費の軽減
  • 安心感が得られる
  • オプションにより猫にしてあげられる幅が広がる
  • 病気の早期発見

高額医療費の軽減

まず猫のペット保険に加入しているおかげで、いざというとき値段を気にすることなく治療に専念してあげられるということがとても大きいです。
お金がないときでもすぐ病院に連れていけるので早期発見にも繋がりますし、飼い主も安心できます。

安心感が得られる

保険会社によっては24時間無料相談の電話対応をしてくれるところもありますので「不安なことがあるけれど病院にいくのは大げさかも…」と思うようなことや、「しつけが上手くできない」といったことでも猫のペット保険に入っていれば丁寧に対応して下さるため非常に心強いです。

オプションも充実

こちらも保険会社によりけりですが、オプションによってつけられる特約も充実しており、万が一、他人やよそ様のペットに怪我をさせてしまった、物を壊してしまったなどの時に使える賠償責任特約、猫が亡くなったあとのペットセレモニー費用の一部負担、車いす費用の一部補償など、愛猫に合ったオプションを加えることもできます。
猫のペット保険の賠償責任特約については、車の任意保険や火災保険にもついている場合がありますのでよくご確認ください。

病気の早期発見

ペットの治療費は医療保険の対象にならないため、なにか一つでも大きな病気にかかってしまうとそれだけで何十万円、何百万円になってしまうこともあります。
なので貯金だけでは補えなくなる可能性もあるので、出来れば猫のペット保険に加入しておくほうが安心なのではないでしょうか。

しかし、人間の保険と違い、ペット保険は掛け捨てが当たり前なため、一度も使用することなく解約した場合でも今まで払ったお金が戻ってくることはありません。
高い保険はそれなりに補償も多いですが、自分のお財布とよく相談してから決めましょう。

猫のペット保険に加入する方法

エリザベスカラーをしている猫

加入方法は

  • インターネット
  • 資料請求から

の二つあります。
インターネットから猫のペット保険に加入するとネット割引が適用されるところもあります。
なので資料請求をしても加入手続きはインターネットからした方がお得な場合もあります。

加入条件

保険会社により大きく異なりますが

  • 猫の年齢
  • 健康であること
  • ワクチンを接種している
  • 健康診断
  • 日本に住んでいる

制限があるところは大体これらを加入条件としていて、特に年齢については、年をとればとる程加入出来るペット保険がなくなっていきます。
ワクチンを接種していること、健康診断を受けていることが条件のところは限られた保険会社だけですので、若くて健康であれば基本的にどこの保険会社の猫のペット保険でも加入できます。

猫のペット保険の比較ランキング

診察を受けている子猫

猫のペット保険 イーペット:日数制限、回数制限なし

メリット

  • 初回のけがに限り治療費100%補償(70%プランのみ)
  • 入院、手術、通院すべて補償+日数、回数制限なし

デメリット

  • 健康が条件であること
  • 保険料はやや高め

イーペットだけの特徴、初回のけがは治るまで治療費を負担してくれるところはとても有りがたいです。
しかも、更新したらまた利用できるのも嬉しいですね。

上限金額の70%プランなら70万円まで、50%プランなら50万円までを負担してくれ、その金額を超えなければ何日入院しても何回手術しても補償してもらえます。
ただ健康であることが加入条件なので、病気やけがの治療で病院に行った場合は、最後に通院した日(完治)から3ヶ月経ってからでないと加入できません。
日数制限や回数制限にとらわれたくない人におすすめです。

イーペットの口コミ

  • 保険料が手頃
  • 専門家がすすめてきた
  • 申し込み手続きが楽

猫のペット保険 PS保険:100%補償

メリット

  • 治療費にかかったお金を100%負担してもらえる100%プランがある
  • 通院、入院、手術すべて補償対象
  • 年齢により上がる保険料もゆるやかなため金額的負担も軽く済む

デメリット

  • 日数、回数制限があり、上限金額も少し不安が残る
  • 同じ病気やけがに対しては更新してもクリアされない

保険料自体が安いので、補償限度額も正直それなり…といった印象です。
同じ病気やけがは、治らない限り年の更新をしても引き継がれてしまうため、限度日数、限度額を超えたら自腹になってしまいます。しかし、一度完治し、またなってしまった場合には再度保険を適用することが出来ます。

PS保険の口コミ

  • スタッフさんの対応がいい
  • 値段と補償のバランスがいい
  • 支払いがスピーディー

猫のペット保険 アニコム損保:一番の知名度

メリット

  • 通院、手術、入院すべて補償対象
  • 窓口精算が出来る

デメリット

  • 保険料が高い
  • 日数制限、限度額設定あり

アニコムの一番の強みは、やはり窓口精算が出来ることです。
ペット保険はほとんどが一度自腹で支払い、あとから請求するタイプに対し、アニコムは会員証を病院に提示するだけで保険料のぶんが差し引かれます。これがすごい楽なんですよね。

他にも窓口精算が出来るところもありますが、アニコムが一番提携病院が多いです。
その代り保険料は高めの設定なので、めんどくさがりな人や、普段忙しくしてる人などにおすすめな保険です。

アニコムの口コミ

  • 窓口精算が楽
  • 健康割引がうれしい
  • 提携病院が多くて助かる

猫のペット保険 アイペット:かかりつけの病院が提携していればラッキー

メリット

  • 窓口精算が出来る(うちの子プランのみ)
  • 12歳まで加入できる

デメリット

  • 日数、回数制限あり
  • 9歳から急に保険料が上がる

こちらもアニコムに比べると提携病院は少ないものの、窓口精算可能な数少ない保険となっています。アニコムより上限限度額、補償日数が高いので、かかりつけの病院がアイペット提携でしたらこちらもおすすめです。
ただし、アニコムは保険料の上昇がゆるやかなのに対し、アイペットは急に上がるため注意が必要です。

アイペットの口コミ

  • 窓口精算が楽
  • 割引が充実している
  • 10歳を超えても加入できるところが嬉しい

まとめ

老人と猫

猫のペット保険について、お分かりいただけたでしょうか。
ここでご紹介した猫のペット保険以外にも、安い、高い、終身型ではない、免責事項が多いものなど、様々なペット保険があります。
保険に加入する前に愛猫の特徴をよく考え、愛猫に合った猫のペット保険を選ぶようにしましょう。

40代 女性 かなこちゃん

普段はあまり、ピント来ないペット保険ですが、昔実家で飼っていた猫ちゃんが骨肉腫になり手術をして前の足一本を、切断しなければならなくなりました。かなりの時間をかけて手術が行われました。2週間ほどして、退院したあと、様子がおかしいのでセカンドオピニオンで、腫瘍専門の獣医師に診ていただいたところ、骨が皮膚に引っ掛かっていてウミがたまっているし、かなり痛いのにがんばっているね。といわれ、前の獣医さんに腹が立ちました。腫瘍専門の獣医師に、再手術をお願いして、かかるだろう治療費が、ペット保険にはいっていたお陰で、六万円くらいですみました。
そのときばかりは、ペット保険のありがたさを痛感しました。
人気のキーワード