猫はジメジメが嫌い!梅雨の時期に出来る対策

【獣医師監修】猫はジメジメが嫌い!梅雨の時期に出来る対策

祖先が砂漠出身という猫は、暑さには強くても、梅雨のジメジメは苦手だと言います。苦手な気候で体調を崩しやすくなるという話も・・・。愛猫にジメジメと嫌な梅雨の季節も快適に過ごして貰う為、できる対策はあるのでしょうか?

1350view

SupervisorImage

記事の監修

北里大学獣医学科卒業。埼玉県内の動物病院で勤務医をしながら教育・研究にも携わっており、大学では『伴侶動物の鉄代謝』をテーマに研究しています。『猫は小さな犬ではない』という格言のもと、何よりも猫ちゃんの健康と福祉の向上を一番に考え、日々の診療に励んでおります。

梅雨のジメジメが猫にもたらす影響とは?

雨の窓際にいる猫

ジメジメとした梅雨の時期は、本当に気分が滅入ります。最近ははっきりとした梅雨、というのがない気もしますが、日本特有の湿度が高いジメジメとした日が続くと、猫にどのような影響があるのでしょうか?まずはじめに把握しておきましょう。

  • 体温調整がうまくいかない
  • 食中毒の可能性
  • 病気にかかりやすい
  • トイレの匂い
  • ストレスを溜めやすい
  • ノミ、ダニの繁殖

体温調整がうまくいかない

毛づくろいする猫

猫は毛づくろいをしょっちゅうしますが、これは毛並みを整えたり汚れや匂いを落としたりするだけでなく、体温調整の役割もあるのです。

唾液が蒸発する時の気化熱を利用して体温を下げていますが、湿度が高いと蒸発しない為、体温調節がうまくいかなくなってしまいます。食欲が落ちる、熱中症の可能性も。

食中毒の可能性

フードと子猫

湿度が高くなると、食べ物が腐りやすくなります。

特に、ウェットフードは要注意です。猫が食べ残した場合は、すぐに処分するようにしましょう。ドライフードも、あまり長時間置いておくのは考えものです。十分に注意して、なるべく新鮮なフードを与えるようにしてください。水もマメに変えましょう。

病気にかかりやすい

治療を受ける猫

猫は雨の日は、狩りをしない習性があります。その為、一日中寝ている事も。運動をしないと飲水量が減り、膀胱炎や尿石症などの下部尿路疾患を発症しやすくなります。なるべく一緒に遊んで、猫の運動量を増やしてあげてください。

トイレの匂い

トイレにいる子猫

トイレの匂いがキツクなるのも、梅雨の時期です。固まるタイプの砂は、湿気を含んで固まりにくくなる場合も。トイレの風通しを良くして、こまめに掃除してください。

ストレスを溜めやすい

ソファーで伏せる猫

雨が続くと、鳥などの動きも少なくなります。いつも窓から眺めていた鳥たちの姿が見えず、退屈してしまうかもしれません。また、雨に外の匂いがかき消されて、外の様子を知ることが難しくなるかも。そうなると、猫がストレスを溜める原因になりかねません。猫にとってストレスは万病のもとです。

ノミ、ダニの繁殖

ノミダニ

気温や湿度が高いと、ノミやダニが繁殖しやすくなります。ノミやダニが原因の皮膚病や耳の病気などにかかりやすくなるので、猫が使う布団やベッドは、清潔に保つようにしましょう。

梅雨も猫に快適に過ごして貰うには?

雨の窓際でくつろぐ猫

不快指数が高くなる梅雨も、猫に快適に過ごして貰う方法はあるのでしょうか?

  • エアコンを使う
  • 晴れた日の有効活用
  • 好きなおやつ、フードの導入

エアコンを使う

エアコンをうまく使って、部屋の湿度を下げる方法です。エアコンはとても便利ですが、猫はエアコンの冷気があまり好きではありません。ですから、なるべく猫に風が当たらないように上向きにし、設定温度を高めに、除湿か微弱で使用すると良いでしょう。

最近の高性能なエアコンならば、もしかすると猫が快適な温度に保ってくれるかもしれませんが。エアコンをかけている部屋とそうでない部屋を猫が自由に行き来できるようにしておく事も大切です。

晴れた日の有効活用

天の恵みのような梅雨の晴れ間。これを有効活用しない手はありません。晴れた日にまとめて、猫の布団やトイレなど、日光で消毒してしまいましょう。

好きなおやつ、フードの導入

梅雨で猫の食欲が落ちた時、頼りになるのは猫が好きなおやつやフードです。香りが強めのものにすると、猫の食欲をそそってくれます。与えすぎには注意して、いつものフードにトッピングすると良いでしょう。

まとめ

野良猫に傘をさす少年

梅雨に雨が降らないと困ることになるとは言え、湿度が高いのは苦手、という方は多いでしょう。猫と快適に梅雨を乗り越える為、できることはしていきたいですね。

梅雨の次には暑〜い夏の到来が待っていますから気は抜けません。なるべく梅雨を楽しむ気持ちを持つことも、大事です。今年の梅雨は何をして、過ごしましょうか?