猫がゴロゴロと喉を鳴らす6つの理由とその気持ち

猫がゴロゴロと喉を鳴らす6つの理由とその気持ち

猫がゴロゴロ、グルグルと喉を鳴らす理由として多く知られているのは「猫が満足している」からだと思いますが、決してそれだけではありません。猫がゴロゴロ、グルグルと喉を鳴らすのにはいろんな理由や気持ちが表れているので、ここではそのいくつか書いていきたいと思います。

9389view

猫がゴロゴロと鳴く理由

ゴロゴロと鳴く猫

猫がゴロゴロと鳴くのはなぜなのでしょうか?猫がゴロゴロ、グルグルと鳴くのは一般的に「満足しているから」と思われていますが、それだけではないのです!!

猫がゴロゴロと鳴くのは、様々な理由があります。猫がゴロゴロと鳴くのはなぜかそれぞれ解説していきましょう。

  • 満足している、リラックスしているから
  • 緊張している自分を落ち着かせる、または相手をなだめているから
  • ケガや病気などの痛みを和らげているから
  • 安心しているから
  • 甘えているから
  • 狩りをした獲物の痛みを和らげて落ち着かせているから

満足している、リラックスしているから

猫が喉をゴロゴロと鳴らす理由のほとんどがリラックス状態の時にみられます。飼い主さんが撫でてくれて、気持ちよくてゴロゴロ鳴らしていたり、抱っこしてもらって満足して鳴らしているなど、いろいろです。撫でている時に猫がゴロゴロと喉を鳴らしていたら、満足しているんだな、リラックスしているんだな、と感じ取ってあげましょう。

緊張している自分を落ち着かせる、または相手をなだめているから

猫は、緊張した時もゴロゴロと喉を鳴らします。猫にとっての緊張とは、自分のテリトリーに入ってきてほしくないのに人や知らない猫が入ってきた。今から何をされるんだろう…といった状態の際猫は緊張して、ソファーや本棚の陰に隠れたり、毛を逆立てたりします。

この際猫はゴロゴロと鳴く事もあるのです。理由は相手をなだめるために鳴らすのと、自分を落ち着かすために鳴らす。という二つの意味があります。

ケガや病気などの痛みを和らげているから

猫がケガや病気で痛みがある時、患部をなめる等しながら、猫はゴロゴロと鳴く事がよくあります。病院で治療を受けている際は、先ほどご紹介した緊張してゴロゴロ鳴く事もありますが、治療中の怪我の痛みからだったり、治療中の病気の苦痛からのゴロゴロを鳴らしていることもあります。

猫がゴロゴロと鳴らすのには痛みを和らげる「鎮静効果」もあると言われています。

安心しているから

寝ているベッドに入ってきてゴロゴロと鳴らしながら甘えてくることは飼い主さんならよく分かると思いますが、この時のゴロゴロは飼い主さんに対しての安心感や信頼関係があるからこそのゴロゴロであることがわかりますね。

飼い主さんにとって愛猫がゴロゴロ鳴らしながら一緒に寝るのは至福のひと時ですよね。猫もそうなんですよ。

甘えているから

猫がゴロゴロと喉を鳴らし始めるのは、生後一週齢からだと言われています。母猫と意思疎通するために鳴らします。

それが、母猫との間だけではなく人間と猫の間でも行われるのです。飼い猫としての猫ちゃんもゴロゴロ鳴らすことがありますが、これは、飼い主さんを母猫だとおもい、ゴロゴロと子猫気分で甘えているという事があげられますね。

狩りをした獲物の痛みを和らげて落ち着かせているから

その他に、野生のネコ科の動物も喉をゴロゴロと鳴らしますが、一説の研究では、猫のゴロゴロには、先ほどご紹介した痛みを和らげる効果があり、狩りで射止めた獲物の痛みを和らげ、ゴロゴロと喉を鳴らし暴れないようにしているのではないか?と言われています。

