猫にバラ(薔薇)は安全な花?お部屋で飾る時の注意点バラ

猫にバラ(薔薇)は安全な花?お部屋で飾る時の注意点バラ

お部屋にバラを飾るのは、猫にとって危険なのでしょうか。バラを飾るときに注意したいことや、猫にとってバラ以外の危険な植物を調べました。猫に危険な植物は、身近にあるようです。

1755view

猫にバラは大丈夫?

子猫(ブリティッシュショートヘア)

猫にバラの花は大丈夫!

猫にバラの花、茎、葉は問題ありません。

バラの実や種は危険

しかし、気を付けたいのは、バラの実や種です。実はバラの種子には「アミグダリン」という毒性がある成分が含まれています。

特に未熟なバラの実の種子にはアミグダリンが含まれているので、猫に近づけない方がいいです。しかしバラの実が成熟すると、アミグダリンは分解されるので、毒性の心配はありません。

バラの種子に含まれるアミグダリンはシアン化合物で、胃液と反応するとシアン化水素が発生し、青酸中毒となってしまいます。呼吸困難になるため、バラの種子を食べてしまった場合はすぐに吐き出させる処置が必要です。

猫は体に害があるものを自然と避けますが、室内での刺激のない生活や、ごはんが足りない場合などに、口にしてしまう可能があります。また、飼い主が留守でいないときは、普段しない行動をとってしまうことがあります。

バラの棘にも注意!

子猫の場合は、あらゆるものをおもちゃにすることもあり、バラの棘でケガをすることも考えられます。中毒の他に、異物による窒息や腸閉塞を起こす心配もあるので、バラを飾るときは、猫がいない場所にした方が安心です。

猫に危険なバラとは?

猫と果物

バラ科の植物が危険

  • アンズ
  • モモ
  • サクラ
  • スモモ
  • ビワ
  • ウメ

未成熟のバラの実にはアミグダリンという毒性のある成分が含まれています。花を楽しむバラ以外にも猫に危険となるバラがあるのです。それは「バラ科」の植物です。アンズ、モモ、サクラなどがそれに当てはまります。

これらの植物もバラと同じように、未熟な種子や種子の周りの果肉にアミグダリンを含むのです。食べてしまうと、胃液と反応し、青酸中毒となり危険です。他には、スモモやビワ、ウメも当てはまります。

猫はバラなど未熟な実や、種子を食べることはほとんどありませんが、種子をおもちゃにして遊ぶことがあります。遊んでいるうちに誤飲してしまうことがあるので、猫から見えない場所に片づけた方が安心です。

バラ以外で猫に危険な植物

ユリ

バラ以外の植物にも猫にとって危険なものがあります。その中から、プレゼントなどでもらうことが多いものや、季節柄お店に出回ることが多いものを紹介します。

もし、猫が食べてしまった場合はなるべく早く病院を受診し、植物の種類や、食べた量、食べてからどれくらいたったのかなどを説明しましょう。植物の名前が分からなければ、写真を撮って見てもらいます。

ユリ

ユリは猫にとってとても危険な植物です。バラは未熟なバラの実や種子に毒性がありますが、ユリは植物全体に毒性があります。ユリの花粉や、ユリを生けてある花瓶の水も危険なのです。

猫がユリを口にすると、嘔吐、下痢、脱水、急性腎不全が起こり、命に関わる場合もあります。食べてすぐならば、吐かせたり胃を洗浄することで助かる可能性がありますが、治療が難しいため、1週間ほどで亡くなるといわれています。

仏花として使われる花なので、飾るときは十分注意が必要です。

シクラメン

シクラメン全体に毒性があり、特に根が危険です。シクラミンという成分が原因とされ、胃腸炎や皮膚炎を発症します。けいれんを起こすこともあるので、早めに病院を受診をしましょう。

ポインセチア

樹液に毒性があり、皮膚炎が起きたり、嘔吐、下痢になったりします。

ポトス

シュウ酸カルシウムを多く含むため、急性腎不全を発症します。皮膚炎を起こすこともあるので、触れた部分を洗い流しましょう。

アジサイ

つぼみに毒性があり、青酸中毒を起こします。食べた量にもよりますが、けいれんや呼吸困難となるので、食べたことが分かればすぐに病院を受診しましょう。

カーネーション

胃腸障害、皮膚炎を発症します。軽症の場合が多いようですが、注意が必要です。

アロエ

人間では健康に良いとされるアロエですが、猫はアロエの樹液で下痢を起こしてしまうことがあります。食べた量にもよりますが、治療が必要になることがあるので、注意が必要です。

かすみ草

嘔吐や下痢を引き起こします。かすみ草のにおいが好きで、かすみ草を食べたがる猫がいるようです。花束でバラと一緒に使われることもある花なので、飾るときは猫が近づけないような場所にすることをおすすめします。

まとめ

あくびする三毛猫

猫にとって、バラの花や葉は問題ありませんが、未熟な実が危険となります。バラの実を飾るときは、猫が触れられないような場所にすることをおすすめします。また、棘は取り除いた方が、ケガの防止になりますね。

バラの実だけではなく、「バラ科」の植物も同じ成分を含むため、扱いには注意が必要です。特に種をおもちゃにして誤飲してしまうことが考えられます。

その他にも、ユリ、アジサイ、かすみ草など、もらったり、飾ったりする機会が多い植物には猫にとって危険となるものが多いです。

少量でも命に関わるものがあるので、猫がいる部屋には植物を置かないようにするか、猫に安全な植物を良く調べてから飾るようにしましょう。

人気のキーワード