猫と避難する時の持ち物や事前にやっておくべき事

猫と避難する時の持ち物や事前にやっておくべき事

猫と避難をするときにどのような持ち物やどのような行動が適切かご存じですか?避難をする時の状況や避難場所によっては大切な愛猫を自宅に置いていかなければならないこともあります。そのような緊急事態に愛猫を守るためには事前に避難するときの持ち物をなどを知っておく必要があります。今回は避難をしなければいけないときの為に知っておくべきことをご紹介します。

2438view

猫と避難する時に必要な物

バック

まずは実際に猫と避難する時に必要なものをご説明します。避難をしなければいけないときは突然やってきます。まずは、避難グッズを普段から準備をしておいて、災害時にはすぐに持ち出せるようにしておきましょう。

猫の避難グッズ1.キャリー

猫kと避難する時忘れていけないのが猫を移動させるためにも猫用のキャリーは最低限用意をしておくべきものです。避難所では猫はキャリーの中で過ごすことになることもありますので、普段からキャリーに慣れさせておくと避難時もストレスが軽減された状態で生活することができます。

猫の避難グッズ2.食糧と水

猫と避難する時は猫が飲めるお水を持ちましょう。最低でも1週間分は用意しておくと安心です。被災した場合、避難所にはペット用に物資も届きますが人が優先なので、水などは猫用の物まで回ってこない可能性もあります。

さらに避難先に届いた物資も十分ではない場合も多いので、できれば愛猫用の食糧と水は持参したほうがいいでしょう。

猫の避難グッズ3.ペットシーツか簡易猫トイレ

避難所には様々な人がいますので、周囲の迷惑にならないように最低限猫用のトイレとペットシーツは準備しておきましょう。

猫壱 ポータブル トイレ 黒
995円(税込)

商品情報
猫にストレスを与えない大きさと、足掛けでき、砂の飛び散りを防止する充分な高さがあります。内側に厚い防水布を使用しました。

最近ではこのような災害用の簡易猫トイレも発売されていますので、事前に用意をしておくと安心ですね。

猫の避難グッズ4.タオルと毛布

避難をする時は猫用のタオルと毛布を準備しておくと非常に重宝します。タオルや毛布は夜の防寒対策に使うこともできますしお手入れに役立てることもできます。避難時にキャリーの中に入れられる分だけでも結構ですからタオルは数枚持っていくようにしましょう。

猫の避難グッズ5.薬

老猫と避難する時など持病のある猫は薬を事前に用意しておくのも大切です。被災時は動物病院ももちろん被害にあっていますので、避難所や病院まで稼働するまでには時間がかかります。

その間に薬がなくなった愛猫の体調が急変してもどうしようもなくなってしまう場合もあります。そのような悲しい事態を防ぐためにも、猫と避難する際、持病の薬は最低1週間分は用意しておきましょう。

猫の避難グッズ6.ハーネス

避難時にあったら便利なのが、散歩などで使うハーネスです。避難所生活はケージの中で生活することを余儀なくされるので、とても窮屈な生活になります。

しかしそんな避難生活の中でもハーネスがあれば散歩をさせて気分転換をさせてあげることができます。怖がった猫が使いたがらない可能性も否定できませんが、ハーネスは念のために用意しておくといいでしょう。

避難する時猫を自宅に置いていく場合

自宅

避難をしないといけない場合、愛猫と一緒に避難出来ない場合もあります。どれだけ気をつけていても防ぎようがないのが自然災害です。自然災害に巻き込まれた場合、動物よりも人の安全が優先なのは残念ながらやむを得ません。

しかし、猫を自宅に置いて避難をする場合に気をつけるべきことは、温度管理と水です。

避難時猫を家に置いて行く時は「温度管理」を確認

災害時が夏の場合部屋を閉め切っていては熱中症になるかもしれません。また冬の場合窓を開けたまま避難をすると寒くて凍死をする可能性もあります。どれくらい自宅をあけるのかわからない場合は、想定できる事態を全て考え冷感グッズ、防寒グッズを用意しておくといいでしょう。

家族だけ避難する時は猫の飲み水を

さらに飲み水を大量に用意しておくことも重要です。可能であれば1週間程度の水を用意しておけば比較的安心でしょう。やむを得ず愛猫を自宅に置いていくのはとてもつらいでしょうが、愛猫を助けるためには飼い主が無事であることが大切です。

まずは飼い主であるあなたが助かることを考えましょう。

猫と避難所に行く場合

ケージ

避難所では猫が嫌いな人もいる

避難所には猫が好きな人もいれば猫嫌いな人、猫アレルギーを持っている人と様々な人が生活することになります。そのため愛猫を避難所につれて行く場合は周りの人に十分に配慮した生活が求められます。

避難所ではキャリーで生活させる

また、猫は避難所ではケージの中で生活をするかキャリーの中で生活をすることになります。狭い空間で生活を余儀なくされるのはとても可哀想に思いますが、様々な人が生活する避難所で猫と四六時中一緒にいることは難しいでしょう。

やむを得ませんが、避難生活が落ち着くまではキャリーやケージで生活をしてもらうようにしましょう。また見知らに人を怖がる猫ちゃんならケージやキャリーにタオルや布などをかけて目隠しをしてあげると怖がらないで済みます。つらい避難所生活ですが辛抱強く耐えてもらうようにしましょうね。

猫壱 ポータブルケージ 黒 猫2匹+トイレの入る広さが畳むとリュックに入ります
3,190円(税込)

商品情報
小さく折り畳めて便利なケージ。トイレやベッド、爪とぎなどを入れても十分な空間を確保し、ある程度の時間を中で過ごしても、猫が落ち着けるストレスの少ない環境を実現しました。

避難時に使える猫のポータブルケージが売っています。中が見えないようになっていますし、簡易トイレも入れられる事ができます。使わない時は小さく畳んでおくことが可能です。避難する時にすぐに使えるのでとっても便利ですよ!

猫と避難しないといけなくなる前に飼い主がしておくこと

カーテンに隠れる猫

避難をするときは突然やってきます。突然やってきた災害の時にどのような持ち物を持っていけばいいのか?どのような行動を取ればいいのかわからないという人もいらっしゃると思います。

避難前に時飼い主がやる事

いざ避難するときにスムーズに行動できるように飼い主がしておくべきことは以下のようなものがあります。

  • 迷子札をつけておく
  • はぐれた時のために動物病院でマイクロチップ(個体識別できるチップ)を入れておく
  • 避難所がペットを受け入れ可能か事前に確認をしておく
  • 普段からケージやキャリーに慣れさせておく
  • 避難時に必要な物をリュックに入れて用意しておく

避難しないといけなくなる事前に以上の項目を守るようにして万が一の事態に備えるようにしましょう。

まとめ

ケージに入った黒猫

猫にとっても人間にとっても避難生活はつらく厳しいものです。そんな避難時に少しでも愛猫にストレスをかけないように普段からの心がけがとても大切です。

ぜひ愛猫が大切ならば避難をするさいに必要な避難グッズをご自身の防災グッズと共に準備しておくようにしましょう。

人気のキーワード