猫がゴロゴロと喉を鳴らす仕組み

首をかしげている猫

猫はゴロゴロと喉をどう鳴らしているのか?とても不思議ですよね。実は科学的に解明されていませんが、ゴロゴロの仕組みは主に「血液乱流」と「仮声帯説」の2つの説があると言われています。

血液乱流説

大静脈から心臓に向かって流れる血流が増加すると、流れが乱れて、渦巻く血流が低い音を出し横隔膜がその振動を増幅させてゴロゴロと鳴る説。

仮声帯説

猫には声を出す声帯の他に、仮声帯と呼ばれる喉頭室皺壁があり、喉頭筋を収縮させることでゴロゴロという音を出している説。

これらが猫がゴロゴロと言う仕組みだと推測されています。猫についてはまだまだ分からないことが多いようですね!

猫がゴロゴロとなくときの病気の可能性

獣医師に聴診器を当てられている猫

猫の喉を鳴らす「ゴロゴロ」は鎮静効果もあると言われています。もしかしたらゴロゴロと鳴らしているのは病気の苦痛を自分なりに鎮静させようとしているのかもしれません。いつもと様子がおかしいな?と感じたら、早めにきちんと病院に連れて行ってあげたほうがいいですね!

猫が鳴らすゴロゴロ音で免疫力が上がる!

猫の顎

「猫が鳴らすゴロゴロはケガや病気などの痛みを和らげている」と説明しましたが、なんとゴロゴロ音は人間にも効果があることが最近の研究によってわかってきました。猫が発する低くて細かいゴロゴロ音の振動の周波数が免疫力や自然治癒力を高める効果があるそうです。

実際に骨折をしたウサギに猫のゴロゴロ音に似た周波数を当てたところ、通常より早く回復したとの報告されています。また、これは「超音波骨折治療法」として様々なスポーツ選手が治療を受けたということで注目されています。

猫がゴロゴロと喉を鳴らすの止める方法

猫がゴロゴロ言うのが嫌だ!という方もいるかもしれません。別に猫がゴロゴロ言うのをワザワザ止めることではありませんが、聴診時に猫がゴロゴロ言っていると獣医さんがとても困るみたいですね。ゴロゴロを止めることのできるいくつかの対処法があるようですので、紹介します。

  • 耳に息を吹きかける
  • アルコールを薄めたスプレーを猫の近くにかける
  • 水を流した状態の水道の近くに猫を連れて行く

これらの対処法をうちで飼っている猫ちゃんに試したので効果的だったのが、「耳に息を吹きかける」でした!ただ、愛猫がゴロゴロと言ってきているのをわざわざ止める必要はありませんので、この対処法は滅多に必要としないものですが、豆知識として知っておいて損はないと思います。

まとめ

猫がゴロゴロと喉を鳴らしている

  • 猫がゴロゴロいうのは、満足している証拠
  • 猫がゴロゴロ鳴くのは、リラックスしている証拠
  • 猫がゴロゴロ鳴く時は緊張している場合もある
  • 猫はゴロゴロ鳴く事で痛みを和らげている
  • 猫がゴロゴロいうのは、安心している時
  • 猫はゴロゴロ鳴く事で甘えている
  • 猫はゴロゴロ鳴く事で狩りをした獲物を落ち着かせる

多くは猫のゴロゴロに対してポジティブなイメージを持たれていることが多いですが、それだけとは限りません。辛くても鳴らすことがあるということです!そのことも踏まえてこれからも、愛猫ちゃんと一緒に生活していくともっと距離が縮まるかもしれませんよ!

女性 すぅ

うちの猫は何でもない時によく「ゴロゴロ」と喉を鳴らしていて、動物病院に行く時も「ゴロゴロ」と喉を鳴らしていました。病院は好きではなさそうなのにどうしてだろうと思っていましたが、緊張している時にも猫はゴロゴロ喉を鳴らすのだと参考になりました!
人気のキーワード