猫グッズをよく買うのは大阪の人?調査で分かった販売動向

猫グッズをよく買うのは大阪の人?調査で分かった販売動向

猫グッズを買うのはいったいどんな人なのか?そんな疑問の答えが2018年2月ねこの日に発表され話題を呼んでいます。年々販売市場が拡大している猫グッズ市場の経済効果は、一部では東京五輪よりも大きいといわれるほど日本に絶大な影響を及ぼしています。そんな猫グッズをもっともよく買うのはどんな人なのか、調査でわかった販売動向をご紹介します。

1103view

猫グッズに関する販売動向

猫のハロウィングッズ

ネコノミクスと呼ばれるほどの社会現象を巻き起こしている猫グッズ市場の販売動向を調べたのはファッション・雑貨アイテムを扱う仕入れサイト「スーパーデリバリー」です。

猫グッズを含め約67万点もの商品を取り扱うスーパーデリバリーの中でも猫グッズの販売は大部分を占め、検索キーワードも「ねこ」というワードが常に上位に入っているほどです。そんなスーパーデリバリーは日本の経済市場に絶大な影響を与えている猫グッズの販売動向をリサーチし発表したのです。

日本で1番猫グッズを買っているのは「大阪の人」!

和風なお家にいる猫

2018年1月1日~2018年1月31日までの一か月間でねこ関連グッズの購入金額を都道府県別に調べたところ驚くべき結果となったのです。そのランキングがこちら。

  • 1位 大阪府
  • 2位 東京都
  • 3位 神奈川県
  • 4位 兵庫県
  • 5位 北海道

日本の中心である東京や西日本の代表である大阪府がランキング上位に入っているのは納得できますが、驚くべきは1位の大阪府は2位の東京よりも1.2倍もの差をつけて1位に輝いたのです。

ご存知の通り、東京は日本の中心地であり人口も店舗の数も大阪の比ではないはずです。

それなのに、東京都よりも大阪府のほうが猫グッズの販売量が多いというのは、「大阪府民は猫好きが多い」といってもいいのではないでしょうか?

猫グッズ売れ筋ランキングトップ3

パソコンと猫

続いての調査データは無数にある猫グッズの中で今もっとも売れている商品のランキングです。

ステーショナリー関連から雑貨関連、アクセサリー関連など猫グッズは様々なものが存在していますが、いったいどのような商品が猫好きの間で売れているのでしょうか?

【1位 ねこが浮き出る醤油皿】

絵柄が浮き出る醤油皿<ねこ>
388円(税込)

第1位はこちらの「ねこが浮き出る醤油皿」です。あらかじめ凹凸のある醤油皿に醤油を流しいれると猫のかわいいシルエットが浮き出るという、とてもキュートな商品で自分用に購入するだけではなく、猫好きの友人などにプレゼントをするギフトとしても人気が高いのがランキング1位に輝いた勝因といえます。

【2位 ねこの手グラス】

アデリア 猫 グラス coconeco 子猫ミケ 230ml 6676 6676
1,080円(税込)

続いて第2位に輝いたのは猫の手がグラスの形になっている「ねこの手グラス」でした。こちらの商品は見た目がかわいいのはもちろんのこと、底面に描かれた肉球が芸が細かくてかわいいと話題になった商品です。色は「ミケ」「ブチ」「トラ」の三種類。お好みのねこグラスを選べるのも楽しみの一つですよね。

【3位 カップのふちに引っかけるスプーン】

デコレ スプーン よじのぼりスプーン 3種セット 三毛猫 トラ猫 黒猫 MG-4877
2,480円(税込)

第3位に輝いたのは可愛いだけではなく実用的でもあるこちらの「カップのふちに引っかけるスプーン」でした。

カップスープなどを飲むときに困るのがスプーンの置き場ですよね。机に置くのも何となく嫌だしかといって持っておくのも邪魔だしと地味にストレスに感じている人も多いのではないでしょうか?

そんなストレスを解消させてくれるのが、こちらのスプーンです。カップのふちに引っかけられるのでスプーンの置き場に困るストレスを解消できるだけではなく、見た目もかわいいとても優秀な商品です。

猫グッズの売れ筋は食器

猫の食器

発表されたランキングのトップ3が食器という結果を以外に思った方も多いのではないでしょうか?これまでは猫グッズの中でも「ぬいぐるみ」「置き物」といった雑貨に人気が集中していましたが、今年は食器関連や猫モチーフのカトラリーに人気が集中しています。

この結果からわかることは、猫グッズを購入するそうはこれまで、若い女性が中心だったが現在は猫グッズを買う層がさらに広がり、主婦や一人暮らしの女性や男性にまで広がっているということがいえます。

海外の猫グッズ購入ランキング1位は台湾

旧正月カードを持つ猫

猫グッズの販売は日本だけに留まらず、世界的にも売れ行きが上昇している傾向にあります。一部では2017年の猫グッズ購入金額は2016年よりも300%もアップしているというデータもあります。それほど猫ブームは日本だけではなく世界中を巻き込んでいるということですね。

海外諸国で猫グッズをもっとも多く購入した国は台湾で、アメリカ、香港と続きます。さらに猫グッズの人気は食器系のほかぬいぐるみや抱き枕に集中している傾向にあるようです。

まとめ

リボンをつけている子猫

猫グッズの販売動向について解説しましたがいかがでしたか?もっとも多く猫グッズを購入していたのは大阪府でしたが、まだまだ2018年は始まったばかりです。これからも猫グッズの購入金額は上がっていくでしょうから、ランキングはまだまだ変動することが予想されます。

ただ、一つ言えることはこの猫ブームはまだまだ続くだろうということです。日本に訪れた空前の猫ブーム、いつまで続くかはわかりませんが、猫好きにとっては大歓喜するようなこの時代が永遠に続いたらいいのにと思ってしまいました。

人気のキーワード