猫が短く鳴く5つの気持ち

猫が短く鳴く5つの気持ち

猫が短く鳴くのはどんな意味があるのでしょうか?猫は猫同士コミュニケーションを取る場合、ボディランゲージを使う事が多いのですが、対人間になると、鳴き声を発して自分の気持ちを伝えようとします。猫の鳴き声には長く鳴くものやほとんど聞こえないような小さな鳴き声など様々な種類がありますが、その中でも短く鳴く時の気持ちを、見て見ましょう。猫が短く鳴くのには、どんな気持ちが込められているのでしょうか?

28871view

猫が短く鳴くのはどんな気持ちの時?

短く鳴く1

猫が短く鳴く時は、このような意味、気持ちがあるようです。

  • 猫が短く鳴く挨拶
  • 猫が短く鳴くのは嬉しい時
  • 猫が短く鳴く事で返事、相槌をしている
  • 猫が短く鳴くのは驚いた時
  • 鳥を見つける等して猫が短く鳴く

1.猫が短く鳴くのは挨拶!

手を上げる猫

飼い主さんが帰宅した時や顔見知りと会った時など、短く鳴く挨拶をしています。礼儀正しい猫ですね。自分がここにいるよ、と存在をアピールし、相手の注意を引きたい、という気持ちもあります。比較的、甘えん坊傾向が強く、社交性のある猫がよく短く鳴くようです。

我が家では愛猫が布団に粗相をする事があるので、寝室には入れないようにしているのですが、朝「ニャァァ〜ン!(ドアを開けろ〜!)」と要求してきます。

こちらが起きてドアを開けると、「ニャッ!ニャッ!」とちょっと興奮気味に短く鳴くのですが、きっと「おはよう!朝だよ。」と挨拶してくれているのだと、思います。

2.猫が短く鳴くのは嬉しい時

撫でられる白い猫

ご飯を貰える時や遊んで貰える時など、嬉しい気持ちを表現するのに、短く鳴く事があります。「早く早く!」と期待に溢れ、目も輝いているでしょう。

我が家の猫は、こちらがおもちゃを持つと「ニャニャッ!」と短く鳴くのです。おもちゃを動かさなくなるとまた、「ニャッ」と一言いうので、「もっと遊んで!」という要求の意味も含まれているのかもしれません。

3.猫が短く鳴く事で返事、相槌をしている

首を傾げる猫

飼い主さんが名前を呼んだ時や話かけた時など、短く鳴く事で返事をしたり、相槌を打ったりしているようです。愛猫に話かけてもあまり返事は期待できないものの、たまにでも返事をしてくれたら、とても嬉しいですよね!

そんな事で一喜一憂している自分を、猫にうまい具合に操られているなぁ、と思ってしまうのは、私だけでしょうか?

4.猫が短く鳴くのはびっくりした時

丸い目の子猫

例えば猫がうたた寝している時に突然、何かが接近してきたなど、思わぬ出来事でびっくりした時、短く鳴く場合も。確かに、愛猫が寝ていて、不意に撫でた時、「ニャッ!?」と寝ぼけまなこで見られる事があります。

猫は寝ていると言ってもその大半は浅い眠りのようですが、4時間程度は熟睡していると言われています。その熟睡を邪魔してしまうと、猫にとって良くありませんので、いくら寝顔が可愛くて触りたくなっても、グッと堪えた方が、良いのかもしれませんね。

5.猫が短く鳴くクラッキング

小鳥と子猫

「クラッキング」とは、目の前の獲物に手が届かなくて、悔しそうに短く鳴く事を言います。

愛猫が窓の外を眺めながら、「ケケケ」とか「カッカッ」と短く鳴くのを、聞いた事はありませんか?「あぁ〜あの鳥捕まえたいのに、無理・・・ちくしょ〜!」と思っているかどうかは分かりませんが、近い気持ちなのは間違えありません。

短く鳴く猫は甘えん坊

短く鳴く7

短く鳴く猫は甘えん坊な性格だといわれています。猫は基本的に、鳴かない動物です。野生の環境下で鳴き声をあげると、敵に見つかる恐れがあるからです。

猫が短く鳴くのは子猫の時

ただ、野生の猫でも鳴き声を頻繁にあげる事があります。それは、子猫の時です。子猫の時は母猫に居場所を知らせたり注意を促したり、何かの要求をするのに、鳴き声を使ってコミュニケーションします。

飼い猫の場合、飼い主さんとコミュニケーションを取るのに鳴くようになるのですが、これは飼い主さんを母猫とみなしているからだ、と言われています。

特に、不妊手術を行なった猫は性格が子猫のままになる傾向がありますので、いつまでも子猫気分のまま、母猫代わりの飼い主さんに対して、良く短く鳴くようになるのでしょう。

飼い主さんと目が合う度に短く鳴く、連続して短く鳴くなど、良く鳴く猫はそれだけ飼い主さん(母猫)に対する依存度が高い、甘えん坊だと結論づける事ができそうです。

まとめ

短く鳴く8
  • 猫が短く鳴くのは、挨拶をしている
  • 猫が短く鳴くのは、嬉しい時
  • 猫が短く鳴く時は、びっくりした時
  • 猫が短く鳴く時は、お返事をしている
  • 猫が短く鳴く時は、もどかしい時

猫が短く鳴く理由は、色々ですね。

猫が鳴くのは可愛いですが、そこにどんな意味があるか、どんな気持ちで短く鳴くのかを、推測してみると面白いでしょう。

愛猫の気持ちが分かれば、より絆が深まります。あなたの愛猫は、どんな理由で短く鳴くと、思いますか?

40代 女性 しほ

我が家の猫ちゃんも、短く鳴く時があります。
それは、遠慮ぎみに遊びに誘っているときや不機嫌なときです。ニャッと鳴いて私たちを遊びに誘ったりしますし、2匹が喧嘩をした後に苛立ってニャニャと、鳴いていることもあります。そんなときは、私達は猫ちゃんと目を合わさずにほおっておきます。暫くすると普段の猫ちゃんに戻ってくれます。短く鳴くときはなにか考えてのことなんですね。

女性 匿名

しばらく構ってやれなかった時、珍しく猫から膝に乗り、私の方に顔を向け、
チラッ、チラッ、とこちらを見て、目を合わせるたび、短くニャ、ニャ、と鳴いてきました。
母親に甘える子猫の気持ちだったのかと、ますます、愛おしくなりました。

三毛の雌です。
人気のキーワード