猫が「んー」と鳴く理由と気持ち

猫が「んー」と鳴く理由と気持ち

猫は様々な声で鳴きますが「んー」と鳴いている姿を見たことはありませんか?「ニャー」とも違うし「ニャオーン」とも違う「んー」と鳴く理由とはいったいなんでしょう?また「んー」と短く鳴くのか長く鳴くのかにもよってその気持ちは微妙に違ってきます。本日は猫が「んー」と鳴く気持ちとその理由をご紹介しましょう。

39456view

猫が「んー」と鳴く時の気持ち

グレーの子猫
  • 猫の「んー」はお返事
  • 「んー」と鳴くのは猫同士の会話
  • 猫が「んー」と鳴く時はおねだりしている時

猫が「んー」と飼い主に鳴く理由

猫が「んー」と鳴く時の気持ちはズバリ「猫から信頼されている人への返事」です。つまり猫が仲良しだと思っている人に返事をするときに「んー」と鳴くのです。

愛猫が「んー」と鳴くタイミングを思い返したら撫でている時やゴロゴロと喉を鳴らしている時に鳴いているイメージありませんか?

猫の「んー」は猫同士の会話

この「んー」という鳴き声は仲のいい猫同士で使われれる鳴き声でもあり、野良猫は「にゃー」という鳴き声でやり取りをせずに、口を閉じたまま鳴くこの「んー」を使ってコミュニケーションを取ることがほとんどなのだそうです。

猫の「んー」は要求する時にも使う

その他にも「んー」は猫からのお願いの意味も含まれています。「遊んで-」「構って-」「何かちょうだいー」というお願いを「んー」という鳴き声で表しているのです。

猫がウルウルした目で「んー」と貴方に訴えてきたときは何かをお願いしている証拠です。信頼している飼い主様ならわかってくれるよね?んー?と何を求めているのでそのお願いを頑張って察してあげましょう。

猫が「んー」と短く鳴く気持ち

サバトラ猫と花

猫の「んー」が短い時は「好き」の証

「んー」と鳴く猫の鳴き声の中でも短く「んー」と鳴く声を聞くこともありますよね。短く「ん」「んー」と鳴く場合は、「好きだから貴方に近づくんだよ」ということを訴えているのです。

猫が「んー」と鳴きながら近づく理由

  • 猫が「んー」と言いながら近づくのは敵じゃないよの意味
  • 猫が「んー」と言いながら近づくのは友達になりたいの意味

どういうことかというと、猫は元々縄張り意識が強い動物だということはご存知ですよね?

人間にも人と人との距離感を保って生活するように、猫同士もある程度の距離感を持って生活をしています。

ただ好きな猫と仲良くなりたい為に、相手の縄張りに入って近づきたい、距離を縮めたいと思った時、相手に警戒されないように「んー」と言いながら「私は敵じゃないよ、平和的に近づきたいだけだよ」ということを伝えているのです。

相手と仲良くなりたいために「んー」という鳴き声で一生懸命「好きだから友達になりたい」ということを伝えているのです。そのためもし、あまり仲良くない猫が短く「んー」といいながら近づいてきてくれた場合は貴方と仲良くしたいと言ってくれているのです。

猫が「んー」と言っている時は、猫ちゃんと仲良くなりたい方は一世一代のチャンスです。気分屋な猫の気持ちが変わらないうちに仲良くなりましょう。

猫の「んー」をアレンジした鳴き方と気持ち講座

こちらを見て鳴く猫

猫の「んー」には様々なアレンジバージョンがあります。一言で「んー」と言ってもその意味は若干違てきますので、最後に猫の「んー」をアレンジした鳴き方と気持ちをご紹介しましょう。んーって鳴く猫の気持ちを知ってもっと仲良くなりましょう。

んーにゃ

んーにゃには「メシをくれ」という意味があります。また「にゃ」がご飯の意味で「んー」が何々してほしいという意味なので繋げると「ごはんがほしいにゃ」という意味になります。空のお皿の前で「んーにゃ」と言ったらご飯をくださいと言っているのかもしれません。

んんー

「んんー」には「お願いだから聞いてよ」という意味が込められています。「んー」と何度鳴いても伝わらないことに悲しくなっているのかもしれません。

「んー」といわれてお願いを聞いてあげたのに「んんー」と何度も訴えてくるなら「違う、そうじゃないにゃ」といっているのかも。本当は何を求めているのか愛猫の気持ちを改めて考えてみましょう。

くるる、んーくるる、んー

喉を鳴らしながら、くるると言いながら「んー」といってくるのは貴方に甘えたいという気持ちの表れです。「んー」という鳴き声には信頼している相手にしか出しませんので、「んー」といいながらさらに喉まで鳴らすなら「大好きな飼い主様に甘えたいニャ」という気持ちなのでしょう。

ゴロゴロ「んー」、くるる「んー」と鳴いていたらとにかく甘えさせてあげることをおすすめします。

んー+○○

元々猫は「にゃー」とあまり鳴かないのですが、飼い主に「にゃー」と鳴いた時喜んでもらえた、「にゃー」と鳴いたら要求が通ったという経験をすると頭のいい猫は「にゃー」と鳴けばいいことがある!と覚えて「にゃー」と言うようになります。

その経験と信頼を表す「んー」が混ざって様々な猫語が誕生していくのです。とにかく猫が「んー」と鳴いている場合は何かしてほしいことがある、仲良くしてほしいと思っていると考えれば間違いないです。

まとめ

女の子と猫
  • 猫の「んー」は仲良しにするお返事
  • 猫同士の「んー」はコミュニケーション
  • 猫が「んー」という時は何かの要望がある時
  • 猫の「んー」が短い時は、好きだよ、近づきたいよ
  • 猫の「んー」が短い時は「お友達になりたいよ」

猫の「んー」には愛情と信頼の気持ちが込められていたんですね。

「んー」と鳴いてゴロゴロと喉を鳴らしてくれるならば、好きすぎて好きすぎて仕方がない!という気持ちなのかもしれませんね。逆に何度も「んーにゃ」という場合はよっぽど聞いてほしいお願いがあるのかも。

猫の「んー」を正しく理解して答えてあげれば、今以上に仲良くなれるはずです。是非今回の記事を参考にしてくださいね。

40代 女性 かな

猫ちゃんって、「んー」ってよく言いますよね。
甘えているときにも言いますし、何かを訴えるときにも言います。洗濯物を畳んでいるときも、ニャーと言ったあとに「んー」がつきます。一生懸命目の前に来て伝えようとします。
だいたい、言っていることがわかるので、いいのですがたまにわからないことがあるので、そういうときはこちらが必死に考えます。「んー、んー」としきりに言っていると何を伝えているのだろうと、頭で色々考えてこれかなということをやってみます。例えば、玄関で寝たいからくつをのけて、とかです。日常的ではないことだと戸惑いますね。

女性 匿名

うちの猫、私(飼い主)から引き離されて「猫が馴れてない誰か」に預けられると、決まって『んー、んあぁ、ん・あ・あ・あ・あ』と鳴き出すらしいです。
これって、「飼い主、置いて行かないで」って言ってるのでしょうかね?

40代 女性 カブママ

我が家のカブちゃんは『ファ〜〜』と聞いてるこっちが力が抜けるような鳴き方をします。
甘えてるんでしょうが、いつも笑っちゃいます(^ω^)

40代 女性 ウィズの母ちゃん

我が家のウィズは呼ぶと「んー?」と
お返事します。
他の2ニャンズはお返事しません。
まさに3猫3様ですฅ^•ﻌ•^ฅ
人気のキーワード