猫にも安全なルームフレグランスの特徴とは?

猫にも安全なルームフレグランスの特徴とは?

今流行りのルームフレグランスは、凄く香りが良く形もオシャレな物が多いですね。そんなルームフレグランスと言われている芳香剤は猫には安全なのでしょうか?何も知らずに使ってしまう前にこちらを読んで見てください。

9259view

猫にルームフレグランスはいいの?

白黒ぶちの猫

ルームフレグランスは、いくつか種類がありスティックタイプのディフューザー、水とエッセンシャルオイルで香りを出すアロマディフューザー、お香、アロマキャンドル等があり、部屋の匂い付けやリラックス効果等を目的に使用します。

しかし猫には中毒性があり、猫を飼っている家ではオススメは出来ないのです。猫にとってアロマ等のフレグランスは、人間で例えれば部屋を締め切ってバルサンを焚いたのと同じ感覚になるのかも知れません。

また、猫は強い匂いや柑橘系の香りを嫌うので、ラベンダー、シナモン、ローズマリー等が庭にまく用の「猫よけスプレー」として使用されています。

猫に安全なルームフレグランスはあるのか?

部屋の中でアロマオイルやお香を焚くのは、やはりおすすめ出来ません。使用する物にどの成分がどれだけ入っているのか、猫に何が有害で、安全なのかをはっきり特定が出来ないので、避ける事が安全な方法だと思います。

しかし、猫が舐めたり、吸い込む危険性を考え天然成分で出来た天然のエッセンス商品も出ています。犬や猫が舐めても大丈夫なように作られていて、リフレッシュ効果· 消臭· 抗菌· 防虫効果があり動物病院やペットショップでも使用されているそうです。

また、エッセンシャルオイルを使用せずに、ハイドロゾール(芳香蒸留水)なら大丈夫ではないかと言う意見もあります。こちらは、エッセンシャルオイルのような強い香りはなく、成分はほぼ水になるのでエッセンシャルオイルが微量しか残らないと言われています。

ハイドロゾールに関して確実に大丈夫!と言う報告がある訳では無いので、安全とは言いきれないのが現状だと思います。

猫にルームフレグランスが危険な理由

皿の上の植物

アロマ成分が有害な理由

フレグランス等に使われるアロマ成分(精油)には植物のエキスが濃縮されている為、猫には有害であり中毒症状の危険があると言われています。また、猫に有害な植物は700種類もあると言われています。

特に芳香剤よりもアロマオイルやアロマキャンドルが非常に匂いが強いのです。猫には人間と違い、精油=エッセンシャルオイルを分解する機能が弱いから中毒を起こしやすいと言う事になります。

事例から

こんな事例があります。アメリカで販売、使用されていたノミ取り薬やシャンプーに「ティートゥリー」と言う、アロマ成分が配合された商品がありました。

それを使用した猫が、体調を悪くしたり亡くなってしまったと言う事例があります。また、アロマオイルを使い続ける事で猫が中毒を起こしたケースも報告されています。すぐに反応がなくても体に蓄積されていく可能性もあるのです。

特に猫に毒性と言われるアロマオイルとは?

エッセンシャルに使用する成分に含まれるアロマオイルで『リモネン』『ピネン』『フェノール類』『ケトン類』の4種は、特に毒性が高いのだそうです。

  • リモネン(柑橘類)
  • ピネン(ヒノキ、ローズマリー、ユーカリ、カモミールなど)
  • フェノール類(バジル、タイム、オレガノなど)
  • ケトン類(セージ、ヒソップ、ペパーミントなど)

猫の前でルームフレグランスを使用する場合の注意

茶トラ白の猫

個人的には、アロマオイルや、お香を猫の前で使用するのは進めません。しかしどうしてもルームフレグランスを使用したいのならば、天然成分の物を使うとか、何倍も薄めて使う、外出時にだけフレグランスミストを使う事でも多少は変わってきます。

使用する際は、猫の居ない部屋で焚く、終われば換気をすると言った事を心がけて欲しいです。

まとめ

左を向いている猫

ルームフレグランスが、猫にとって有害とされ良くない事がわかりました。猫の居る家では、芳香剤ではなく消臭剤を使う方が猫には安全な事なようです。やはり一番は、空気清浄機なのかもしれません。

ルームフレグランスが猫に悪いと気にしすぎと思う人も中には居るとは思いますが、私は猫のいる所では、きつい香りのする物は使用したくないと思います。